2019年03月

見た目年齢を若くしたいなら、洗顔はTゾーンから、保湿はOゾーンから。

2019年03月29日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

今週で3月が終わり、来週から4月ですね。

そして、4月1日のお昼頃には新元号が発表されるみたいですね!

4月1日は月曜日なので、私たちは仕事中にネットニュースの速報で知ることになると思いますが、

平成の次はどんな元号になるのか、今からとても楽しみです。

さて、話は全く変わりますが、今日のブログタイトルの「Oゾーン」という言葉、聞いたことありますか?

TゾーンやUゾーンはよく耳にしたり、実際に会話の中で使うこともあると思います。

でも、Oゾーンという呼び方はまだあまり知られていないので、初めて聞いたという方が多いと思います。

実は、私も初めて聞きました。

答えは、口や目の周りのことです。

そんなあまり知られていないOゾーンですが、エイジングケアにおいてはとても意識しないといけないゾーンです。

なぜなら、口元や目元は皮膚が薄く、デリケートな上に皮脂分泌が少ないので、他の部分よりもエイジングが進みやすいからです。

普段あまりOゾーンのケアを意識していないとしたら、今日からすぐに適切なケアを始めて、シワやほうれい線の目立たない若々しい肌を目指しましょう!



Oゾーンの適切なケアとは? 〜与えるスキンケア〜





同じ顔のお肌でも、パーツによって皮脂量や水分量などの状態が異なります。

なので、化粧水、美容液、クリームなどの与えるスキンケアは、乾燥しやすい部分からなじませて、最後に乾燥しにくい部分になじませることが大切です。

最初に皮脂の分泌量が少なく乾燥しやすいOゾーンからなじませます。

次に頬、顎のUゾーン、最後に皮脂の分泌量が多く乾燥しにくい額、鼻のTゾーンになじませます。

顔全体になじませた後は、潤いの度合いに応じて、Oゾーンには重ね付けするのも良いですね。

ナールスのアイテムなら、目元口元専用美容液「ナールスネオ」を部分使いするのもお勧めです。



Oゾーンの適切なケアとは? 〜落とすスキンケア〜





ここまできたら、みなさまならもうお分かりになっていることと思いますが、

洗顔やクレンジングなどの落とすスキンケアは、順番が逆になります。

Tゾーン→Uゾーン→Oゾーンの順に洗っていきます。

Oゾーンから洗ってしまうと、肌の保湿に必要な皮脂まで取り去ってしまう危険性があります。

Oゾーンは洗いすぎないよう、洗顔やクレンジングの最後に優しく行うように心がけて下さい。

ただし、落ちにくいアイメイクや口紅は、先に専用のポイントメイクリムーバーで落としておきましょう。

落ちにくいメイクをしていると、クレンジング時に必要以上に擦ってしまうなどで、目元に刺激を与えがちになります。

なので、先に専用リムーバー等でサッと落としておく方が、結果的に目元に負担をかけにくくなります。


つまり、『与えるスキンケアはOゾーンから、落とすスキンケアはOゾーンを最後に』これが基本のお手入れの考え方です。

考えてみれば当たり前のことなのですが、実際に実践するとなると、意識しないとできないことではないでしょうか?

「ふだんスキンケアをする時、顔全体になんとなく付けてるなぁ」という方は、ぜひ今日のお手入れからOゾーンを意識したケアを実践してみてくださいね。

なお、下記の記事で、Oゾーンで多いお肌悩みである「ほうれい線」と「目元のシワ」対策の具体的なお手入れ方法をご紹介していますので、是非読んでみてください。

Oゾーンから始めるエイジングケアでほうれい線ケア

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

日焼け止めの選び方のポイント

2019年03月24日
こんにちは!


エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 知って得する!
 納得のエイジングケア講座 第198回
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━

3月に入って春の足音がそこまで迫ってきました。

紫外線対策も冬のシリーズとして続けてきましたが、
今回から春のエイジングケアです。
前回からの流れから、
「日焼け止めの選び方のポイント」お届けします。


-----------------------------------
★まず基本となるSPFとPAを知って選ぶ
-----------------------------------

日焼止めを選ぶ上で、
どうしても理解することと言えば、SPFやPA。
しっかり理解しましょう。

-----------------------
◇ SPF ◇

SPFとは、「Sun Protection Factor」の略号。
紫外線のうち、主にUV-Bをカットする指標です。
SPFは理論的には100までありますが、
実際に意味があるとされるSPFは50までで、
市販の日焼け止めもSPF50が最高ですね。

実はこのSPFは、紫外線からお肌を保護する力の強さではありません。
これは、日焼け(サンバーン)をしてしまう時間を
どれだけ遅らせるかの指標なのです。

例えば素肌が日に当たると20分程度で赤くなる人が
SPF20の日焼け止め使用した場合、

20×20=400分(6時間40分)

は、計算上赤くならずに済むのです。
SPF50なら、20×50=1000分(16時間40分)も時間が延びます。

どんな季節でも外に出る時間があまりない日なら
SPF10程度で十分です。

一方、屋外で活動する時間が長いなら、
最低でもSPF20以上を使いましょう。
特に夏や熱い地域なら、SPF30以上を使いましょう。

-----------------------
◇ PA ◇

PAは、「Protection Grade of UVA」の略です。

PAは主にUV-Aをカットする指標です。

「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階あり、
+の数が多いほどカット効果が高くなります。
曇りや部屋や日常生活なら、PA+でも十分です。

軽い屋外活動やドライブなどではPA++くらいが、
屋外での活動が多い場合なら、PA+++以上がオススメです。

まずは、SPFとPAを知って、自分の生活シーンに合わせて日焼け止めを選びましょう。

-----------------------
★使用場所・場面で選ぶ
-----------------------

日焼け止めを選ぶ際に重要なのが使用場所や場面です。

日常生活で使うなら、
お肌への負担が少ない紫外線散乱剤がよいでしょう。

最近では紫外線散乱剤でも、
SPFやPAが高いものが増えています。

例えば、ナールスヴェールは、
紫外線散乱剤だけの日止め止めですが、
SPF40、PA+++とかなり高い紫外線カット力があります。

一方、レジャーで海や山などに行くときは、
よりしっかりと紫外線を防いでくれる紫外線吸収剤などの、
防御力の強い日焼け止めがおすすめです。

冬でもスキーなどに出かけるなら、
紫外線吸収剤が必要な場合も。

こんな場合なら、SPF50やPA++++の紫外線吸収剤も良い選択肢です。

ただし、いつもこれだけ強いものを使うとお肌への刺激も…。
SPF50やPA++++の紫外線吸収剤は特別な時に限って使いましょう。


---------------------------
★日焼け止めのタイプも考える
---------------------------

日焼止めを選ぶには、使い心地も重要なポイントです。

-----------------------
◇ クリームタイプ ◇

乾燥肌や敏感肌用の日焼け止めに多いのがこのタイプです。
刺激が気になる方は、紫外線散乱剤だけの
日焼け止めクリームがオススメです。

伸びるので使いやすいですが、
油分が多いものだとニキビの原因になることもあります。

-----------------------
◇ ミルクタイプ ◇

ミルクタイプは、化粧下地としても用いられるタイプです。
ミルクと聞くとお肌に良さそうなイメージがありますが、
必ずしもお肌に優しいとは限りません。

水分が多く、サラッとして使い心地がよい反面、
界面活性剤を多く含んでいる場合があります。
その点を注意しましょう。

-----------------------
◇ ジェル・ローションタイプ ◇

ベタつかないジェル・ローションタイプは、
男性用としても重宝されています。

多くは紫外線吸収剤ですが、サラッとしているため、
お肌に密着しにくく、高いUVカット効果を期待するには、
しっかりと塗る必要があります。

-----------------------
◇ スプレータイプ ◇

広範な範囲に一気に使えるスプレータイプ。
手軽に使える半面、
塗りムラが発生しやすいので注意しましょう。


レジャーなど特別強い日差しの中で過ごす時間が長い時はクリームタイプ、
日常生活ではサラッとして使いやすいジェルやローションタイプ
を選ぶなどの方法があります。

日焼止めは自分の肌質に合って
どんな場面でも使えるものがあれば良いのですが、
どうしても1種ではカバーしきれないこともあります。

その場合は、

●下地やファンデーションを兼ねていて日常的に使える
●刺激が少なく乾燥肌や敏感肌でも使える
●ある程度SPF、PAが高い

を基準としてベースとなるものを選びましょう。
そしてもう1つは、生活シーンに合わせて選びましょう。


-----------------------
★ナールスヴェールはどんな日焼け止め?
-----------------------

ナールスヴェールは、クリームタイプです。

サラッとしているのによく伸びます。

ナールスゲンのエイジングケア効果に加えて、
高い紫外線カット力(SPF40&PA+++)があるのに
保湿ができるノンケミカルで優しいことが特徴です。

また、汗や水でもメイクが崩れにくいウォータープルーフ処方。
エイジングケア世代の方にとてもオススメです。

▼詳しくはこちらから
ナールスヴェール


★次回は、
「日焼け止めの使い方のポイント」お届けします。


ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

お顔の日焼け止めって、ファンデ塗ってるのにどうやって塗り直すの?

2019年03月22日


みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

昨日東京の開花が発表されましたね。

関西ももうすぐ発表されそうです。

昨年はピークを過ぎてからのお花見になってしまったので、

今年こそは満開の桜を見れることを祈るばかりです。

さて、お出かけには欠かせない日焼け止めですが、日焼け止めは朝のメイク時に一度塗ったらOK!

というわけではありません。

目には見えなくても、お肌の表面は汗をかいています。

また、皮脂も分泌されています。

朝は均一にきれいに塗れていても、汗や皮脂でメイクがよれたり崩れたりしたら、日焼け止めの効果も半減です!

なので、日焼け止めは塗り直す必要があるのです。

でも、「朝に日焼止めを塗って、上にファンデーションを塗っているのに、外出先でどうやって塗り直したら良いの?」と思うことはありませんか?

そこで、今日のブログでは、ナールスのUV化粧下地「ナールス ヴェール」の塗り直しの方法をお伝えします。



日焼け止め塗り直しの手順 〜「ナールス ヴェール」バージョン〜





まずは、塗り直しの具体的な手順をお伝えします。

1.油取り紙、ティッシュ、お化粧直しシートなどで、皮脂を取り除きます。

こするのではなく、垂直に軽く押さえて吸着させるのがポイントです。

このとき、皮脂だけではなく、浮いてしまっているファンデーションも一緒に吸着されます。

2.ナールス ヴェールを薄く均一に塗ります。

3.その上からファンデーションを塗ります。

ファンデーションにもUVカット効果があるものがお勧めです。

ナールス ヴェールをTゾーン、目元、口元など、メイクが崩れているところ中心に塗り直し、お全体にUVカット効果があるファンデーションを塗る。

というのが、外出先で一番現実的かつ効果的な塗り直し方法だと考えます。



塗り直しのタイミングは?



続いて、塗り直しの回数やタイミングについて。

デスクワークなどで1日エアコンのきいた部屋にいる場合は、お昼に1度塗り直せば十分です。

ランチ後のお化粧直しのときがちょうど良いのではないでしょうか。

外出している時間が多い方は、2時間おきくらいに塗り直すのがベストです。

とくに、10時〜15時は紫外線が最も多い時間帯なので、その時間帯に外出する前には必須です。

ずっと外に居る場合は、「偶数の時間になったら塗り直す」などの、自分内ルールを決めておくと良いと思います。



「UV化粧下地」というのがポイント





ナールス ヴェールは、単なる日焼け止めではなく、化粧下地というのが、塗り直しの壁を低くしてくれます。

日焼け止め → 化粧下地 → ファンデーション

ではなく、

ナールスヴ ェール → ファンデーション

このひと手間が無いというのが、塗り直しをこまめにしやすいポイントではないでしょうか?

それでも「塗り直しは正直面倒だな」と思うかもしれませんが、周りにいる同世代の女性よりも美しい素肌になることを想像して、ぜひ実践してくださいね!(^^)!

なお、今回ご紹介したのは、あくまで一例ですので、「こんな場合はどうするの?」ということがありましたら、ぜひご質問ください!



ナールスからのステキなお知らせ



さて、メイクつながりで、ナールスからステキなお知らせがあります☆

先日、トータルビジュアルプロデューサー・メイクアップアーティストMANAMIさんとナールスがコラボして、お肌悩み別のメイク術動画を撮影しました!

MANAMIさんのプロフィールや活動内容はこちら

ほうれい線、たるみ、シミなど、動画は全部で12本あり、1本目を4月半ばに公開できる予定です。

その前に、まずは、4月1日(月)のエイジングケアアカデミー編集部ニュースにて、メイク動画のメイキングストーリーをご紹介いたします。

ぜひお楽しみに!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2019年 03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事