2016年11月30日

オイルクレンジングによる角栓マッサージについて

2016年11月30日
こんにちは!


エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 「知って得する!納得のエイジングケア講座」第105回
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、シリーズで「角栓〜その原因と対策〜」を連載中です。
第8回目の今回は、
「オイルクレンジングによる角栓マッサージ」です。

前回から、実践的な角栓対策を開始し、
クレンジングの基本を取り上げました。

今回は、同じくクレンジングですが、
オイルクレンジングを使ったマッサージをご紹介します。

───────

角栓の改善の1つの手段に、
オイルクレンジングを使ったマッサージを取り入れる方法があります。

しかし、これは角栓を除去することが目的ではありません。

なぜなら、このメルマガで説明したように、
角栓は70%がたんぱく質なので、
クレンジングで取り去ることは難しいのです。

では、何が目的かというと、
毛穴周辺の角質を柔軟にすることで、
角栓が自然に剥がれるお肌を作るための1つの手段なのです。

手順としては、

1.毛穴を温める
2.クレンジングマッサージ
3.洗顔
4.保湿

です。

毛穴を温めるのは、お風呂で10〜15分程度湯船に入って、
少し汗がでる程度の状態で行うか、
または50度前後の蒸しタオルで温めます。

ここからオイルクレンジングです。

「オイル」タイプは、マッサージに向いています。

ただし、このタイプのクレンジングは、
一般的には比較的、刺激の強いものなので、
どんなものを選んでもよいわけではありません。

また、リキッドタイプでは刺激が強すぎるので、
これも避けましょう。

選ぶポイントは、「非イオン(ノニオン)系界面活性剤」
を使ったクレンジングを選ぶことです。

以下に、非イオン(ノニオン)系界面活性剤のものを
具体的に掲載しますので、参考にしてください。

--------------------------
オレイン酸PEG−20グリセリル、ステアリン酸PEG−15グリセリル、
ラウリン酸PEG−20グリセリル、ポリソルベート20、
ポリソルベート60、オレイン酸PEG-6ソルビタン、
脂肪酸モノグリセリド、プロピレングリコール脂肪酸エステル、
ラウリン酸ソルビタン、ステアリン酸ソルビタン、
SEステアリン酸スクロース、アルキルグルコシド

などです。


また、石油系界面活性剤のクレンジングは避けましょう。

以下に、石油系界面活性剤のものを
具体的に掲載しますので、参考にしてください。

--------------------------
ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、
ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸アンモニウム、
ラウリルスルホン酸ナトリウム、キシレンスルホン酸ナトリウム、
スルホン酸ナトリウム、パレス-3硫酸ナトリウム、
パレス-3硫酸アンモニウム

などです。


───────


それでは、マッサージ方法です。

マッサージは、クレンジングで鼻の周り、
特に角栓が気になる部分をくるくると指で円を描くように行います。
3分から5分程、やさしく行ってください。

マッサージ自体は簡単なので、
自分に合ったオイルタイプのクレンジングを見つけることと、
事前に毛穴を温めた状態で行うことがポイントです。

マッサージのあとは、自分に合った洗顔料、
できれば刺激の少ないもので洗顔して、
しっかり保湿を行います。


角栓対策の洗顔や保湿は、
今後、このシリーズで詳しく取り上げていきます。


★次回は、「角栓ケアの酵素洗顔」を取り上げます。


ありがとうございます。
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」



プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2016年 11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事