冬の保湿のポイント

2018年12月30日
こんにちは!


エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 知って得する!
 納得のエイジングケア講座 第193回
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年12月に入りました。
今年も残すところ、あと20日ですね。

前回から、新シリーズ「冬のスキンケア対策」をスタートしていますが、
第2回目の今回は、「冬の保湿のポイント」をお届けします。

───────

第1回では、冬の乾燥肌の原因を3つ挙げました。

1.冬は外気の気温も湿度が低い
2.冬に体が冷えて血行が悪くなる
3.気をつけたいお部屋の暖房

この3つが冬の乾燥の大きな原因です。

それを踏まえて、「冬の保湿のポイント」としては、
スキンケアによる保湿ケア、
内側からの保湿対策、
そして防寒を考えた対策など、
多方面から考える必要があります。

それでは、まず初めに、
スキンケアによる保湿のポイントについて
考えてみたいと思います。

───────

健やかで若いお肌なら、
お肌の保湿成分が正常にはたらくので、
湿度が低くても水分は保持されます。

また、バリア機能が正常にはたらけば
角質層から水分も過度に蒸発しません。

しかし、エイジングと大気の寒さと湿度の低さが重なると、
水分保持も水分の蒸発も防ぐことが難しくなります。

だから、エイジングケア世代では冬場になると、

●角質層のアミノ酸やセラミドと近いはたらきをする成分
●皮脂膜と近いはたらきをする成分

の両方をしっかり補うことが大切です。

それができるのが、エイジングケア保湿クリームや高機能保湿クリームです。

かつての保湿クリームは、油溶性成分が中心で、
「水分の蒸発を防ぐ」ことに重点を置いていました。
しかし今では、「水分の保持」も得意なタイプのものが増えています。

だから、冬のスキンケアの主役は、
エイジングケア保湿クリームや高機能保湿クリームです。

水分の保持を担う成分としては、アミノ酸やセラミド。
なかでも「セラミド2」「セラミドNP」などと記載される、
ヒト型セラミドがおすすめです。

皮脂膜に近いはたらきをするのは、
ワセリン、シアバター、スクワランなどです。

冬の保湿ケアには「保湿クリーム」が
大切という理由がおわかりいただけたでしょうか?

私たちがオススメするのは、もちろん「ナールス ユニバ」。

コラーゲン、エラスチン、ヒートショックプロテイン(HSP)47を
増やすエイジングケア化粧品成分であるナールスゲンに加えて、
3種のヒト型セラミド、スクワラン、シアバター、
そして、
●レチノールを改良したレチノイン酸トコフェリル
●油溶性ビタミンC誘導体VCIP
●抗炎症成分アラントイン

などを配合しています。

べたつかず軽いテクスチャーで、伸びのよい保湿クリームです。


★次回は、
「冬に実践したい内側からの保湿」をお届けします。
ありがとうございます。
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2018年 12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事