カテゴリー: ナールスゲン

全成分表示の抜け道ってご存知ですか?

2016年08月20日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

現在、エイジングケアアカデミーの様々なコンテンツを見直して、情報をアップデートするとともに、

より包括的な内容へとリニューアル中です。

今回紹介するのは、新作記事ではありませんが、エイジングケア化粧品をはじめ、化粧品の理解のために大切な「全成分表示」に関する記事で、タイトルは、「エイジングケア化粧品の理解を助ける!「全成分表示」とは?」です。




全成分表示とは、その名の通り、化粧品に配合されている全成分の名称を表示することです。


2001年の厚生労働省からの通達で、化粧品の成分に関して、『成分の名称は、日本化粧品工業連合会作成の「化粧品の成分表示名称リスト」等を使用することにより、消費者における混乱を防ぐよう留意すること』と、、「医薬品医療機器等法」で規定されました。


だから、現在では、化粧品のパッケージや能書、ウェブページなどにも化粧品の成分名がすべて記載されています。


例えば、ナールスピュアの成分である「ナールスゲン」は、「カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル」として、決まった表示名称で記載されているのです。

この全成分表示によって、自分にとって刺激のある成分や肌トラブルを起こしたことがある成分を避けることができるメリットが生まれました。


しかし、この全成分表示には、キャリーオーバーという、「抜け道」があります。

キャリーオーバーとは、『持ちこされた』という意味で、原料の製造の工程において「添加」されたり、「残留」として残っていたりする成分です。


実は、全成分表示には、このキャリーオーバーした成分を表示する義務はないのです。

ちょっと不思議な制度ですね。

しかし、私たちはキャリーオーバー成分もすべて開示します。

例えば、ナールスゲン&ネオダーミル配合エイジングケア美容液「ナールス ネオ」

この美容液には、フェノキシエタノールやパラベンなどの防腐剤を配合していません。

しかし、原料には少量のフェノキシエタノールやパラベンなどが配合されていました。

だから、そのことをしっかりお伝えしています。


なぜなら、どのお客様も、そうした情報を開示して欲しいと考えると思うからです。

私たちは、できるだけお客様に情報を開示することで、正しいご理解のお役に立ちたいと願っています。

しかし、この不思議なルールがあるので、キャリーオーバー成分を開示する企業は多くないようです。

個人的には、ルールを見直した方が良いと思いますが、いかがでしょうか?




この記事のコンテンツは


1.全成分表示とは

2.全成分表示の以前の「旧表示指定成分」とは?

3.全成分表示の読み方と利用方法

4.全成分表示の抜け道「キャリーオーバー」とその暴き方

5.まとめ

です。

詳しく知りたい方は、ぜひ、チェックしてみてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

エイジングケア化粧品成分の5要素をカバー!ナールスゲンの力

2016年06月02日
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。


今回は、ナールスゲンのエイジングケア化粧品成分としての力をあらためて整理しました。

ナールスゲンは、1成分で5つもの役割を持っているのです。




さて、お肌の老化の原因は様々あり、その分け方も色々です。

1つの考え方として、


1.紫外線による光老化

2.体の内外からのお肌の酸化

3.お肌の乾燥

4.年齢によるコラーゲンやエラスチンなど真皮の衰え

5.セラミドなど表皮の機能低下によるバリア機能の低下

6.血管やリンパ管の衰え

7.女性ホルモンの減少

8.加齢

に分けることができます。



だから、エイジングケアは、この8つを意識した対策が必要です。


このうち、エイジングケア化粧品が主にカバーできるのは、

・紫外線による光老化を防ぐ

・お肌の乾燥を防ぐ

・表皮のバリア機能の維持

です。


そして、少しカバーできる範囲としては、

・お肌の酸化の対策
・コラーゲンやエラスチンへのアプローチ
・血管やリンパ管の衰えのアプローチ
・女性ホルモン様の作用をもたらす

です。

つまり、エイジングケア化粧品は、この7つのお肌の老化のいずれかまたは複数に対して、アプローチするエイジングケア化粧品成分を配合すれば良いことになります。

そのために、様々な作用を持つエイジングケア化粧品成分を組み合わせて良い製品を開発しようと努めているのです。

でも、理想的なエイジングケア化粧品成分は、安全性が高くて、1成分でこの求められる要素をすべてカバーできれば良いですね。



実は、ナールスブランドの主力成分であるナールスゲンは、このうち5つをカバーできるエイジングケア化粧品成分です。

「理想的なエイジングケア化粧品成分」とまでは言えませんが、幅広い範囲を1つでカバーできる優秀なエイジングケア化粧品成分であることは間違いありません。

ナールスゲンのカバーする5つの範囲を整理すると、

・ 紫外線による光老化を防ぐ

→ 線維芽細胞を守り紫外線による光老化を抑えるはたらきがある

・お肌の乾燥を防ぐ
→ 人モニター試験で、お肌の水分量を維持するはたらきが示されている

・表皮のバリア機能の維持
→ 表皮の傷の治癒を助けるはたらきがありバリア機能維持を助けるはたらきがある

・お肌の酸化の対策
→ 抗酸化物質であるグルタチオンを増やし、お肌を酸化から守るはたらきがある

・コラーゲンやエラスチンへのアプローチ

線維芽細胞を活性化し、真皮のコラーゲン、エラスチン、 HSP47を増やす

となります。

分子量が経った331ドルトンの小さなナールスゲンには、このようにエイジングケア化粧品にとって必要な要素が5つも含まれているのです。

私たちが実施したアンケートでも、ナールスブランドをご購入いただいた決め手で一番多かったのがナールスゲンでした。





ナールスブランドは、ナールスゲンを配合しなかったナールスフォーム以外は、すべてナールスゲンを推奨濃度で配合しています。

ぜひ、ナールスブランドのナールスゲン化粧品をお試しくださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」


エイジングケア化粧品成分ナールスゲンのちょっと変わったはたらきとは?

2015年12月24日
こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

今日は、クリスマスイブ。

といっても、話題はクリスマスイブとは、関係の無いナールスゲン。


エイジングケア化粧品成分ナールスゲンについて、お話をするときは、今までは、コラーゲンやエラスチン、HSP47との関係での話題が多かったと思います。


今回は、ナールスゲンのちょっと違うはたらきを紹介します。

ナールスゲンは、GGTという酵素を阻害し、それによって体内の抗酸化物質であるグルタチオンの量を一瞬低下させる、「酸化ストレス」応答という反応で、人が持つお肌の力を目覚めさせることは、ナールスコムやエイジングケアアカデミーで何度も紹介しています。

しかし、表皮の細胞(角化細胞)に対しては、ちょっと違ったはたらきがあるのです。

先ほど、グルタチオンの量が、一旦「減る」と言いましたが、これは線維芽細胞でのお話です。

一方、ナールスゲンを角化細胞に添加すると、グルタチオンの量は、減らずに増えるのです。

なんとも不思議なナールスゲンのはたらきです。


また、ナールスゲンを角化細胞に添加すると、その遊走能を高める、つまり、お肌が傷ついたときに、その治りを早めるはたらきをします。

また、角化細胞が増える働きも。

このようなことから、ナールスゲンには、ターンオーバーをサポートしたり、バリア機能を維持するのをサポートすることも期待できそうです。

たった360ダルトンの小さな分子量のエイジングケア化粧品成分ナールスゲンには、不思議なパワーがありますね。

まだ、お試していない方は、是非、ナールスゲン配合のエイジングケア化粧品をお試しくださいね。

なお、ナールスゲンを深く知りたい方は、こちらもチェックを!

エイジングケア化粧品成分「ナールスゲン」


私たちのオススメのエイジングケア化粧品「ナールスピュア」


ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。


ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」