2016年01月26日

ほうれい線対策に40代と50代以上で違いはある??

2016年01月26日
皆さん、こんにちは!

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

ほうれい線といえば、エイジングケアでいつも話題の大敵。


そんなほうれい線対策は、40代と50代で違うのでしょうか?


答えは、「基本は同じ。でも原因や年齢を意識してアレンジしたほうれい線対策」を行う。

ということになります。


ほうれい線の原因の多くは、「たるみ」。

30代未満では、急激なダイエット、姿勢が悪いことなども原因ですが、

40代以降の場合の主な原因は、「たるみ」です。

そして、たるみの原因は、

・真皮の衰え
・表情筋の衰え
・皮下組織の肥大化

などです。

もちろん、お肌の乾燥や加齢も影響を与えます。


したがって、基本的なほうれい線対策は、40代も50代も同じなのです。

しかし、50代になると、40代と年齢が10代違うことで、お肌の老化の指標となる

要素が、大きく低下します。

私達は、その要素を「エイジングインデックス」と名づけました。

それらは、

・水分量

・皮脂量

・セラミド

・コラーゲン

・エラスチン

・ヒアルロン酸

・ターンオーバー

・女性ホルモン

の8つです。


ここで、最も大きな違いは、「女性ホルモン」の問題です。

50代になると多くの方が閉経を向かえる可能性が高く、女性ホルモンが急激に減少します。

エストロゲンには、コラーゲンを増やしたり、水分量を増やす役割がありますが、50歳を超えれば、

殆ど無くなってしまうのです。


40代までのほうれい線対策と50代以降のほうれい線対策で、特に意識することはこの点です。

そこで、30代〜40代のエイジングケアのための化粧水と50代以降のエイジングケアのための化粧水

の選び方をまとめてみました。

是非、ご参考にしていただければ幸いです。


「30代〜40代でほうれい線を消す?エイジングケア化粧水の選び方!」

「50代からのほうれい線ケアの化粧水はどう選ぶ?」


ナールスブランドで化粧水タイプといえば、ナールスピュア。

ナールスピュアには、エイジングケア化粧品成分ナールスゲン配合。

ほうれい線ケアローション(化粧水タイプ)の「ナールスピュア」


ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」


プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2016年 01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事