2016年11月22日

メラニン色素によるくすみのエイジングケア

2016年11月22日
こんにちは!


エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 「知って得する!納得のエイジングケア講座」第84回
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、「くすみのエイジングケア」を連載中です。

前回は、「血行不良によるくすみのエイジングケア」でした。
今回は、くすみの2 つ目「メラニン色素によるくすみのエイジングケア」です。

───────

それでは、最初にメラニン色素によるくすみのチェックです。

□ 茶色またはこげ茶色のくすみ
□ 紫外線を浴びることが多い
□ お肌をよくこする

もし、1 つでもこのチェックに印がつくようなら、
メラニン色素によるくすみになりやすいタイプと言えます。

エイジングケアの大敵、紫外線によってシミと同様のメカニズムで出来るのがこのタイプ。

紫外線からのダメージを受けると、お肌を守るためにメラニン色素がつくられます。

通常は、ターンオーバーによって古い角質とともにメラニンも排出されますが、
過剰につくられてしまうとそのまま色素沈着し、
シミやくすみを引き起こしてしまうのです。

だから、メラニン色素によるくすみの対策は、
紫外線対策そのものです。

紫外線は、その量の多い少ないはありますが、
季節や天候に関係なく1年中降り注いでいます。
ですから、常に、何らかの紫外線対策は必要です。

特に春・夏は、日焼け止めなどのUVケア化粧品に加えて、
帽子や日傘、サングラスなども活用するとよいでしょう。

また、美白成分が含まれたスキンケア化粧品、
エイジングケア化粧品を使ってケアすることも大切です。

ビタミンC誘導体をはじめ、コウジ酸、プラセンタエキスなど、
さまざまな美白成分を配合した化粧品があるので、
成分やテクスチャーなどで好みのものを選ぶとよいでしょう。

ナールスブランドでメラニン色素によるくすみ対策を考えるなら、
基本は、エイジングケア成分ナールスゲンとビタミンC配合の 『ナールスピュア』。

そして、プラセンタエキス配合の 『ナールス パッション』 がおすすめ。

ともに、美白化粧品ではありませんが、メラニン色素対策の成分は配合しています。


★次回は、「乾燥によるくすみのエイジングケア」を開始します。

ありがとうございます。
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。



プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2016年 11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事