2020年06月

コロナ禍で急増するマスクによる肌荒れ。原因と予防する方法は?

2020年06月26日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

まずはご案内です。

6月12日の店長ブログで、いちはやく皆さまにお見せしたアイケアメガネの新色【ブラウン】が入荷しました!

いろんなコーデに合わせやすい配色のフレームなので、とっても重宝すると思います。
ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

👉新色のブラウンを含む、透明レンズのUVカットメガネはこちらから

さて、新型コロナウイルス対策のため、3月ごろからマスクを着用する日々が続いています。

熱中症のリスクがあるため、人との距離が保てる場合はマスクを取り外したりもしていますが、電車の中ではマスクをせざるを得ないですよね。

梅雨真っただ中で、ただでさえムシムシするのに、マスクで口まわりが蒸れて、外気の湿度以上に蒸し暑さを感じます。

「マスクの中がムレて不快だな」という、気持ちの問題だけでおさまっているうちはまだ良いのですが、近ごろマスクによる肌トラブルが増えているようです。

エイジングケア化粧品ブランドのナールスとしては、「マスクによる肌荒れでお悩みの方のお役に立たなければ!」と考え、今日はマスクによる肌荒れ対策についてお伝えしようと思います。


マスクによる肌荒れの主な原因は3つ




1)マスクによる摩擦

マスクによる肌荒れとして、まず思い浮かぶのはこれではないでしょうか?

毎日のスキンケアのときに、「お肌を極力こすらない」ことが、美肌づくりのために大切だということは、みなさまよくご存知だと思います。

普段から摩擦レスを心掛けていらっしゃる方ならすでにおわかりだと思いますが、マスクをつけたり外したり、マスクをした状態で会話したりあくびしたりと、マスクを長時間着用していると、お肌とマスクの摩擦がいっぱいおこります。

とくに、不織布は線維が硬いので、より摩擦が起こりやすく、お肌を刺激しやすくなっています。

この摩擦によって角質がはがれ、バリア機能が低下し、ターンオーバーの乱れが発生し、お肌の乾燥を招いてしまいます。

2)マスクの中が蒸れる

ウイルス対策としてマスクを着用しているので、多くの方が使用しているマスクの素材は、目が細かく、内側に水分がこもりやすいです。

とくに、梅雨どきや夏になると、汗の量が増える分、マスク内の湿度は上がります。

湿度が高いことは、一見「お肌がうるおって良いのでは?」と思うかもしれませんが、実は乾燥のリスクが高いのです。

というのは、マスクの中の湿度が高い状態でマスクを外すと、水分が一気に蒸発します。

このとき、お肌にもともとある水分も奪いながら蒸発するため、急激に乾燥が進みます。

しかも、マスクをつけたり外したりを繰り返すと、蒸れと乾燥を繰り返すことになり、よりお肌にとってはストレスになります。

そんなお肌状態でマスクの摩擦が加われば、当然お肌は荒れやすくなってしまいます。

また、マスクの中の蒸れた状態は雑菌が繁殖しやすく、摩擦や乾燥と相まって、ニキビの原因にもなります。

3)素材によるかぶれ

使い捨てマスクに使われる不織布は、一般的にポリプロピレンやポリエステルなどの合成繊維が使われていて、この合成繊維を重ねて熱や接着樹脂で結合しています。

この不織布や、耳にかけるゴム部分があたって、肌荒れやかぶれを起こす人もいます。


マスクによる肌荒れを予防する方法は?





1)お肌にやさしい素材で、通気性の良いマスクを選ぶ

マスクをするからには、どうしてもムレと摩擦はさけられません。

そのため、お肌にやさしいオーガニックコットンやガーゼ、シルク混素材などでできたマスクを選び、ムレや摩擦を極力減らしましょう。

不織布マスクを使用する際は、マスクとお肌が触れ合う部分にガーゼなど柔らかい布を挟めば、刺激は減らせます。

ただし、あまりに厚い布を挟むと熱がこもりやすいため、熱中症のリスクが高くなるので注意が必要です。

2)自分の顔のサイズに合ったものを選ぶ

マスクは小さ過ぎると締め付けにつながり、大き過ぎるとずれやすくなり、どちらもお肌への刺激が大きくなりがちです。

ご自身のお顔のサイズに合った、最適なサイズと形を選びましょう。

3)基本のスキンケアで清潔&保護

「マスクによる肌荒れを防ぐためには、いつも以上にたくさんのアイテムを使って、しっかりお手入れしなければ」と、考えてしまいがちですが、その必要はありません。

むしろ、たくさんのアイテムを使うことで、手とお肌の摩擦が増えてしまいますし、与えすぎることにより、お肌がふやけてバリア機能が低下するリスクもあります。

こんな時こそ、基本のスキンケアである「清潔」「保湿」「紫外線対策」を正しく行うことが大切です。

ストレスに負けない強い素肌づくりが、マスクによる肌荒れ予防になるのです。


注意点としては、お肌への刺激や摩擦を減らすために、できるだけアイテムは少なくすることと、・こすらないようにプレスしてお手入れをすることです。

なお、アイテムを少なくする分、一つ一つのアイテムの保湿力が高いものが良いです。

また、クレンジングや洗顔は、刺激が少なくて、お肌に優しい成分の入っているものを選びましょう。

▼続きはこちらの記事でご覧ください。
「マスクによる肌荒れ・肌ダメージを防ぐ!選び方と使用時のスキンケア」

そもそもマスク着用の目的は、飛沫を防いで感染を広げないことなので、通気性を求め過ぎると、本来の目的が果たせず、本末転倒になってしまいます。
 
感染リスクが高い状況と、人との距離が保てる時とで、マスクの種類を使い分けるなど、コロナが収束するまでの間は、感染予防と肌荒れ防止と熱中症対策の優先順位を考えて、臨機応変にマスク生活を送っていきたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」をよろしくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

★ナールスマガジン★ 夏のクレンジング 選ぶポイントはコレ!

2020年06月25日
こんにちは!

エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 知って得する!
 納得のエイジングケア講座 第232回
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回から、
新シリーズ「夏のスキンケアとエイジングケア」をスタート。

第2回目の今回は、「夏のクレンジングのポイント」をお届けします。

夏は高温多湿で乾燥肌のリスクは減りますが、
肌老化のリスクが高くなります。

その最大の原因は、紫外線ダメージです。

強い紫外線でメラニンが過剰にできてシミ・ソバカスが目立ったり、
紫外線ダメージによって、メイクや日焼け止めが酸化しやすくなります。

また、皮脂分泌の量が増えることで、
毛穴の開きや角栓、いちご鼻のリスクもあります。

さらに、汗を大量にかくことでpHが急変して、
皮膚常在菌のバランスが崩れることもあります。

だから、夏に使うクレンジング料は、

●メイクや汚れが確実に落ちること
●酸化を防ぐこと

このの2つが大きなポイントです。

特に、『毛穴汚れをしっかり落とせること』は大切なポイントです。

そんな毛穴の汚れには、
クレイ(軟質多孔性の海泥)などの吸着力がある成分がおすすめ。
なかでもタナクラクレイは、備長炭の数十倍の多孔質で、
毛穴の小さな汚れも落とせます。

また、アーチチョーク葉エキスは、
その成分「シナロピクリン」のはたらきで、様々な毛穴汚れを防ぎます。

そして、酸化を防ぐには、金コロイドやコエンザイムQ10、
フラーレンなどの抗酸化成分がおすすめです。
なかでも金コロイドは、半永久的に抗酸化力を発揮する稀な成分です。

一方、夏は冷房やエアコンが乾燥肌の原因になることがあります。
なぜなら、外から部屋に入った時の急激な温度変化、
部屋の乾燥、吹き続ける冷風の影響によって、
お肌の角質層の水分が蒸発してしまうからです。

そのため、毛穴の汚れを落とせることと酸化を防ぐことに加えて、
『お肌に優しいこと』も大切なのです。

だから、クレンジング料はアミノ酸系がおすすめです。

また、クレンジングにとって不要な合成着色料、
合成着色料、PGなどの刺激成分がふくまれていないクレンジング料もおすすめです。

こうした条件は、皮膚常在菌のバランスを保つためにも有効です。

▼そんな夏にクレンジングの条件を満たすアイテムならコレ!
夏におすすめのクレンジング


最後に、クレンジングの際は「必要な皮脂まで取らないよう」、
注意してケアしてくださいね。


★次回は、
「夏でも怖い!インナードライ肌の対策は?」をお届けします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

日焼け止めは正しく使わないと効果半減!使い方動画を撮影しました

2020年06月19日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

先週の店長ブログでお伝えした、洗えるUVカットマスクが届きました!

6月12日(金)に帰宅したらポストに届いていたので、早速6月13日(土)から毎日使っています。

今まで使っていた不織布マスクに比べて、息がしやすく、肌触りもやわらかくて、とっても快適になりました。

つけ心地はもちろん、なんといってもUVカット効果が嬉しいです。

以前は仕方なくマスクをつけていたようなところがありますが、今は、紫外線カット効果があるので、むしろ積極的につけています。

こんなふうに、目の下ギリギリのところまでマスクがくるようにして、目元のシワ予防を期待しています。



さて、マスクで目の下ギリギリまでカバーできるとはいえ、マスクから上の部分や耳の横あたりなど、お肌が露出している部分も多くあります。

そのため、やはり日焼け止めは必須ですよね。

私はもちろん、エイジングケアUV化粧下地「ナールス ヴェール」を毎日使っています。

「ナールスヴェールという商品をはじめて聞いた」という方のために、簡単に特徴をお伝えします。



ナールスヴェールはどんなUV化粧下地?





・SPF40&PA+++で、一年中、日常生活や外出時の紫外線をしっかりカット
・敏感肌の方にもオススメのノンケミカル&ノンパラベン。お肌に優しい処方です。
・独自処方の肌色で白浮きしない
・ノンオイリー処方で、ベトベトしない軽いつけ心地
・ウォータープルーフ処方で、汗や水に強い
・ナールスゲン&油溶性ビタミンC誘導体(VCIP)配合でエイジングケアもできる
・スクワランやグリセリンなどの保湿成分配合でうるおいをキープ

伸びがよく、お肌に優しく、軽いつけ心地で、SPF40&PA+++という高スペック。
さらにエイジングケア効果まである、非常に優秀なUV化粧下地です。


ぜひ、夏の紫外線対策に使っていただきたいアイテムです。



日焼け止めは正しく使わないと効果半減



ナールスヴェールのように、どんなに良い商品でも、正しく使わないと、本来の効果が発揮できません。

これは、化粧下地だけではなく、すべての化粧品に言えることです。

ナールスでは、各製品を正しくお使いいただくために、使い方動画をご用意しています。

ですが、ナールスヴェールの使い方動画はありませんでした。

そこで、6月13日(土)に撮影しました!(←どうでもいい話ですが、UVカットマスクを初めて着用した日です。)

当日の撮影風景を少しお見せします。





こんなふうに、ナールスヴェールの使い方以外にも、いろんな動画を撮影しました。

ちなみに、写真に写っているモデルさんは、中川ゆう子さんです。

すっぴんで撮影に臨んでくださいました。日頃からナールスをご愛用いただいていることもあり、40代半ばとは思えない美肌でした☆

ナールスヴェールの使い方動画には、白山真希さんが出演してくださっています。

<中川ゆう子さん、白山真希さんが登場する記事はこちらから>

👉紫外線・近赤外線をカットするアイケアメガネを40代美女が試着

👉40代美女3名が実践する毛穴ケア!3つの法則

現在大急ぎで編集作業をしてもらっているところですので、完成しだいナールスコムの使い方ページにアップいたします。

それまでの間は、こちらの記事で正しい使い方をチェックしてみてくださいね。

「日焼け止めは正しい塗り方と使い方が大切!紫外線をカットするコツ」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」をよろしくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2020年 06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事