2017年03月11日

美容オイルの種類は?

2017年03月11日
こんにちは!


エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 「知って得する!納得のエイジングケア講座」第121回
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、「美容オイルによる保湿とスキンケア」を連載中です。
第4回目は、「美容オイルの種類は?」です。

第1回から第3回まで、
美容オイルの持つ保湿の役割や使い方を中心にお話を進めてきました。

どちらかと言えば、ネガティブに感じられたかもしれませんが、
決して美容オイルが悪いと言っているのではありません。

「美容オイルは、その特性を理解して正しい使い方をしましょう!」

いうことをお伝えしたかったのです。
これは、美容オイルに限ったことではなく、
エイジングケア化粧品についても同じことですね。

さて、今回は、「美容オイルの種類について」です。

───────

実は、美容オイルと言っても本当にたくさんの種類があるりますが、
大きくわけて、「植物オイル」と「動物オイル」があります。

動物性の美容オイルと言えば、馬油が有名ですね。
また、深海鮫の肝油から作られるスクワランも動物の美容オイルです。

エイジングケア保湿クリーム「ナールス ユニバ」には、
スクワランを配合しています。


続いて、植物性の美容オイルですが、こちらがたくさんあるのです。

・アルガンオイル
・オリーブオイル
・ココナッツオイル
・ホホバオイル
・アボカドオイル、
・マカデミアナッツオイル
・セサミオイル
・椿オイル
・植物性スクワラン

これらの美容オイルに含まれる主要な成分は、
ステアリン酸、オレイン酸、リノール酸などの不飽和脂肪酸で、
皮脂に近いはたらきをすることで水分の蒸発を防いでくれるのです。

ただし、それぞれの美容オイルには独自成分も含まれるので、
オイルによって期待できるプラスアルファの効果が異なってきます。

ということで、次回からは、いくつかのオイルの特徴をご紹介していきます。


★次回は、「スクワランってどんな美容オイル」です。

ありがとうございます。
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」