2016年04月18日

ビタミンC誘導体化粧水の特徴を知っておこう!エイジングケアに役立てるために

2016年04月18日
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。


先週木曜日には、熊本で大きな地震がありました。

残念ながら、犠牲者も出てしまいましたが、皆様やお知り合いの方々は、大丈夫だったでしょうか?

被災者の皆様におかれましては、心から御見舞い申し上げます。

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

まだ、余震も続いているようですので、不安も多いと存じます。

まずは、一日も早く鎮静化することを心から願っております。

さて、今回は、ビタミンC誘導体化粧品のお話です。



エイジングケアアカデミーの記事「ビタミンC誘導体化粧水の特徴を知っておこう!エイジングケアに役立てるために」でも紹介していますが、ビタミンCは、別名「L-アスコルビン酸」と呼ばれる水溶性のビタミンです。



実は、ビタミンCは、化粧品として使用する場合は、問題があるんです。

なぜなら、不安定でこわれやすい性質を持っているから。

ビタミンCを、そのままの形でお肌に塗布しても、すぐに酸化して壊れるので、本来のはたらきを発揮できません。

だから、何らかの改良が必要だったのです。





そんな改良を加えたのが、ビタミンC誘導体です。

「誘導体」とは、簡単に言えば、化学的に少し加工し、元に性質を維持したまま、安定性を高めて使いやすくしたものです。

ビタミンC誘導体には、美肌や美白、エイジングケアのための多くの作用があります。

ビタミンC誘導体が、化粧水をはじめとする多くの化粧品に使われるのは、たった1つの成分で、多くの美肌効果をもたらしてくれるからです。

それでは、ビタミンC誘導体の効果と作用を1つ1つチェックしてみましょう。


ビタミンC誘導体には、メラニンの生成を抑える作用と、できてしまったメラニンの色素を還元してメラニンの沈着を防ぐ作用があって、結果的に、シミを予防する美白作用があるのです。

美白についての詳しい情報は、エイジングケアにとって大切な「美白」を正しく理解する!をご覧ください。

他にも、

●ニキビの予防・改善効果

●エイジングケア 効果

●肌のコラーゲンを増やす効果 シワやたるみの改善


また、エイジングケア化粧品成分であるナールスゲンとの相乗効果によって、より多くのコラーゲンを増やします。

しかし、ビタミンC誘導体にも、弱点があります。

それは、刺激性があることです。

そのため、ビタミンC誘導体化粧品を使う場合は、刺激を感じるかどうか、チェックすることも大切です。


そんなビタミンC誘導体配合の化粧品でオススメは、もちろんエイジングケア化粧品のナールスピュア。

洗顔後、いつもの化粧水の前に使っていただく、100%水溶性成分でできたエイジングケア化粧品です。


ビタミンC誘導体配合エイジングケアローション「ナールスピュア」

<

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2016年 04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事