2021年04月

お肌がコゲる?エイジングケアの大敵「糖化」を防ぐ方法とは?

2021年04月30日


みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

突然ですが、あることがきっかけで、ふと思い出したのですが、

私が子どもの頃、「コゲたものを食べたらガンになる」と、母から言われたことがあります。

なぜそんなことが言われていたのかというと、きっと、コゲには発がん物質が入っているからだと思います。

ただ、入っていると言ってもごくごく微量です。

どれくらい微量かというと、一日3食、山盛りのコゲを365日食べ続けるとガンになるかもしれない、というくらいの量です。

普段の食生活で、例えば焼き魚のコゲや、少し焼きすぎた食パンを食べても、そのコゲが原因でガンになることは考えにくいです。

だから、あまり気にしなくて大丈夫ということで、今はほぼ聞かなくなりました。

でも、別の角度から考えると、コゲたものを食べるのは避けた方が良いです。

冒頭で「あることがきっかけで、ふと思い出した」と書きましたが、あることというのは、「AGEsの多い食べ物をたくさん摂ると、糖化が進む」ということです。

コゲのある食べ物は、AGEsが多い食べ物です。



糖化とは?AGEs とは??





みなさま「糖化」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

10年ほど前に、美容業界で「抗糖化」がちょっとしたブームになったので、ご存知の方も多いかもしれませが、糖化というのは、余分な糖とからだの中のたんぱく質が結びつき、体温でじわじわ加熱されてAGEsという老化物質がつくられる反応のことです。

AGEsという物質は分解されにくく、からだの中に蓄積していきます。

例えば、このAGEsが真皮のコラーゲンに蓄積すると、肌の弾力が失われて、しわやたるみ、黄ぐすみに発展します。

エイジングケア化粧品でお肌の糖化をある程度予防することは可能ですが、残念ながら改善することはできません。

抗糖化の成分も登場していますが、あくまで予防美容的な位置づけです。

ではどうすれば良いかというと、一番は、食事を中心に日常生活を見直すことです。

具体的な対策は、「糖化はからだや肌の老化の原因!健康と美肌のための対策の基本」をご覧ください。

この記事をご覧いただいたうえで、もう一つご紹介したいのが、5月のナールスオンラインセミナーです。

◇テーマ:老化の原因である「糖化」を防いで、内側から若々しく!
◇日時:5月16日(日)11時〜12時
◇参加料:無料


管理栄養士の山下桃花さんを講師にお迎えして、「糖化」を予防する食事の摂り方や、カラダの中からコラーゲンを守る方法についてお話しいただきます。

内側から若々しさをキープするためにも、ぜひご視聴ください!

詳細・お申込みはこちらから
↓↓↓
ナールスオンラインセミナー「老化の原因である「糖化」を防いで、内側から若々しく!」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」をよろしくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

ナールエイジングケアアカデミーの目の老化関連記事ご紹介

2021年04月28日
ナールエイジングケアアカデミーでは目の老化とそれが原因の病気の記事があります。肌は気にしても目のことはわからないという人も。今回のブログでは、加齢黄斑変性症とその原因となる高エネルギー可視光線(HEV)について、ナールエイジングケアアカデミーから関連記事を3つご紹介しまます。

目の老化の原因とアンチエイジングとエイジングケアの基本



目の老化の原因とアンチエイジングとエイジングケアの基本のご紹介です。
目はエイジングとともに老化し機能が低下します。
たとえば、白内障や加齢黄斑変性症が目の老化による病気です。
しかし、目のアンチエイジングを意識した日常生活を送ることで予防が可能です。
この記事では、目の老化の原因と病気、アンチエイジングの基本となる食べ物・栄養素、サプリメント、マッサージなどをご紹介します。

また、目の老化を予防するアイケアメガネをご紹介しています。

<目の構造>



加齢黄斑変性症とは?原因・症状と対策や治療法



加齢黄斑変性症とは?原因・症状と対策や治療法のご紹介です。
加齢黄斑変性症は最近よく聞く目の病気。
加齢にともない、モノを見る際に大切なはたらきをする黄斑という組織がダメージを受け、視力低下や視野が欠けてしまうなどの症状を引き起こします。
この記事では、加齢黄斑変性症の原因、症状、検査、治療、予防法をご紹介しています。
中でも最近、加齢黄斑変性症の原因として注目されているのが高エネルギー可視光線(HEV)です。

<加齢黄斑変性症の検査で使うアムスラーチャート>



高エネルギー可視光線(HEV)は目の老化の原因!メガネでカットが大切



高エネルギー可視光線(HEV)は目の老化の原因!メガネでカットが大切のご紹介です。

HEVとは、高エネルギー可視光線。
HEVとは、High Energy Visible lightの略。
400nm〜420nmの帯域の紫色の光。目の老化による白内障や加齢黄斑変性の原因の1つです。

だから、HEVをアイケアメガネでカットすることが目の老化や病気を防ぐ上でとても大切です。

このナールスエイジングケアアカデミー編集部ニュースでは、HEVとは何かと目を守るアイケアメガネをご紹介しています。
また、日傘やつばの広い帽子で有害光線をカットする方法もご紹介しています。

まとめ


肌の老化は気にしても目の老化までは・・・。という方も多いのではないでしょうか。
エイジングとともに目は老化して近視や遠視になりますが、もっと怖いのは白内障や加齢黄斑変性症です。
なぜなら、眼の見え方が普通の近視や遠視以上にひどくなるから。
ぜひ、目の老化も抑えるような日常生活を心がけましょう、

★ナールスマガジン★ 春夏のエイジングケアで使いたい「ナイアシンアミド」

2021年04月28日
こんにちは!

エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 知って得する!納得のエイジングケア講座 第253回
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、「春のエイジングケア」をシリーズでお届けしています。
前回からこの講座は、動画でお届けしています。
前回、第3回のテーマは、「春の毛穴ケアはクレンジングジェルで!メリットとデメリットは?」をお届けしました。

今回、第4回は「春から夏にかけてエイジングケアにぴったりのナイアシンミド」お届けします。

★「知って得する!納得のエイジングケア講座」は、動画でお届けしています。
次回は、春のエイジングケアシリーズ第5回。
「ナールスゲンをもっと知って春のエイジングケアに役立てよう!」をお届けします。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2021年 04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事