2019年10月

★ナールスマガジン★ 美肌になりたい方にオススメの秋の食べ物は?

2019年10月31日
こんにちは!

エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンです。

ナールスピュアのリニューアル後、
多くのお客様から「前のピュアよりも潤う」というお声をいただいております。

一方、一部のお客様から「前のピュアの方が潤ったような気がする」
というご意見をいただくことがありました。

そこで、「本当のところはどうか?」ということで調査を実施しました。

▼その結果は、こちらからご覧いただけます
PureとPure+ 新旧ナールスピュアの保湿力を調査!

さて、これから冬の乾燥肌の季節へ向かう中、
一層、エイジングケアを強化したいですね。
そんな季節、体が冷えてむくんでしまうリスクも。

ということで、今週のナールスチャンネルは、「これからの時期に備えて!むくみの仕組みと解消法」。

▼動画の視聴はこちらから
「これからの時期に備えて!むくみの仕組みと解消法」


━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 知って得する!
 納得のエイジングケア講座 第215回
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、
「令和の秋のエイジングケアを考えよう」をシリーズで連載中。

前回は、「10月10日は『目の愛護デー』。目や目元の老化対策!」
をお届けしました。

第5回目の今回は、「秋の美肌の食べ物と栄養素」をお届けします。


───────

秋に旬を迎える食材の中には美肌対策に有効なものがたくさんあります。
美肌のためにおすすめの食材と美肌効果をご紹介します。


-----------------------------------------
★キノコ類
-----------------------------------------

しめじ、まいたけ、しいたけ、
えのきなどのキノコ類には
食物繊維が豊富に含まれています。

だから、腸内環境を整え便秘などによる肌荒れ予防にピッタリ。

また、キノコ類にはビタミンB1、B2、
ビタミンDなどのビタミン類や、亜鉛、銅などのミネラル類などが豊富。

さらに、免疫機能を高めると言われているβ-グルカンの豊富で低カロリー。
美肌とダイエットにぜひ、摂りたいですね。

ただし、キノコ類は油を吸いやすいため、
カロリーが心配な方は料理の際の油の量に注意してくださいね。


-----------------------------------------
★野菜
-----------------------------------------

●さつまいも
さつまいもは、腸内環境を整える食物繊維が豊富。
キノコと同じく便秘による肌荒れの予防に効果的です。

さらに、抗酸化作用の強いビタミンCや
糖の代謝を助けるビタミンB1も豊富。
シミやくすみなどが気になる方、
美肌を目指す方はぜひ積極的に摂りましょう。


●かぶ
カルシウムや鉄、カロテン、ビタミンCなど
美肌に効果的な栄養素がたっぷり。
葉の部分も緑黄色野菜としてターンオーバーの正常化に役立ちます。


●里いも
里いもには、むくみの予防が期待できるカリウムが豊富。

また、抗酸化作用が強くコラーゲンの
生成にも欠かせないビタミンCも多く含まれています。

さらに、食物繊維も豊富なため、
便秘解消など腸内環境を整えるのにも一役買ってくれるでしょう。


-----------------------------------------
★果物・種実類
-----------------------------------------

●柿
粘膜を正常に保つビタミンAや
抗酸化作用の強いビタミンCなどが豊富。

また、干柿はβ-カロテンやカリウムが豊富になるため、
むくみ解消に効果が期待できます。


●ぶどう
抗酸化作用の強いアントシアニン(ポリフェノールの一種)が豊富。
活性酸素を除去して肌の酸化を防ぐことが期待できます。


●梨
美白効果のあるアルブチンや
女性ホルモンのはたらきを整えるホウ素などが豊富。
また、カリウムも豊富なのでむくみなどにも効果があります。

さらに、疲労を回復してくれるアスパラギン酸なども含まれています。


●りんご
食物繊維が豊富で、腸内環境を整える効果で肌荒れ予防が期待できます。

また、抗酸化作用の強いポリフェノールも豊富なので、
お肌の酸化が気になる方にもおすすめです。

さらに、カリウムも豊富に含まれるため、
むくみ解消の効果も期待できます。
からだを温めるので、秋や冬にぜひ、摂りたい果物です。


●栗
栗の渋皮の部分には、ポリフェノールの一種であるタンニンが豊富。
体や肌の酸化予防に効果的です。
さらに、抗酸化作用が強く美肌に効果的なビタミンCも豊富です。


-----------------------------------------
★魚介類
-----------------------------------------

●鮭
最近ではスーパーフードとして認識されるようになってきた鮭も秋が旬。
強力な抗酸化作用を持つとされるアスタキサンチンが豊富。
アスタキサンチンの抗酸化作用は、
ビタミンCの6000倍、ビタミンEの1000倍などとも言われています。

さらに、鮭の皮の部分にはコラーゲンも豊富。
美肌のためにぜひ摂りたい食べ物です。

ちなみに、保湿に加え、お肌のハリや弾力を
保つはたらきをするプロテオグリカンは、
鮭の鼻軟骨から抽出されます。


●サンマ
粘膜を正常に保つビタミンAやビタミンB群、
ビタミンD、不飽和脂肪酸などが豊富。

そのほか、カルシウムや鉄分なども含まれています。

血糖値を下げる、血液をサラサラにする、貧血を予防するなど、
健康維持にも効果があります。


●サバ
近年サバ缶がブームになっていますが、
サバも美容によい秋が旬の食材の一つ。

EPAやDHAなどの不飽和脂肪酸が血流を改善して、
血管に詰まったコレステロールを取り除くほか、
基礎代謝アップも期待され、健康や美肌への手助けをしてくれます。

さらに、中性脂肪を減らす効果もあると言われているため、
ダイエットしながら美肌をめざす方にもオススメ。

良質なたんぱく質が含まれているため、美肌づくりにも効果的です。

この秋、スキンケアやエイジングケアに加えて、食べ物でも美肌を目指しましょう。


───────


秋に旬を迎える食べ物の中には、美肌対策に役立つものがいっぱいです。

美肌になりたい方やエイジングケアをしたい方は、
秋が旬の食べ物を積極的に摂ることをオススメします。

秋は肌に夏のダメージや疲れが残っているため、過度なスキンケアは禁物。

だからこそ、秋が旬の食べ物を意識的に取り入れて、
からだの中からケアをしていく必要があるのです。

秋に旬を迎えるさつまいもやさんま、鮭、
柿などをはじめとした食材には、
抗酸化作用や血行促進作用のあるものや、
むくみやくすみなどに効果的なものが豊富。

旬の食材は価格も安くて栄養価が高いので、
積極的に取り入れていきましょう。


★次回は、
「秋の乾燥肌対策に美容オイルは良いの?」をお届けします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

PureとPure+ 新旧ナールスピュアの保湿力を調査!

2019年10月25日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

今週の火曜日は「即位礼正殿の儀」が行われましたね。
祝日だったので、お休みの方もいらっしゃったと思いますが、TVなどでご覧になりましたか?

私は、朝の8時からずっとNHKを見ていました。
途中、お昼ごろに主人の実家に行き、義母と二人で、やはりNHKを引き続き見ながらお昼ごはんを食べました。

一生のうちに何度も見られるものじゃない特別な儀式を、テレビとはいえリアルタイムで見ることができて、嬉しいというか、なんだか有難かったです。

とにかく、これで新しい天皇陛下の即位を国内外に宣言したということですね。

さて、新しくなった繋がりで、2017年7月にナールスピュアをリニューアルしてから約2年が経ちました。

「ちょっと情報が古すぎるのでは?」と思われたでしょうか??

リニューアル後、多くのお客様から「前のピュアよりも潤う」というお声をいただいておりますが、実は、一部のお客様から「前のピュアの方が潤ったような気がする」というご意見をいただくことがありました。

ここで、改めて成分の観点から変更点をおさらいすると、リニューアルしたことで、増えた成分と減った成分があります。

<減った成分×1>
界面活性剤(PEG -20 ソルビタンココエート)

<増えた成分×3>
・高浸透型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)
・弘前大学発エイジングケア化粧品成分プロテオグリカン
・水性保湿油ウィルブライドS-753

界面活性剤が無くなり、保湿力のある成分が追加配合されたので、理論的にはリニューアル後の方が、保湿力が高くなっているはずなのです。

でも、保湿感の感じ方がお客様によって異なっていた為、ナールスピュアの製造販売元であるサラウィン株式会社様にご協力いただき、新旧ナールスピュアに関する保湿感の違いについて、調査を実施しました。



すごい機器を使った調査





今回、サラウィン株式会社様のルートで、皮膚の油分・水分・pHの高度な測定が可能な、すごい保湿測定器を使用して調査してもらいました。

さらに、「疑似皮膚シート」という、皮膚に似た吸水性のあるシートによる測定と、被験者3名(20〜40代)の感覚による調査を約1カ月にわたって実施しました。



新旧ナールスピュアの保湿力の違いは?





◆疑似皮膚シートによる調査結果

24時間後、7日後、14日後、28日後の4種類の保水率(どれだけ水分が残っているか)を調査した結果、リニューアル後のナールスピュアの方が保湿(水分)が高い数値が測定されました。

24時間後:新ピュアの方が高い数値

7日後:新ピュアの方が高い数値

14日後:新ピュアの水分の数値は確認できたが、旧ピュアの方は水分の確認がとれなくなりました。

28日後:どちらも水分の確認がとれなくなりました。

◆被験者3名の感覚による調査結果
3名とも「新ピュアの方が保湿感が高い」と回答。
ただし、1名だけ、塗った直後は旧ピュアの方が保湿感があると回答。



なぜ塗った直後は旧ピュアの方が保湿感があると感じたのか?



旧ピュアを使用したことがあるお客様なら、わかっていただけるかもしれないのですが、
たしかに塗った直後は旧ピュアの方が保湿感があるように感じるかもしれないです。

その理由として考えられることは、界面活性剤の「PEG-20 ソルビタンココエート」に、わずかに粘り(粘性)があり、塗った直後に浸透せず、お肌の上に残っている感じが保湿(うるおい)だと感じているということです。

PEG-20 ソルビタンココエート自体に保湿力があるわけではありませんので、そう感じただけという可能性が高いのではないでしょうか?

今回の調査で、新ピュアの方が保湿率も保湿の持続性も高くなったということが確認できたので、もしも「前のピュアの方が潤ってた気がする」「本当に保湿力上がったの?」と、密かに疑問に思っていらっしゃった方は、安心して新しいピュアを使ってくださいね。


<<ピュアが当たるクイズのお知らせ>>

今月のエイジングケアクイズの当選商品はエイジングケア化粧水「nahls Pure+(ナールスピュア)」です!

▼ご応募はこちらから!(締切は10月31日(月)午後5時まで)

10月のエイジングケアクイズにチャレンジする



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

秋こそ必須のスキンケアアイテムとは?

2019年10月18日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

10月も後半になり、日に日に気温が下がってきていますね。
朝の出勤時と、会社から帰る頃は、「さむっ」と思うくらいです。

気温だけではなく、湿度もお彼岸が過ぎたころから日に日に下がってきている実感があります。なんとなく夕方くらいになると口回りの皮膚が乾くような…

でも、まだ水を沸騰させるタイプの加湿器を使うほどでもないかな。ということで、最近新しいグッズを購入しました。

素焼きの加湿器です!



コリラックマの頭のうしろから水を入れるだけで、コリラックマの体全体から水分が自然に蒸発して空気を加湿してくれるんです。



加湿という機能に加え、この見た目の可愛さに毎日癒されています。

さて、この加湿器選びのように、スキンケアにおいても、「真冬のようなひどい乾燥対策をするほどでもないけど…」という今くらいの時期にお勧めなのアイテムがあります。

それは、2種の保湿成分がバランス良く配合されている美容液です。

保湿成分には、水溶性成分と油溶性成分があり、水溶性の保湿成分は、主に角質層で水分を保持します。一方、油溶性成分は、肌表面から水分の蒸散を防ぎます。

秋も深まってくると、バリア機能が低下しつつあるので、「水分保持」と「水分の蒸散を防ぐ」ことの両方をしっかりと取り入れることが大切なんです。

だから、秋の乾燥肌対策のためには、この両方をたっぷりバランスよく配合した美容液をお勧めいたします。



秋にお勧めの美容液は?





秋にお勧めの美容液は、やっぱりナールスネオです。
水溶性の保湿成分と油溶性の保湿成分をバランスよく配合しています。

<水溶性成分>
プロテオグリカン、9種のアミノ酸(ヒドロキシプロリン、グリシン、アラニン、プロリン、セリン、アルギニン、リシン、グルタミン酸、トレオニン)などを配合。

ちなみに、9種のアミノ酸とその代謝物であるPCA-Naを配合して、表皮の角質層にある保湿やバリア機能を担う大切な成分であるNMF(天然保湿因子)の構造に近い成分設計になっています。

<油溶性成分>
6種のヒト型セラミド(NG、NP、NS、EOS、EOP、AP)、スクワランを配合。
※セラミドは油溶性成分ですが、水にもなじみやすい成分です。セラミドの保湿力のすごさについては、下の動画をご覧ください♪



セラミドの保湿力って?☆動画で3分間エイジングケア

水溶性・油溶性の保湿成分に加え、ナールスゲン、ネオダーミル、ビタミンA誘導体、APPS、金コロイド、レスベラトロールなど、エイジングケア成分が贅沢に配合されていますので、エイジングケア世代にはとても頼もしい1本です。

化粧水「ナールスピュア」→美容液「ナールスネオ」→保湿クリーム「ナールスユニバ」の順でご使用ください。

ナールスネオは、シワなどのエイジングサインが気になるところに部分使いするのが基本ですが、冬支度として今の時期は贅沢にお顔全体にご使用になっても良いかもしれないですね。

秋におすすめのエイジングケア美容液の選び方と使い方について、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧くださいませ。

秋におすすめのエイジングケア美容液の選び方と使い方

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2019年 10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事