骨密度が減少すると、しわやたるみの原因に!

2019年02月01日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

今週日曜日に、私もついにかかってしまいました。

人生で初めてのインフルエンザに。

噂に聞いていた通り、高熱が出て、相当つらかったです。

処方されたタミフルを5日間服用し、今日やっと出社できました。

今がまさにインフルエンザのピークですので、みなさまも十分注意なさってくださいね。

今回インフルエンザになったことで、一つだけ良いことがありました。

それは、1月30日(水)のNHK「あさイチ」を見ることができたことです。

なぜかと言うと、私たちエイジングケア世代の女性にぴったりのテーマで、新しい気づきをもらえたからです。

そのテーマとは「美容と健康!40代からの老化予防スペシャル」!

AGE

オステオカルシン

テロメア

という3つのキーワードが出てきましたが、

私が一番衝撃を受けたのが、2番目のオステオカルシン(ホルモン)に関する話の中で出てきた頭蓋骨のイラストでした。

テレビ画面だったので、この場でお見せすることができませんが、

がんばって説明したいと思いますので、みなさまも想像力を膨らませてイメージしながら読んでみてください。

40代からは女性ホルモンが低下するとともに骨密度も減少します。

骨密度が減少すると、顔の骨が縮んでしまいます。

それによって、皮膚にたるみができて、シワやほうれい線が目立つようになります。

具体的には、まず目の周りが広がります。

目の周りというのは、いわゆる眼窩(眼球の収まる頭蓋骨のくぼみ)の部分です。皮膚の上からでも感じることができますよね。あの部分です。

目の周りが広がることで、目元にシワができたり、目が落ち窪んだようになります。

次に、頬骨が薄くなると頬が下がり、ほうれい線も目立つようになります。

また、下あごが小さくなり、二重あごやフェイスラインがもたつくようになります。

イメージできましたでしょうか??

今までは、表皮の衰えや、表情筋の衰えばかりに気をとられていましたが、そのもっと土台になる骨の衰えも、シワやたるみの原因の一つだったのです。

「骨密度」や「骨粗しょう症」といった、骨のケアについては、自分にとってはもう少し先の話だと思っていましたが、今すぐに対策をはじめる必要があると気づきました。



で、骨密度をアップさせるためにはどうすれば良いか?

主に次の3つがあります。

1.骨と女性ホルモンを意識した食べ物や栄養素を摂る

2.適度な負荷をかける運動を行う

3.女性ホルモンによくない生活習慣を止める

この中で、適度な負荷をかける運動について。

年齢を重ねると骨を壊す細胞が活発になる一方で、骨を作る細胞の働きが弱まり、骨密度が低くなってしまいます。

そこで取り入れたいのが、適度な負荷をかける運動です。

番組では相当簡単な運動が紹介されていました。

私もすでに実践中です。

まず、普通に立ちます。

両足のかかとを少し上げます。

骨に小さな衝撃を与えることを意識して、かかとを下げます。

以上です。

立って、その場でかかとを上げて下げるだけです。

こんなことで本当に骨密度改善に効果があるの?と思うかもしれませんが、

かかとに振動を与えると、その振動が全身の骨に伝わり、振動をストレスと感じて骨を作る細胞が活性化します。(ナールスゲンのコラーゲン産生の仕組みに似てますよね)

骨を作る細胞が活性化するということは、骨密度改善に効果が期待できるということです。

さらに、骨を作る細胞が働くときに「オステオカルシン」というホルモンが出るそうです。

そのオステオカルシンは骨の中から血管を通して全身に広がり、様々な臓器に若返りのメッセージを送ってくれるそうですよ!

一日50回を目安に、毎日続けることが大切とのこと。

50回は多く感じるかもしれませんが、1回のかかとの上げ下げに2秒なので、50回でも100秒です。

私は毎日忘れず続けられるように、夜の歯磨きの時に実施しています。

フローリングなどの固めの床がオススメです。

かかとを下ろしたときに、本当に全身に振動を感じます。

※足に負担をかけられない方は実施しないでくださいね。

他の適度な負荷をかける運動や食事と生活習慣について、詳しくは
「ほうれい線は骨粗鬆症で目立つ!更年期のエイジングケア」

をご覧いただきたいです。

骨粗しょう症の原因や、骨粗しょう症による頭蓋骨の崩れに関する研究概要等、広くご紹介しています。

ぜひご一読ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
2019年 02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事