冬に実践したい内側からの保湿

2019年01月20日
こんにちは!


エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 知って得する!
 納得のエイジングケア講座 第194回
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、新シリーズ「冬のスキンケア対策」を連載中です。
3回目の今回は、「冬に実践したい内側からの保湿」です。



内側からの保湿と言えば、
大切なのはもちろん食べ物や飲み物です。

1.乾燥肌を防ぐ栄養素を摂ること
2.からだを温める食べ物や飲料を摂ること

の2つが大切です。


まず、乾燥肌を防ぐ栄養素の基本は次のとおりです。

●良質のたんぱく質、ビタミン類、ミネラルを摂る

●ビタミンA、B、C、Eなどのビタミン類、亜鉛や鉄などを積極的に摂る

●野菜を中心に「赤」「黄」「緑」「紫」「黒」など、
色の濃い食べ物を選ぶ

●こんにゃく、しらたき、黒ごま、黒豆、小豆、
ひじき、わかめ、ごぼう、米(米ぬか)、
小麦胚芽、牛乳などからセラミドを摂取する

この中で少し気をつけたいのが野菜。

なぜなら、野菜にはからだを冷やすものと
温めるものがあるからです。

もちろん、冬はからだを温める野菜が
からだの内側からの保湿のためには大切です。

オススメは、しょうが、にんじん、ねぎ、
たまねぎ、ごぼう、れんこん、かぼちゃなどです。

見分けるポイントは、寒い地方で獲れること、
根菜、主に黒、赤、黄の野菜であることです。

また、フルーツなら冬が旬のリンゴがおすすめです。

飲物もハーブティやニンジンジュース、
リンゴジュースはおすすめです。

しかし、コーヒーや緑茶はアンチエイジングには良いのですが、
カフェインなどでからだを冷やすので、
飲み過ぎには注意しましょう。

冬は、上手に内側かからの保湿もしっかり行ってくださいね。


★次回は、
「冬の紫外線対策」をお届けします。


ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2019年 01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事