2016年11月19日

キュアパッションってなに?

2016年11月19日
こんにちは!


エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 「知って得する!納得のエイジングケア講座」第81回
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、「血管・リンパ管とエイジングケア」を連載中です。
今回は、「リンパ管とエイジングケア」のシリーズの第3回目。

───────

前回は「リンパ管のケア」についてご紹介しましたが、
今週は、リンパ管ケアの化粧品成分「キュアパッション」についてお届けします。


その前に、前回の整理とワンポイントの復習です。

リンパ管ケアは、

(1)マッサージ
(2)正しい姿勢と変化
(3)運動など汗をかく

が基本なので、エイジングケア化粧品を使う以前に行うことがありました。

また、化粧品成分ではリンパ管ケアに着目したものはほとんどありません。

そんな中で、リンパ管ケアを意識して開発されたのが、
パッションフルーツの果実から抽出したエイジングケア化粧品成分「キュアパッション」です。

パッションフルーツは、日本ではその花が「時計」に見えることから、
「クダモノトケイソウ」と呼ばれています。

そのためキュアパッションは、化粧品成分表示の際は、
「クダモノトケイソウ果実エキス 」と記載されます。

もちろん、キュアパッションを配合している
「ナールス パッション」の表記もそうなっています。

───────

さて、このパッションフルーツの成分ですが、
まず、βカロテンが豊富です。

βカロテンは、体内でビタミンAに変わり、
お肌の粘膜を健やかに保つはたらきがあります。
また、抗酸化作用があるので、エイジングケアに有効です。

その他にも、

・ナイアシン: 血管を広げて血液の流れをよくするはたらき
・葉酸: 貧血防止や妊娠中に胎児の成長をサポートするはらたき
・ビタミンB6: アミノ酸合成に必要な成分で、にきびやじんましんなどを抑えるはらたき

などが含まれています。


さらに、注目すべきはカリウム。
高血圧予防や心筋梗塞予防のほか、
利尿作用もあり、むくみを防ぐことが期待できます。

このようにパッションフルーツは、
女性のエイジングケアにとって欠かせない成分が含まれた果実です。

その他にも、甘い香りにはアロマテラピー効果も期待されています。
つまり、パッションフルーツは食べることでも、エイジングケアに役立つのです。

キュアパッションは、こうしたパッションフルーツの様々なはらたきに着目して、
開発されたリンパ管ケアのためのエイジングケア化粧品成分なのです。

そして、実験によって、

● リンパ管様構造の形成促進作用:リンパ管を作るのを早める作用です。

● 皮膚微小リンパ管内皮細胞の増殖促進作用:リンパ管のもととなる細胞を増やす作用です。

が認められています。


この作用によって、

・お肌のくすみやむくみの改善
・お肌を引き締める

ことが期待できるのです。

さらに、最近、紫外線による光老化はリンパ機能の低下を引き起こし、
その結果、むくみやくすみ、さらにはしわも目立つことがわかってきました。

つまり、キュアパッションは、リンパ管の機能維持によって、
紫外線のアフターケアにもなるのです。


ナールス製品で唯一、キュアパッションを配合した
エイジングケアフェイスマスク「ナールスパッション」で、ワンランク上のお手入れを!


★次回からは、新シリーズ「くすみのエイジングケア」を開始します。



プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2016年 11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事