2016年01月

「肌の潤いに、化粧水は大切!」は、ウソ?ホント?

2016年01月31日
皆さん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

先週から、寒い日が続いていましたが、昨日、雨だったせいか、今日は少し暖かいようです。


さて、多くの方が当たり前のように使う化粧水。

グーグルの検索数を調べると、

「化粧水」と検索される数が、月間49,500、「化粧水ランキング」と検索される数が、月間22,000もあります。

ちなみに、「美容液」は、9900なのでいかに化粧水へ興味が高いかがおわかりですね。


では、なぜこんなにも多くの化粧水へのニーズがあるのでしょうか?


それは、「化粧水は、お肌の潤いを保つ、つまり、保湿の一番大切な基礎化粧品」

とお考えの方も多いと思います。

なぜなら、洗顔後の一番に、化粧水をつけると、気持ち良い上に、水分や保湿成分で潤った感じがしますね。

おそらく、化粧水が多くの方に人気があるのは、その使用感からですね。






では、、「化粧水は、お肌の潤いを保つ、つまり、保湿の一番大切な基礎化粧品」は、

果たして、これは本当でしょうか?


答から言えば、「NO」です。


「化粧水は、お肌の潤いを保つ、つまり、保湿の一番大切な基礎化粧品」ではありません。


その理由は

@化粧水の殆ど(80%以上)は、水で時間が経てば、蒸発することが多い。


A化粧水の含まれる保湿成分は、殆どの場合がコラーゲンやヒアルロン酸などの水溶性成分だけで、
 これだけだと保湿が不十分。


@については、一部は水がお肌に入りますが、大半は肌表面を濡らすだけです。
つけすぎるとかえって、蒸発する際にお肌の水分を奪います。

Aについては、保湿力の高いセラミドは、油溶性なので美容液や保湿クリームに配合されることが多いのです。

つまり、


・つけすぎるとかえってお肌の乾燥の原因に

・保湿」と言う点では、化粧水だけでは不十分

したがって、

高い保湿を求めらるなら、セラミドが配合された美容液や、セラミドとともに、シアバターやスクワランなどが配合された保湿クリームの方が好ましいのです。


では、化粧水に何を求めて選べば良いのでしょうか?

それは、エイジングケアに期待が持てる成分、つまり、エイジングケア化粧品成分が含まれているかどうかです。

また、じっくりと水分を保持できるかどうかです。

具体的には、

水溶性のビタミンC誘導体や同じく水溶性のビタミンE誘導体はなどが、エイジングケア化粧品成分としておすすめです。

そして、もう1つは、ご存知の「ナールスゲン」

ナールスゲンは、コラーゲンやエラスチンの産生をサポートするという点がその特徴として、良く知られています。

しかし、実はナールスゲンには、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と長く使うことで、お肌の水分量を増やすことが人のお肌の試験でわかっています。

それは、ナールスゲンには、お肌のバリア機能を整えるはたらきもあるからです。


さて、ナールスの最初のブランド「ナールスピュア」は、強くエイジングケアを意識して


@エイジングケアを強く意識して、エイジングケア化粧品成分を厳選

Aコラーゲンやヒアルロン酸などは、他の化粧水でもよく配合されるので、あえて配合しない

Bナールスゲンの良さをしっかり感じていただくために、推奨濃度で配合

としました。

そんなことから、ナールスピュアを、あえて「化粧水」と呼ばずに「素肌サプリメント」と呼んだのです。

ナールスゲンは、分子量がたったの300ダルトン程度。

角層の奥まで浸透します。

でも、ナールスピュアも、「水」が多いので、つけすぎにはご注意を!


ナールスピュアは、こちらから。

エイジングケアのための「素肌サプリメント」「ナールスピュア」





ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

年齢以外のコラーゲンの敵って?

2016年01月30日
こんにちは!


エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。


エイジングケアアカデミーは、かなり詳しく記事を書いていますが、こちらはもう少し軽めの内容で進めたいと思いますので、是非、こちらも読んでいただければうれしいです。


前回のコラーゲンの形や年齢との関係についての話はいかがでしたか?

コラーゲンが「ぷるんぷるのゼリー状」ではなく「伸縮性はあるものの、しっかりとしたもの」というのは、
意外に思われた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

今回は、「年齢以外のコラーゲンの敵と対策」についてお話を進めたいと思います。

年齢を重ねることは自然の摂理で誰も抗うことはできませんが、
実はそれ以外の「敵」の方が怖いのです。

前回も、紫外線による酸化や糖分の取りすぎによる糖化がコラーゲンを変性させたり、
減らしたりするとお伝えしました。

しかし、その敵は、自分自身で遠ざけることが可能です。

ぜひ、今回そのポイントをご理解いただき、実践いただければウレシイ限りです。

───────

コラーゲンが、破壊されたり劣化するのはなぜか。

「コラゲナーゼ」という酵素の活性化によるものです。
この酵素は、からだが「酸化」したり、「糖化」することで、活性化するんです。

つまり、からだの「酸化」と「糖化」を防ぐことができれば、コラゲナーゼは活性化しないので、
お肌のコラーゲンは良い状態に保たれることになります。

......................................................
1.「酸化」するって、どういう状態?
......................................................

簡単に言えば、からだやお肌が「さびる」ということです。

からだの酸化は、体内の活性酸素が過剰に生成されることで進みます。
鉄がさびたり、皮を剥いたりんごを放置すると、茶色になりますよね。
それが「酸化」のイメージです。

加齢によってもお肌は酸化しますが、最も怖いのは「紫外線」です。
なかでも、UVAは、真皮まで入り込んで、コラーゲンやエラスチンを破壊していまいます。
UVケアが大切なのは、これが大きな理由なのです。




ほかにも、空気の汚れ、喫煙、飲酒、ストレスなども、からだが酸化する原因となります。

すべてを無くしたり止めたりすることは難しいと思いますが、食事に気をつけることで、
酸化を防ぐことは可能です。
ビタミンCやビタミンE、β-カロテン、イソフラボン、カテキンなど、
抗酸化力の高い成分の入った食事を心がけましょう。

......................................................
2.「糖化」するって、どういう状態?
......................................................

簡単に言えば、からだやお肌が、「焦げる」ということです。

体内にあるたんぱく質と糖が結びつき体温で熱せられると、「終末糖化産物(AGEs)」という物質が
作られます。

炊飯器で炊いたにご飯を長時間保温しておくと、黄ばんで硬くなってきますが、
これが「糖化」のイメージです。

コラーゲンはたんぱく質ですから、糖化すれば変性して劣化してしまうのです。

糖化の主な原因は、糖質の多い食品を摂りすぎてしまうことです。

また、年齢を重ねると代謝が落ちてくるので、若い頃は問題がなかった量と同じ量の糖質を摂っていると、
糖化のリスクが高くなってしまいます。

糖化がやっかいな点は、

 ●終末糖化産物(AGEs)は、体内に蓄積され続けること
 ●ゆっくり進行するので、急激な症状がでないこと

です。

糖化を防ぐポイントは、

 ●適度な運動をして、カロリー消費を意識したり、代謝を上げること
 ●糖分の取りすぎに注意して、健康診断などで測定する「血糖値」を意識した生活をすること

です。

食べ物では、ベーコン、フランクフルト、マヨネーズなどは、過度に食べない方が良いですし、
揚げ物の摂りすぎも糖化を進めてしまうので、気を付けたいですね。

ただし、糖分は必要不可欠なエネルギー源ですから、過度に摂取を抑えるのはかえって
マイナスになることもあるので、ご注意を!

「酸化と糖化」以外でも、女性ホルモンの減少やお肌の乾燥、ビタミンなどの摂取不足も
コラーゲンに悪い影響を与えます。

加齢による女性ホルモン低下は避けられませんが、乾燥はスキンケアで対策できますし、
ビタミン摂取も、食事でもスキンケアですることも可能です。

美肌にとって、とても大切なコラーゲンは、このようにご自身で量や質を維持することが可能なわけです。

当社のエイジングケア化粧品ナールスピュアをはじめとするシリーズは、上記に挙げたことを気を付けていただきながらご使用いただくと、より良いご実感が得られると思います。



エイジングケアの主役はみなさまです。

ナールスは、みなさまの伴走者として、お役に立ち続けたいと願っています。


ナールスゲンは、ナールスピュアをはじめナールスブランドの中心となるエイジングケア化粧品成分です。

コラーゲンをサポートするエイジングケア化粧品「ナールスピュア」




ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

プロのカメラマンに来ていただきました!パート2

2016年01月29日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

今日は前回のブログの続きで、1月15日(金)に撮影した動画撮影の風景をご紹介します♪

新商品の「ナールス フォーム」&「ナールス ロゼ」に加え、

「ナールスピュア」と「ナールス ネオ」の使い方動画を撮影しました。

ちなみに、「ナールス ユニバ」は既に動画があるのと、

「ナールス パッション」は、わかりやすく使用方法が記載された画像入りの

説明書が同封されているので、今回は撮影不要ということになりました。

ということで、まずは、「ナールスピュア」の撮影からスタートです。



商品撮影用の白いドームを移動させて、そのかわりに椅子を用意して、

わたくし村上がナールスピュアの使い方を実演しました。



よく、テレビで芸能人の方が顔に当てている白いライトを

一般人の村上にも使用していただきました♪

(テーブルのガムテープの横に置かれている黒くて四角い物体がライトの機械です)

真冬に半袖では寒いだろうと覚悟していたのですが、

いろんな方向からライトを当てているので、寒いどころか、少し暖かいくらいでした。



緊張しながらも、2テイクほどでピュアの撮影が無事に終了しました。

次は「ナールス ネオ」の撮影スタートです。



テクステャーがゆるめなので、手に乗せると流れてしまって、

2回くらいやり直しをしたり、塗り方も何度か撮り直しました。

何度も「ナールス ネオ」を塗り重ねるうちに、お肌がテカテカになっていましたが、

毛穴レスの美肌になっていって、ちょっと得した気分でした。



そして、本日のメイン「ナールス フォーム」の撮影スタートです。

泡立て方 ・ 洗い方 ・ タオルドライ に分けて撮影しました。



さらに、泡立て方はハンドバージョンと泡立てネットバージョンの2種類撮影しました。

「ナールス フォーム」はハンドでも簡単にきめ細かいシルキーな泡が立ちます。

泡立てネットを使うと、もちろんハンドよりも早く泡立つのですが、

ハンドのみで出来た泡よりも少しキメが粗いので、

泡立てネットから泡をしぼり取ったあと、さらにハンドで泡立てると

きめ細かい泡が出来て良いですよ☆

今回、泡のビジュアルにはこだわりましたので、動画がアップされたら

是非チェックしていただきたいです。

次に、洗い方の撮影ですが、実際に顔に泡をのせて、クルクルと洗顔し、

ぬるま湯で洗い流すところまで一気に撮影しました。

泡で何も見えないので、苦労しました。とくい洗い流すときは、

どこに泡が残っているのかわからないので、案の定、流し残しがあり、

泡立てるところから撮り直しでした。。。

2回目はOKが出て、タオルドライの撮影で、無事終了しました。

最後に「ナールス ロゼ」。と思ったら、

泡立てやすすぎをやり続けたせいで、指先がシワシワに!

ハンドジェルの撮影なのに(汗)

指先の回復を待って、撮影再開です。



軽くマッサージしながら塗って、ダマスクローズの香りを楽しみながら撮影できました。

ハンドケアしながら癒されるっていいなぁ、と改めて思いました。



トータル8時間くらいかけて、無事に全ての撮影が終了しました。

スタッフのみなさまお疲れ様でした。

あとは、私がナレーションを録音して、出来上がりを待つのみです。

2月上旬完成予定ですので、楽しみにしていてください♪

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

それでは、また来週お会いしましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」