カテゴリー: エイジングケア化粧品

冬に実践したい内側からの保湿

2019年01月20日
こんにちは!


エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 知って得する!
 納得のエイジングケア講座 第194回
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、新シリーズ「冬のスキンケア対策」を連載中です。
3回目の今回は、「冬に実践したい内側からの保湿」です。



内側からの保湿と言えば、
大切なのはもちろん食べ物や飲み物です。

1.乾燥肌を防ぐ栄養素を摂ること
2.からだを温める食べ物や飲料を摂ること

の2つが大切です。


まず、乾燥肌を防ぐ栄養素の基本は次のとおりです。

●良質のたんぱく質、ビタミン類、ミネラルを摂る

●ビタミンA、B、C、Eなどのビタミン類、亜鉛や鉄などを積極的に摂る

●野菜を中心に「赤」「黄」「緑」「紫」「黒」など、
色の濃い食べ物を選ぶ

●こんにゃく、しらたき、黒ごま、黒豆、小豆、
ひじき、わかめ、ごぼう、米(米ぬか)、
小麦胚芽、牛乳などからセラミドを摂取する

この中で少し気をつけたいのが野菜。

なぜなら、野菜にはからだを冷やすものと
温めるものがあるからです。

もちろん、冬はからだを温める野菜が
からだの内側からの保湿のためには大切です。

オススメは、しょうが、にんじん、ねぎ、
たまねぎ、ごぼう、れんこん、かぼちゃなどです。

見分けるポイントは、寒い地方で獲れること、
根菜、主に黒、赤、黄の野菜であることです。

また、フルーツなら冬が旬のリンゴがおすすめです。

飲物もハーブティやニンジンジュース、
リンゴジュースはおすすめです。

しかし、コーヒーや緑茶はアンチエイジングには良いのですが、
カフェインなどでからだを冷やすので、
飲み過ぎには注意しましょう。

冬は、上手に内側かからの保湿もしっかり行ってくださいね。


★次回は、
「冬の紫外線対策」をお届けします。


ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

LINE@はじめました!!

2017年03月15日
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。


LINE@はじめました!

エイジングケア化粧品「ナールスコム」は、LINE@をはじめました。

お友だち登録で、お得な情報と美肌情報をお届けします!

今なら「友だち登録」で、300円クーポンプレゼント!

今なら「友だち登録」で、ナールスコムで使えるクーポンをプレゼントします!

登録後に送信されるメッセージに書かれたクーポンコードをご利用下さい!

※クーポンの使用条件やご注意事項は通知されるメッセージにてご確認ください。

キャンペーン情報やお得なエイジングケア化粧品情報を、真っ先におしらせします!

LINE@限定のクーポンやお得な情報も登場予定☆

ぜひ、お楽しみに♪

登録方法はカンタン!

※スマートフォンに【LINE】がインストールされている必要があります。

1.QRコードから





スマートフォンでQRコードを読み込んでください

2.ID検索から



「友だち追加」からIDで検索。



※画面はイメージです。

3.友だち追加ボタンから



スマートフォンで、下記のボタンから友だち登録をお願いします!

友だち追加

友だち登録、お待ちしております!(^^)!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

ナイアシンは、皮膚がんのリスクを下げる!?

2016年09月13日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

エイジングケアで、大切なビタミン類。


エイジングケア講座のバックナンバーでも、ビタミンをシリーズで取り上げています。


2015年に「ニコチンアミド(ナイアシン=ビタミンB3)のサプリメントが、

皮膚がんのリスクを下げる可能性がある」という研究報告が出たので、ご紹介します。




2015年の米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次集会で発表された内容です。

オーストラリア・シドニー大学皮膚科からの研究報告です。

ナイアシン(ニコチンアミド)の皮膚細胞への良い影響は、既に知られていることでした。

本研究では、

過去5年間に2種類以上の非黒色腫皮膚がんを患った患者さん400人近く(平均66歳、男性が2/3)

を対象に臨床研究を行いました。

対象者の半数はニコチンアミドを1日2回、1年間服用し、残り半数はプラセボ(偽薬)を服用しました。

その過程で、皮膚科医が3ヵ月ごとにがん検診をした結果、

●ニコチンアミドを服用した患者さんは、

1年間の研究期間終了時の新規非黒色腫皮膚がんの発症率が、

プラセボを服薬した患者さんよりも23%低かった。

●ニコチンアミドを服用した患者さんは、

がんになり得る皮膚の厚い鱗状の斑も3ヵ月で11%、9ヵ月で20%減少した。

(ただし、12ヵ月後に服用をやめると、その効果がなくなった)

とのことです。




研究者たちは、「現段階では、この成分の摂取を一般集団に推奨するものではない」と話しています。


まだまだ研究の途中なので、このデータだけでははっきりしたことは言えないからです。

オーストラリアは、紫外線の影響で皮膚がんの多い国です。

まだ、十分なデータでは無いようですが、もしニコチンアミドのサプリメントで皮膚がんのリスクが減るなら大
きな福音ですね。


<学会アブストラクトはこちらに掲載>
抄録はこちら



※学会や論文の情報に基づき、情報を要約してお知らせしますが、必ずしも有効性や効果、安全性などを保証するものではありません。

その点、ご了承お願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
2019年 07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事