2017年08月

「シワ対策に使われるレチノールってどんな成分?」

2017年08月27日
エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 「知って得する!納得のエイジングケア講座」第145回
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回から、
新シリーズ「シワ対策に使われるレチノールってどんな成分?」
をスタートします。


最近、ポーラさんや資生堂さんから、
シワ対策のエイジングケア化粧品の新作が登場して、
話題になっています。

シワ対策のエイジングケア化粧品でよく使われる有名な成分が、
「レチノール」。

実は、ナールス ネオやナールス ユニバに配合している
「レチノイン酸トコフェリル」もレチノールの一種です。

そんなレチノールは、効果もありますが刺激性もあるので、
注意が必要な成分の1つ。
そこで、レチノールをシリーズとして取り上げ、
ご紹介していきます。

今回はその第1回目として、
「そもそもレチノールって?」です。


───────


レチノールとは、ビタミンAの一種です。

ビタミンA は、実はいくつかの種類があります。
ほとんど化学構造は同じ形ですが、
ちょっとした違いで、「誘導体」になるのです。

レチノール以外には、レチナール、レチノイン酸や、
その誘導体がありますが、
一般的には、すべてビタミンAです。

「誘導体」は、前回のシリーズでも触れましたが、
「基本的な性質が同じで、少し化学構造が違うために、
発揮する効果が異なる成分」です。

また、ビタミンA関連の医薬品や化粧品すべてを、
「レチノイド」と呼ぶこともあります。

このように、レチノールは、ビタミンAの1つなのです。


レチノールは、ヒトの血液中のビタミンAの大半を占めています。

このビタミンAは、油溶性のビタミンで動物だけにあります。

にんじんなどに含まれる「β-カロテン」も
ビタミンAと思われていますが、
厳密には体内に入ってからビタミンAに変わるので、
「プロビタミンA」として分けて考えられます。

このプロビタミンAは、動物にも植物にもあります。

レチノールには、抗酸化作用はありませんが、
プロビタミンAには、抗酸化作用があります。

日常的には、β-カロテンもレチノールも
ビタミンAと呼んで差し支えありませんが、
詳しくみていくと名前もたくさんあって、
少し複雑なのです。

このように、レチノールを理解する前提として、
ビタミンAやβ-カロテンとの関係も
知っておくことは大切なのです。


★次回は、「ビタミンAの効果を知ろう!」です。



ありがとうございます。
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

V型コラーゲンUPで赤ちゃん肌を取り戻そう

2017年08月25日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

毎日蒸し暑い日が続いていますね。

8月ももう終わりますが、みなさまは、お肌の調子はいかがでしょうか?

今回、ご紹介したいのが、エイジングケアで大切な「V型コラーゲン」のことです。

「V型コラーゲン」って??




「V型コラーゲン」というのは、赤ちゃんのような、お肌のみずみずしさや柔らかさを生み出しているコラーゲンです。

コラーゲンと一口に言っても、実はその種類は30種類以上もあります。

中でも肌に関係している2大コラーゲンがT型コラーゲンとV型コラーゲンです。

T型コラーゲンは、皮膚の真皮や骨に多く含まれる太く硬い繊維性の成分で、真皮の約9割を占めます。

V型コラーゲンは、「ベビーコラーゲン」ともいわれる細くやわらかい線維で保水力が高く、弾力やしなやかさを保ちます。

ともに年齢ともに低下してしまうのですが、このV型コラーゲンの不足によって肌の水分保持力が弱くなると、

●肌のしなやかさの減少

●肌の柔らかさの減少

などが起こるのです。

実は、T型コラーゲンよりもV型コラーゲンが早く減るとも言われています。

だから、お肌のしなやかさや柔らかさをキープするためには、V型コラーゲンをキープすることが大切なのです。

V型コラーゲンはどうやって増やすの?




そんなV型コラーゲンを増やすはたらきがあるとして、有名なのが「卵殻膜」です。

今では、サプリメントや化粧品でも使えるようになってきました。

そして、もう1つは、「ネオダーミル」

ネオダーミルは、

●T型コラーゲンを増やす

●V型コラーゲンを増やす

●エラスチンを増やす

という特徴があるのです。

しかも、V型/T型比率を若い時代に戻す研究データもあるのです。

つまり、ネオダーミルは、T型コラーゲンよりもV型コラーゲンを多く増やすのです。

そんなネオダーミルを推奨最高濃度(2%)で配合しているのが、目元・口元専用美容液「ナールスネオ」です。

お得なキャンペーンのご案内



そこで8月は、ナールスネオ(通常価格:9,720円)を

少しお得にご使用いただけるように、1,080円オフでご提供!

「ナールスネオ」1,080円オフでのご注文はこちらから



<<1,080円オフ締切:8月31日(木)18時00分>>

。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。::゚。:.゚。+。。+.。

なお、今までにナールスネオを買ったことが無いお客様は、

初回限定34%オフでご購入いただけます!

ナールスネオ初回限定34%オフでのご注文はこちらから



<リンクを開くことができなかったお客様へ>

一部機種のシステムや、お使いになっているセキュリティソフトの設定等により、リンクを開くことができない場合がございます。

その際はお電話でご注文いただくか、公式サイト「ナールスコム」からご注文いただき、
備考欄に「1,080円オフ使用」と入力くださいませ。

※初回限定価格6,480円には、1,080円オフはご利用いただけません。

 [フリーダイヤル] 0120-700-535 (平日9時〜18時)

 [公式サイト] https://www.nahls.co.jp

お手数ではございますが、よろしくお願い申し上げます。

エイジングケア美容液「ナールスネオ」はどんな美容液?



●「ネオダーミル」推奨最高濃度配合で、目元・口元のハリとツヤをキープ
[in-cosmetics 2013](パリ)で、[イノベーションアワード金賞]を受賞した成分。
2週間でシワの体積を13%減少、シワの深さを15%減少させる臨床データを有する成分が
コラーゲンT型・V型&エラスチンをサポートします。

●「プロテオグリカン」配合で、潤いに満ちたふっくらしたお肌をキープ
弘前大学発、ヒアルロン酸の130%。高い保湿力を持つプロテオグリカンが、
保湿をサポートします。

●「ダエダリンA」配合。健やかで透明感のあるお肌をキープ
信州大学発、キノコの菌糸体から抽出されたダエダリンAが、
お肌の細胞&ターンオーバーをサポートします。

●「ナールスゲン」推奨濃度配合。お肌に潤いを与え、ハリやツヤをキープ
京都大学で発明され、その後、大阪市立大学との共同研究、産学連携で開発された
画期的なアミノ酸誘導体“ナールスゲン”を推奨濃度で配合しています。
「コラーゲン」「エラスチン」「HSP47」の3つの美肌たんぱく質をサポートします。

エイジングケア美容液「ナールスネオ」の使い方



化粧水やナールスピュアの後にお使いください。

使用方法の動画もありますので、是非、こちらもご覧くださいませ。

ナールスネオの使い方

また、容量は20mlと少なく感じるかもしれませんが、

たいへんなめらかで、よく伸びますので、部分使いなら朝晩使って2ヶ月程度はご使用いただけます。

お顔全体なら、朝晩使って1ヶ月程度ご使用いただけます。

きっと、ご満足いただけるものと思っております。

是非、ナールスネオの効果をご実感くださいませ。



「ナールスネオ」1,080円オフでのご注文はこちらから



<<1,080円オフ締切:8月31日(木)18時00分>>

。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。::゚。:.゚。+。。+.。

なお、今までにナールスネオを買ったことが無いお客様は、

初回限定34%オフでご購入いただけます!

ナールスネオ初回限定34%オフでのご注文はこちらから



<リンクを開くことができなかったお客様へ>

一部機種のシステムや、お使いになっているセキュリティソフトの設定等により、リンクを開くことができない場合がございます。

その際はお電話でご注文いただくか、公式サイト「ナールスコム」からご注文いただき、
備考欄に「1,080円オフ使用」と入力くださいませ。

※初回限定価格6,480円には、1,080円オフはご利用いただけません。

 [フリーダイヤル] 0120-700-535 (平日9時〜18時)

 [公式サイト] https://www.nahls.co.jp

お手数ではございますが、よろしくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

「たくさんある!水溶性ビタミンC誘導体」

2017年08月20日
こんにちは!


エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 「知って得する!納得のエイジングケア講座」第144回
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ビタミンC誘導体を知ってエイジングケアに活かそう!」
を連載中です。

これまで、「ビタミンC誘導体とは?」から、
効果、デメリット、種類について取り上げてきました。

また、両親媒性ビタミンC誘導体APPS、
油溶性ビタミンC誘導体VCIPも取り上げました。

今回、ビタミンC誘導体の最終回として、
「たくさんある!水溶性ビタミンC誘導体」をご紹介します。


───────


水溶性ビタミンC誘導体には、「速攻性」があるメリットと、
「刺激が強い」というデメリットがあることをお伝えしてきました。

実は、そんな水溶性ビタミンC誘導体もいくつかの種類があるのです。
それでは、具体的に一つひとつの水溶性ビタミンC誘導体の特徴を説明します。


★1 リン酸アスコルビル

水溶性ビタミンC誘導体の代表的なものとして、
リン酸型ビタミンC誘導体があります。
リン酸型には「リン酸アスコルビルナトリウム」と
「リン酸アスコルビルマグネシウム」の2種類があります。
どちらも安定性の高い水溶性ビタミンC誘導体です。

どちらもアスコルビル酸にオキシ酸化リンを使用していて、
ナトリウムやマグネシウムが加えられています。


1)リン酸アスコルビルナトリウム

お肌への吸収率が優れ、リーズナブルな価格であることから、
高濃度配合の際に、皮膚科などでよく用いられる種類のビタミンC誘導体です。

一般的に、ビタミンC誘導体化粧水で1〜3%程度で配合されます。
リン酸アスコルビルナトリウムは、お肌へ浸透する過程で、
お肌にある酵素フォスファスターゼでビタミンC(L-アスコルビン酸)に戻ります。
もっとも汎用されるベーシックな水溶性ビタミンC誘導体です。


2)リン酸アスコルビルマグネシウム

リン酸アスコルビルマグネシウムは、
最も歴史が古い種類の水溶性ビタミンC誘導体になります。
酸素との反応が良いため、水溶性ビタミンC誘導体として、
高い効果が期待できます。
使用感もピリピリした刺激が少ないので、
お肌が弱く、他の水溶性ビタミンC誘導体で刺激を感じる場合でも、
使える場合があります。

ただし、マグネシウムのはたらきから沈殿しやすいため、
高濃度での配合が難しいのが欠点です。

「リン酸アスコルビルナトリウム」と、
「リン酸アスコルビルマグネシウム」の違いは大きくありませんが、
浸透性や扱いやすさでは、リン酸アスコルビルナトリウムがやや勝り、
刺激性の少なさや効果では、リン酸アスコルビルマグネシウムがやや勝ります。

ナールスピュアには、APPSとともに、
リン酸アスコルビルナトリウム(表示名「アスコルビルリン酸Na」)
を配合しています。



★2 L-アスコルビン酸−2グルコシド

アスコルビン酸にグルコース(糖)を結合させた
無臭のビタミンC誘導体です。
安定性が高く水に溶けやすいのが特徴なので、
化粧水への配合に向いた成分です。

しかし、人間の肌には糖を分解する酵素がほとんどないので、
誘導体からビタミンCに戻りづらい点が欠点だとされています。
ゆっくりとビタミンCに戻るので、効果の持続時間は長いです。



★3 ビタミンCエチル

ビタミンCエチルは、ビタミンCの3位の水酸基を結合した
新しいタイプのビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体がビタミンCへ変換されるには、
体内で酵素によって分解されることが必要ですが、
ビタミンCエチルは、酵素反応を必要とせず、
そのままの形で即ビタミンCとしてお肌に作用します。

つけた直後から効果を発揮するという視点から、
即効性が期待されています。

さらに、従来のビタミンC誘導体がもつ、
「メラニンをつくる酵素を阻害するはたらき」に加え、
紫外線A波によって引き起こされる、
「即時型色素沈着を抑制する効果」が認められており、
美白成分として今後注目が集まりそうな成分です。



このように水溶性ビタミンC誘導体でも
いくつかの種類があるのです。
どれであっても基本的なはたらきは同じですが、
少しずつ特徴が異なるのです。


★次回からは、
新シリーズ「しわ対策に使われるレチノールってどんな成分」
を開始します。



ありがとうございます。
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」