エイジングケアならナールスゲン化粧品のお店|ナールスコム

ネットショップ大賞1位 美容部門
5,000円以上で全国送料無料
お電話でのご注文・お問い合わせ0120-700-535
メールでのお問い合わせはこちら
  • ログイン
  • カートを見る
  • ブランドコンセプト
  • 商品一覧
  • ナールス商品の使い方
  • お客様の声
  • Q&A
  • お問合せ

エイジングケアについて(2.お肌の老化、その7つの原因とは)

エイジングケアについて

2.お肌の老化、その7つの原因とは

エイジングケアで最も大切なことは、バランスの良い食生活と適度な運動など、健康を意識した日常生活です。
さらに、お肌の仕組みや働きを知ることが、
・老化がどのように起こるのか?
・それを防ぐにはどうすれば良いのか?
・エイジングケア化粧品の成分がお肌にどのように働くのか?
を理解する近道になり、正しいエイジングケアをサポートします。

さて、肌老化とは、「皮膚が本来持っている機能が劣化する」ことを指します。
現象面としては、お肌が水分や弾力を失い、ハリや潤い、艶がなくなることによって、「くすみ」「たるみ」「しわ」「ほうれい線」などが目立ってきます。
その原因は様々ですが、大きく分けて
“乕罎隆チ
皮膚の菲薄化
紫外線による光老化
せ晴宗淵ラダや細胞のサビ)
ヅ化(カラダや細胞のお焦げ)
女性ホルモンの減少
Х豐匹筌螢鵐儡匹力群
の7つに分けることができます。

これらの7つは、単独で起こることは少なく、加齢や生活習慣などが影響し、複数の原因が絡み合ってお肌や身体の老化が進んでいきます。
最近では、これらの老化の原因にアプローチできる期待値の高いエイジングケア化粧品成分が開発されてきました。
エイジングケア化粧品成分の効果やデータがエイジングケア化粧品の効果と直結するものではないので過度な期待は禁物ですが、エイジングケア化粧品を選ぶための参考になるかと思います。

エイジングケア化粧品成分は、その「溶け方」の違いで、「水溶性成分」と「油溶性成分」に分かれます。
基本的には、
・エイジングケア化粧水には、水溶性成分が多く配合され、また、化粧水で補う方が向いている
・エイジングケア美容液には、水溶性成分も油溶性成分も配合されていて、エイジングケア化粧品成分が凝縮して配合されている
・エイジングケア保湿クリームには、油溶性成分が多く配合され、また、保湿クリームで補う方が向いている
と考えられていますので、補足として理解していただければと思います。

これから1つずつ肌老化の原因とその対策としてのエイジングケア化粧品成分の役割を説明していきます。
1つ1つのエイジングケア化粧品成分が、肌の状態にどのような効果があるのかを理解するようにしましょう。

<1.皮膚の乾燥>

お肌は年齢を重ねるとともに水分量が低下してしまい、肌の潤いを保つ機能も低下していきます。
肌の潤いを保つ機能が低下するとお肌が乾燥し、敏感肌やインナードライ肌をまねき、ほうれい線、しわをはじめ、ありとあらゆるエイジングサインの原因となるのです。

このように、乾燥対策のための「保湿」は、スキンケア、エイジングケアの基本中の基本。
お肌の乾燥は、加齢によるバリア機能の低下やターンオーバーの乱れ、また空気の乾燥なども原因になるので注意が必要です。
エイジングケア化粧品には、肌の乾燥を防ぐための「保湿成分」が多く含まれていますが、「保湿成分」には、水分を保持することで保湿を行う「ヒューメクタント」と水分の蒸発を防ぐことでお肌を潤す「エモリエント」の2つの成分が存在します。

■水分を保持する「ヒューメクタント」
「ヒューメクタント」は、肌のうるおいをキープする角質細胞の「天然保湿因子」にあたるもので、水溶性の保湿成分とセラミドなどの油溶性の成分があります。
また、以下のように成分によって保湿力が異なりますので、特に乾燥肌に悩んでいる方はエイジングケア化粧品の保湿成分を確認して肌に合ったものを選択するようにしましょう。

水分を挟み込むタイプ(保湿力 強)
・セラミド
・スフィンゴ脂質
・ステアリン酸コレステロール
・レシチン

水分を抱え込むタイプ(保湿力 中)
・プロテオグリカン
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・エラスチン
・ヘパリン類似物質

水分を吸着するタイプ(保湿力 弱)
・アミノ酸(NMF)
・グリセリン
・PG(プロピレングリコール)
・BG(ブチレングリコール)

■水分の蒸発を防ぐ「エモリエント」
「エモリエント」は、水分の蒸発を防ぐ角質細胞の「細胞間脂質」にあたるもので、油溶性の成分になります。
いくら水分を補って保湿しても「エモリエント」が不足するとすぐに水分が逃げてしまいますので、「ヒューメクタント」で水分を与え「エモリエント」で水分をキープすることが肌の乾燥を防ぐ保湿の方法となります。
以下は「エモリエント」の成分になりますので、合わせて確認しましょう。
・スクワラン
・シアバター
・ホホバ油
・ワセリン
・オリーブ油