美肌のためにも、日常生活の中で冷え対策を

2019年12月06日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

ここのところ、急に真冬が来たような寒い日が続いています。

とくに今週末は一年で最も寒い日と同じくらいの気温になると、おはよう日本の山神さんが言っておられました。(←山神さんとは?と思った方は、先週の店長ブログを読んでみてください(^^))

この週末を乗り越えたら、来週は暖かくなる予想ですが、季節は着々と真冬に向かっています。

エイジングケア世代にとって、真冬は空気が乾燥するので、お肌がカラカラに乾くことが心配なわけですが、これからの時期、お肌にとって良くないことは空気が乾燥することだけではありません。

じつは、からだを冷やすこともお肌に悪い影響を及ぼします。

からだが冷えると血行が悪くなり、必要な栄養や酸素が行き渡りにくくなります。
それが、お肌の弾力やハリの低下、くすみやむくみなどの原因になり、メイクのノリも悪くなってしまいます。
もちろん健康にもよくありません。

そこで今日は、日常生活の中で、からだの冷えを予防・改善する方法についてご紹介します。



じっくり湯船につかって入浴を




身体が芯から温まるよう、疲れていてもできるだけシャワーですませないで、じっくり湯船に浸かりましょう。
ただし、あまり長く湯船につかっていると、お肌が乾燥してしまいますので注意しましょう。入浴時間のめやすは、じんわり汗をかくくらいまでです。
「ぬるめのお湯で」とよくいいますが、自分が心地よく感じられる温度でゆったりと入浴するのが一番です。
リラックスして体の芯から温めましょう。



からだを動かして代謝をアップ




運動で代謝をアップさせることも冷え性の改善に有効です。
毎日の生活の中で、少し歩く量を増やしたり、仕事や家事の合間に簡単なストレッチをするだけでも効果的です。
とくに寝る前にストレットをすると、体温が上がってぐっすり眠ることができるのでおすすめです。

日常生活の中で、少し体を動かすことを意識しながら過ごしてみて下さい。



冷やす食べ物と、温める食べ物を知る





食べ物には「からだを冷やす食べ物」と、「からだを温める食べ物」と、「冷やすことも温める事もしない食べ物」があります。

からだを温める食べ物には、温めることにつながる栄養素が含まれています。
たとえばビタミンEや鉄は、血行を促してからだを温めます。
たんぱく質もからだを温める栄養素で、熱を生み出す筋肉の材料になります。
この他にも、香味野菜などに含まれる特有の栄養素にも、からだを温める作用があります。

からだを温める代表的な食材は、しょうが、ねぎ、にんじん、かぼちゃ、羊、鮭、黒豆、小豆、味噌、コショウ、シナモン、山椒などです。
※「しょうが」は、加熱調理するとからだを温める効果を発揮します。冷え対策でしょうがを食べるなら、加熱したものを摂取しましょう。

からだを温める食べ物には、次の特徴があります。

・土の中で育つ根菜
・冬が旬の食べ物
・寒い地域で採れる食べ物
・水分が少ない食べ物

からだを温める食べ物をひとつひとつ覚えるのは大変ですが、このような特徴を覚えておくと選びやすいのではないでしょうか?

続いて、「からだを冷やす食べ物」について。



からだを冷やす食べ物には、ミネラルの一種であるカリウムが多く含まれています。
カリウムには利尿作用があり、体内の塩分を外へ排出するとともに熱も放出するため、からだを冷やす作用があります。
また、水分が多い食べ物もからだを冷やします。

代表的な食べ物は、トマト、バナナ、キュウリ、白砂糖、コーヒーなどです。

からだを冷やす食べ物の見分け方としては、次の特徴があります。

・夏が旬の食べ物
・暑い国や地域の食べ物
・地上で育つ食べ物

あとは、意外かもしれないものとして、海藻、パンやパスタなどの小麦製品、大豆もからだを冷やす食べ物です。

ちなみに大豆から作られた味噌やしょう油は体を温めます。
これは、発酵の過程で生まれた消化のいい酵素やたんぱく質が、代謝を高めるためです。
いかにも良さそうな豆腐もからだを冷やすので注意しましょう。

ここまで温めるものと冷やすものについてお伝えしましたが、温める食べ物だけを食べれば良いというわけではありませんので注意して下さい。
やはりバランスの良い食事が大切です。

また、体を冷やす食べ物の中にも、エイジングケアのために積極的に食べたいものもあります。とくにトマト。海藻や豆腐もダイエットや美容のために良いですよね。

そんな場合は、調理方法や組み合わせを工夫することで冷えを防ぐことができます。

例えば、トマトなどの夏野菜は、サラダで食べずに煮込みやグリルにしたり、生で食べるなら温かいスープと組み合わせたり。

海藻やお豆腐はお味噌汁の具材にしたり。薬味たっぷりの湯豆腐にするのもお勧めです。

このように、毎日の生活の中で冷え改善を意識した習慣を続けることで、無理なく冷え対策と美肌対策をしていきましょう!

冷え対策について詳しくは、「冷え性の予防と改善の対策!血行促進で肌悩みも解消」をご覧ください。

また、からだを温める食べ物については、「からだを温める食べ物で冷えの予防と改善!」をご覧くださいね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」をよろしくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2019年 12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事