カテゴリー: エイジングケア化粧品

LINE@はじめました!!

2017年03月15日
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。


LINE@はじめました!

エイジングケア化粧品「ナールスコム」は、LINE@をはじめました。

お友だち登録で、お得な情報と美肌情報をお届けします!

今なら「友だち登録」で、300円クーポンプレゼント!

今なら「友だち登録」で、ナールスコムで使えるクーポンをプレゼントします!

登録後に送信されるメッセージに書かれたクーポンコードをご利用下さい!

※クーポンの使用条件やご注意事項は通知されるメッセージにてご確認ください。

キャンペーン情報やお得なエイジングケア化粧品情報を、真っ先におしらせします!

LINE@限定のクーポンやお得な情報も登場予定☆

ぜひ、お楽しみに♪

登録方法はカンタン!

※スマートフォンに【LINE】がインストールされている必要があります。

1.QRコードから





スマートフォンでQRコードを読み込んでください

2.ID検索から



「友だち追加」からIDで検索。



※画面はイメージです。

3.友だち追加ボタンから



スマートフォンで、下記のボタンから友だち登録をお願いします!

友だち追加

友だち登録、お待ちしております!(^^)!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

ナイアシンは、皮膚がんのリスクを下げる!?

2016年09月13日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

エイジングケアで、大切なビタミン類。


エイジングケア講座のバックナンバーでも、ビタミンをシリーズで取り上げています。


2015年に「ニコチンアミド(ナイアシン=ビタミンB3)のサプリメントが、

皮膚がんのリスクを下げる可能性がある」という研究報告が出たので、ご紹介します。




2015年の米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次集会で発表された内容です。

オーストラリア・シドニー大学皮膚科からの研究報告です。

ナイアシン(ニコチンアミド)の皮膚細胞への良い影響は、既に知られていることでした。

本研究では、

過去5年間に2種類以上の非黒色腫皮膚がんを患った患者さん400人近く(平均66歳、男性が2/3)

を対象に臨床研究を行いました。

対象者の半数はニコチンアミドを1日2回、1年間服用し、残り半数はプラセボ(偽薬)を服用しました。

その過程で、皮膚科医が3ヵ月ごとにがん検診をした結果、

●ニコチンアミドを服用した患者さんは、

1年間の研究期間終了時の新規非黒色腫皮膚がんの発症率が、

プラセボを服薬した患者さんよりも23%低かった。

●ニコチンアミドを服用した患者さんは、

がんになり得る皮膚の厚い鱗状の斑も3ヵ月で11%、9ヵ月で20%減少した。

(ただし、12ヵ月後に服用をやめると、その効果がなくなった)

とのことです。




研究者たちは、「現段階では、この成分の摂取を一般集団に推奨するものではない」と話しています。


まだまだ研究の途中なので、このデータだけでははっきりしたことは言えないからです。

オーストラリアは、紫外線の影響で皮膚がんの多い国です。

まだ、十分なデータでは無いようですが、もしニコチンアミドのサプリメントで皮膚がんのリスクが減るなら大
きな福音ですね。


<学会アブストラクトはこちらに掲載>
抄録はこちら



※学会や論文の情報に基づき、情報を要約してお知らせしますが、必ずしも有効性や効果、安全性などを保証するものではありません。

その点、ご了承お願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

乾燥肌対策のすべて

2016年09月11日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

現在、エイジングケアアカデミーの様々なコンテンツを見直して、情報をアップデートするとともに、

より包括的な内容へとリニューアル中です。

そんな中で、乾燥肌の対策に関する記事のリニューアルを行いました。

8月に続き、この9月にも秋や冬の乾燥に季節を見据えて、大幅に記事内容を見直した結果、なんとそのボリュームが20000文字を超えてしまいました。

一度に読むのは大変なので、事典のように使っていただければウレシイです。

タイトルは、「乾燥肌の改善対策|正しいスキンケアとエイジングケア」です。



今回、意識したのは、「お肌の乾燥」と「乾燥肌(ドライスキン)」の違い。

お肌の乾燥は、短期的ですぐに元に戻る状態

乾燥肌は、お肌の乾燥が定常化した状態で、時間をかけて肌質を変えないといけないもの

と分けました。

そして、様々な原因から、乾燥肌、インナードライ肌、敏感肌になるメカニズムを1つの図で示しました。

いかに、乾燥肌が多くの原因でもたらされるかがわかる図になってのでぜひ、チェックしてください。

また、部位別の乾燥肌対策、季節の乾燥肌対策など大幅改訂。


この記事のコンテンツは、

1.乾燥肌対策の基本

2.正しい洗顔とクレンジングによる乾燥肌対策

3.スキンケア化粧品による乾燥肌の予防・改善の対策

1)スキンケア化粧品による乾燥肌対策の基本的な考え方

2)人が持つ保湿成分と化粧品の保湿成分の違いは?

3)エイジングケア化粧品の使い方の正しい順番と役割

4)乾燥肌を予防・改善する代表的な保湿成分

5)乾燥肌を予防・改善するエイジングケア化粧品の選び方

4.乾燥肌が原因の皮膚の病気と医薬品による対策

1)乾燥肌が原因となる皮膚の病気

2)医薬品に使われる保湿剤

5.バランスの良い食べ物によるお肌の乾燥対策

6.適度な運動や十分な睡眠など日常生活によるお肌の乾燥対策

7.女性ホルモンの周期を考えた乾燥対策

1)女性ホルモンの周期を考えた乾燥対策

2)女性ホルモンの減少を考えた乾燥対策

8.お部屋にいる時の湿度の調整によるお肌の乾燥対策

9.外出時の紫外線対策などによるお肌の乾燥対策


10.季節別の乾燥肌対策

1)春の乾燥肌対策

2)夏の乾燥肌対策

3)秋の乾燥肌対策

4)冬の乾燥肌対策

11.顔のパーツや手肌・ボディの乾燥肌対策

1)口元・目元・唇

2)デコルテ

3)手肌

4)ひじ・ひざ・かかと

12.まとめ


乾燥肌対策のナールスブランドのご紹介



乾燥肌、インナードライ肌、敏感肌にも、3種のヒト型セラミド配合で守るエイジングケア。

エイジングケア保湿クリーム「ナールスユニバ」
がおすすめです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。