カテゴリー: ★ナールスマガジン★「納得のエイジングケア講座」

★ナールスマガジン★ 「秋の保湿」で一番大切なアイテムはなに?

2019年10月03日
こんにちは!

エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンです。

令和も10月に入って本格的な秋到来!
のはずが、夏のような暑さが続いていますね。

秋ですが、しっかり暑さ対策して、元気な毎日を過ごしてください。
さて、今回は、3つのご案内があります。

(1)お友だちご紹介制度スタート!

ナールスでは、10月1日から「お友達ご紹介制度」を開始しました。
お客様にもお友達にも、そして私たちや社会にとっても良い制度です。

▼詳しくは、下記をご覧くださいね。
お友だちご紹介制度


(2)日焼け止め&UV化粧下地「ナールスヴェール」のパッケージ変更

かねてから、「パッケージを柔らかくして欲しい!」
と改善のご要望をいただいておりました「ナールスヴェール」のパッケージ。
柔らかい素材に変更して使いやすくなりました。

内容成分や用量、価格に変更はございません。
10月1日の出荷分から新しいパッケージのものをお送りさせていただきます。
引き続き、ご愛顧宜しくお願い申し上げます。


(3)千葉テレビ「ビジネス共同参画TV」でナールスの化粧品が紹介されます。

2019年10月12日(22:30-22:45)(再放送:10月14日(12:30-12:45))で、
「ミス・スプラナショナル」の美を支える美容成分&スキンケアアイテムとして、
ナールスゲンやナールス化粧品が紹介されます。
東京や千葉など関東圏の方は、ぜひ、ご覧いただければ幸いです。

▼千葉テレビ番組表(*まだ番組表には、上記番組は掲載されていません)
千葉テレビ番組表


━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 知って得する!
 納得のエイジングケア講座 第213回
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、
「令和の秋のエイジングケアを考えよう」をシリーズで連載中。

第1回目は「秋枯れ肌って?原因と対策を考えよう!」
第2回目は「ご存知ですか?秋の紫外線が怖い理由」
をご紹介しました。

第3回目となる今回は、
「秋の保湿で最も大切なのは美容液!その理由は?」をお届けします。

───────

第1・2回目では、秋は乾燥肌や肌荒れなどの
リスクが高い季節であることをご紹介しました。
そのため、冬に向かう中でしっかり「保湿」を行って、
乾燥肌対策を行うことが大切であることをお伝えしました。

そんな秋の保湿で最も大切なのは美容液なのですが、
あらためてその理由をご紹介します。


-----------------------------------------
★秋に最も大切なのは「水分を保持する」こと
-----------------------------------------

ナールスエイジングケアアカデミーや
このメルマガでも何度か取り上げていますが、
スキンケアやエイジングケアの「保湿」のプロセスは3つあります。

それは、
●お肌に水分を与える(Give=ギブ)
●お肌の水分を保持する(Keep=キープ)
●お肌の水分の蒸発を防ぐ(Cover=カバー)

このなかで、秋に最も大切なのは、
「お肌の水分を保持する」ことです。

なぜなら、バリア機能の正常化にとって最も大切なことだからです。

夏のダメージでバリア機能が弱っている秋、
また、いまは大丈夫でも冬へ向かってバリア機能を高めたい秋。

そんな秋は、「お肌の水分を保持する」ことが最も大切なのです。


-----------------------------------------
★水分保持が最も得意なのが美容液
-----------------------------------------

美容液の多くは、水溶性成分と油溶性成分を
バランス良く凝縮したスキンケアアイテムです。

水溶性の保湿成分には、グリセリンやヒアルロン酸、
コラーゲン、アミノ酸などがあります。

一方、水分の蒸散を防ぐ油溶性の成分を
「エモリエント」と呼びますが、
スクワランやシアバターなどが代表的な成分です。

美容液には両方が凝縮しているものがたくさんあるのです。

そんなエモリエントの中で、
とてもユニークな存在が「セラミド」。

油溶性なのですが、水とも馴染みやすいのです。
だから、水分を挟み込むようにしっかりと
「保持」することが得意な成分なのです。

この保湿方法が、最も水分を保持する力が高いのです。
だから、セラミドを配合した美容液は秋のスキンケアでとても大切なのです。

ナールス化粧品に当てはめてみると、
エイジングケア美容液『ナールスネオ』になります。

6種もの人型セラミドを配合した秋の保湿にぴったりの美容液です。
https://www.nahls.co.jp/lpc/neo/

▼保湿のためのナールス製品(GIVE/KEEP/COVER早見表)はこちらをご覧ください。
ナールス製品保湿早見表


★次回は、
「10月10日は『目の愛護デー』。目や目元の老化対策!」をお届けします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 ヘルスケアに関するちょっとしたお話
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━

当社スタッフの本業は、
医学・薬学関連の事業のため、
日々、医学論文や医学会の発表などの
最新情報に触れています。

そんな中で、「これは!」という、
みなさまの健康づくりの
ご参考になるような情報があれば、
月1回、ご紹介していくコーナーです。

───────

今回は、
「海藻が心臓病の予防に役立つ」
という研究報告です。

ちょうど、先週のナールス公式ブログの“店長日記”で、
最近話題の「アカモク」が、
健康やダイエットに良いということをご紹介しましたが、
それを裏付けるような海藻ネタがありましたので、取り上げます。

▼「アカモク」についてはこちら
アカモクのブログ

海藻には、ミネラルやビタミン、可溶性食物繊維、
フラボノイドなどが含まれます。
これらの栄養素は、心臓病の予防に役立つことがわかっています。

しかし、海藻そのものを食べることと
心臓病の予防の関係は分かっていませんでした。

そこで、今回、筑波大学がこの関係を調べる研究を進めました。
結果は、栄養学の雑誌「The American Journal of Clinical Nutrition」に掲載されました。

研究は、40歳から69歳の男性4万707人と女性4万5,406人を対象に、
海藻を食べる量と脳卒中と虚血性心疾患(心臓病)の発症率の関係を調べ、
統計的に処理したものです。

主な結果は、

●男性で、海藻をほとんど食べないグループと
ほぼ毎日食べるグループを比べた結果、
ほぼ毎日食べるグループの虚血性心疾患(心臓病)発症のリスクが低かった。

●女性でも同じ傾向がみられ、
ほぼ毎日食べるグループの虚血性心疾患(心臓病)発症のリスクが低かった。

●しかし脳卒中でみてみると、
男女とも海藻をほとんど食べないグループと
ほぼ毎日食べるグループで発症率の差は認められなかった。

このことから、海藻が少なくとも心臓病の予防には役立ちそうですね。
もちろん、ミネラルやビタミン、可溶性食物繊維、フラボノイドは
美肌にもアンチエイジングにも役立つので、
海藻は積極的に摂りたいですね。


<こちらから論文の抄録が読めます>
論文の抄録

※学会や論文の情報に基づき、
 情報を要約してお知らせしますが、
 必ずしも有効性や効果、安全性などを
 保証するものではありません。
 その点、ご了承お願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

★ナールスマガジン★ 秋の紫外線が怖い理由

2019年09月19日
こんにちは!

エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンです。

9月も半ばを過ぎて、随分涼しくなりました。
ようやく過ごしやすくなってきましたね。
でも、これからもまだ台風の心配があります。

先週は、関東地方を襲った大型台風で被害を受けられた方もおられます。
また、停電や断水で、現在も生活に支障をきたされている方もいらっしゃいます。
まずは、台風15号により被災・避難された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

さて、10月1日から始まる増税に対する、
当社の消費税の取り扱いについてご案内申し上げます。
くわしくは下記をご覧ください。

「ナールスコムで注文した商品は、いつから消費税増税の対象になる?」

☆---------------------------------------☆
ナールス美肌メイクレッスン動画
☆---------------------------------------☆

メイクアップアーティストのMANAMIさんとのコラボで、
エイジングケア世代のお肌悩みをカバーできる
メイクのポイントを、動画で解説していきます。

今回はその第12弾で、最終回!
ご紹介するのは、
「50代のおでこや眉間のシワをカバーするメイク法」です。

▼記事&動画は、こちらからご覧いただけます。
50代のおでこや眉間のシワをカバーするメイク法


━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 知って得する!
 納得のエイジングケア講座 第212回
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回から新シリーズ、
「令和の秋のエイジングケアを考えよう」を開始しました。

第1回目は、
「秋枯れ肌って?原因と対策を考えよう!」をお届けしました。

第2回目の今回は、
「ご存知ですか?秋の紫外線が怖い理由」を解説します。


-----------------------------------------
★秋の紫外線量をチェックしよう!
-----------------------------------------

初秋の紫外線量は夏のピーク時と比べて
それほど小さくはなりません。

実際に気象庁のデータで年間の紫外線量を見てみましょう。



秋が進んでいけば、紫外線量はだんだん減っていきますが、
グラフを見るとわかる通り、9月の紫外線量は夏と大きく変わりません。

秋になり涼しくなると、紫外線ダメージを感じにくくなりますが、
それでも日焼け止めは必要です。


-----------------------------------------
★10月後半からの紫外線が怖い理由は?
-----------------------------------------

10月になると9月に比べて、紫外線量は減っていきます。
しかし、そんな時期に気をつけていただきたいのが、
「斜め横からあたる紫外線」です。



地球の自転の軸が傾いていることが理由で、
秋は夏よりも太陽の位置が低くなります。
だから、紫外線は斜めから当たるのです。

夏は上からの紫外線で、おでこや鼻、頬などが
紫外線ダメージを受けやすいのですが、

秋は、顔全体、そして首までもが
もろに紫外線のダメージを受けてしまうのです。

だから、10月以降も、顔やデコルテなど紫外線対策がとても大切なのです。


-----------------------------------------
★秋の紫外線対策を実践しよう!
-----------------------------------------

秋の紫外線対策を実践しよう!
ポイントは大きく分けて3つです。


1)秋も日焼け止めを使用すること!

秋でも日焼け止めはしっかりと使用しましょう。
秋の日常生活では、PA++〜+++、
SPF30程度で十分と紫外線対策ができます。
また、優しいノンケミカルの日焼け止めがおすすめです。

塗りムラがないように、必要十分な量をまんべんなく塗ることや、
こまめに塗り直すことも大切です。

もちろんオススメは、
ナールスゲン配合UV化粧下地&日焼け止め「ナールスヴェール」


2)日焼け止め以外でも紫外線対策!

日焼け止め以外にも、UVカット効果がある衣服や
サングラス等で秋の紫外線対策をすることもおすすめです。

目から入った紫外線が原因でお肌にダメージがあることや
近赤外線やブルーライトが目や肌に悪影響を与えます。

だから、斜めからの紫外線も吸収してカットできる、
光線を吸収するタイプのものがおすすめです。

紫外線・ブルーライト・近赤外線をカットする「アイケアメガネ」


3)秋の紫外線はアフターケアも大切!

秋でも紫外線のアフターケアは大切です。
さすがに、日焼けすることは少ないのですが、
知らない間にUVAのダメージは蓄積します。

だから、肌老化を防ぐためには酸化を防いでくれる
機能性の高いエイジングケア化粧品成分が
配合されているエイジングケア化粧品がおすすめです。

秋にオススメなのは、エイジングケア美容液「ナールスネオ」。

ナールスゲン、ビタミンA誘導体(レチノール)、
ビタミンC誘導体、レスベラトロール、
金コロイド、コエンザイムQ10、
エルゴチオネインなどの抗酸化成分で
紫外線のアフターケアにも、秋の保湿ケアにもピッタリの美容液です。
増税直前キャンペーンの対象商品ですよ♪


▼キャンペーンとコラーゲンの詳しい情報はこちら!
増税直前!お買い得キャンペーン


★次回は、
「秋の保湿で最も大切なのは美容液!その理由は?」をお届けします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

★ナールスマガジン★ 秋枯れ肌の原因と対策は?/増税直前お買い得キャンペーンのお知らせ

2019年09月05日
こんにちは!

エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンです。

令和もいよいよ9月に入りましたね。
残暑は続きますがもう秋がそこまでやってきています。

食欲、読書、行楽と秋は色んな楽しみの多い季節。

でも何といっても、私たちの生活の負担になるのが、
10月1日からの増税。

比率は、2%とわずかですが、
これから続くとやはり負担は大きくなりますね。

そんな増税前に、ナールスでは、9月30日(月)18時まで、
「増税直前お買い得キャンペーン」を実施中です。

▼くわしくはこちらから
増税直前お買い得キャンペーン

☆---------------------------------------☆
ナールス美肌メイクレッスン動画
☆---------------------------------------☆

メイクアップアーティストのMANAMIさんとのコラボで、
エイジングケア世代のお肌悩みをカバーできる
メイクのポイントを、動画で解説していきます。

今回は、その第11弾。ご紹介するのは、
「30代以上の悩ましいニキビ跡の赤みの消し方」です。

▼記事&動画は、こちらからご覧いただけます。
30代以上の悩ましいニキビ跡の赤みの消し方

☆---------------------------------------☆
ミス・スプラナショナル2019決定!
☆---------------------------------------☆

世界3大ミス・コンテストの1つ「ミス・スプラナショナル」。

ナールスは、スポンサー企業の1社として
「ミス・スプラナショナル2019東京神奈川大会」を後援していました。

その日本大会が去る8/25に行われ、その模様が、
千葉テレビの朝の情報番組「シャキット!」で紹介されました。

栄えあるミス・スプラナショナルに選ばれたのは、
東東京代表の竹中夏海さん。

竹中さんは、東京神奈川大会から日本大会に進出した方です。
世界大会はポーランド!頑張ってください!!

▼動画はこちらからご覧いただけます。
ミス・スプラナショナル2019東京神奈川大会



━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 知って得する!
 納得のエイジングケア講座 第211回
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━

さあ、季節は秋!

と言うことで、今回から新シリーズ
「令和の秋のエイジングケアを考えよう」をスタート。

第1回目は、
「秋枯れ肌って?原因と対策を考えよう!」をお届けします。


-----------------------------------------
★「秋枯れ肌」ってどんな肌?
-----------------------------------------

「秋枯れ肌」とは、秋になってお肌に不調が現れる状態です。

例えば、秋に急に次のような症状が出れば秋枯れ肌です。

●お肌が敏感になった
●化粧ノリが悪い
●お肌が硬く感じる
●毛穴汚れが目立つ
●透明感がなく、くすみが目立つ
●肌荒れを感じたり、大人ニキビができる


-----------------------------------------
★秋枯れ肌の原因は?
-----------------------------------------

秋枯れ肌の原因として考えられるのは、
夏の間の肌ダメージや身心の疲れです。

具体的には、夏の疲労による女性ホルモンのバランスの乱れや、
紫外線ダメージ、夏場のエアコンによる乾燥肌が挙げられます。

また、秋が深まって、急激な気温の低下で
血行不良になることで秋枯れになることも。

いずれも、乾燥肌になったり、
一時的な敏感肌であるゆらぎ肌の状態です。

つまり、秋枯れ肌の本質は、
「バリア機能の低下」と「ターンオーバーの乱れ」なのです。


-----------------------------------------
★秋枯れ肌のスキンケア
-----------------------------------------

1)まずは保湿を意識

バリア機能とターンオーバーの乱れが問題なので、
スキンケアやエイジングケアの基本は『保湿』です。

この時期からは、化粧水で水溶性成分を補うだけでなく、
美容液でセラミドなどの油溶性成分を補うことも大切です。

美容液を使った保湿を行いましょう。

また、お肌がゴワゴワする場合や、
乾燥肌がきつく感じる場合は、
フェイスマスクで美容成分をしっかり角質層の奥へと届けることもよい方法です。

なかでもバイオセルロースのフェイスマスクは、
密着効果も高く秋枯れ肌対策のエイジングケアやスキンケアにピッタリです。

一方、お肌が敏感で赤みがあったり、化粧品で刺激を感じる場合は、
できるだけシンプルなスキンケアを行うことが大切です。

思い切って、1日でもスキンケアをオフする日を設けることもおすすめです。


2)洗顔やクレンジングでも秋枯れ肌の対策を

秋枯れの予防や改善には、
しっかりメイクや汚れを落としながらも
必要な皮脂をキープできることが大切です。

まず、次のことは控えましょう。

●ゴシゴシと摩擦や刺激の強いクレンジングや洗顔
●1日3回以上の洗顔
●2分以上かけるクレンジングや洗顔

洗顔料やクレンジングは低刺激のものを使うことがおすすめです。

洗顔料なら良質な石けん、あるいは、
刺激の小さなアミノ酸系洗浄成分のものがおすすめです。

クレンジング料ならミルクタイプやクリームタイプ、
水溶性のクレンジングジェルなどで、
アミノ酸系界面活性剤配合のものがおすすめです。

また、ダブル洗顔不要のクレンジング料を選びましょう。

そんな秋枯れ肌の対策におすすめが、
敏感肌でも使えるクレンジングジェル「ナールスエークレンズ」と、
目元・口元専用エイジングケア美容液「ナールスネオ」。

増税前直前キャンペーン対象製品なので、よろしければ今のうちに!

増税前直前キャンペーン


★次回は、
「ご存じですか?秋の紫外線が怖い理由」をお届けします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 ヘルスケアに関するちょっとしたお話
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━

当社スタッフの本業は、
医学・薬学関連の事業のため、
日々、医学論文や医学会の発表などの
最新情報に触れています。

そんな中で、「これは!」という、
みなさまの健康づくりの
ご参考になるような情報があれば、
月1回、ご紹介していくコーナーです。

───────

今回は、
「メジャーリーガーは健康で長生き」
という研究報告です。

個人的にとても興味深かったので、この論文を取り上げました。

アメリカのハーバード大学も研究で、
メジャーリーガーがさまざまなプロスポーツの選手の中で
最も健康レベルが高い可能性があることが
医学雑誌「JAMA Internal Medicine」で発表されました。

アメリカでは、アメフトやサッカーなどさまざまなプロスポーツが盛んです。

そんな中で、野球選手の寿命は、米国の一般男性と比べて約24%長く、
神経変性疾患や心疾患に罹患した場合の死亡率も、
ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)の選手と比べて低かったそうです。

研究は、1906〜2006年にメジャーリーガーとしてデビューした、
約1万5,000人の野球選手の死亡統計データを分析されました。

主な結果は、次の通りです。

アメフトと比べると、それほど激しいスポーツには見えない野球の選手が、

●米国の一般男性と比べて、
がん、心疾患または脳卒中、呼吸器疾患、
糖尿病、自殺を原因とした死亡率が低かった。

●現役選手として活躍した期間が長い選手は、
それ以外の選手と比べ、死亡率が低いことも示された。

●認知症やアルツハイマー病、
パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの
神経変性疾患による死亡率は、
野球選手と一般人で同程度であった。

●しかし、アメフトやサッカーの選手と比べると野球選手で低い。

なぜこうなったかについては
いくつかの仮説やコメントが、著者や他の医師から寄せられています。

●野球選手は他のスポーツ選手に比べ、
頭をけがすることが比較的少ない。

●野球選手が長生きなのは、野球の試合そのものではなく、
健康的な食生活や日常的な運動といった生活習慣に起因している。

●自殺率が一般の男性に比べてはるかに低いのは、
チームスポーツでプレーする野球選手は、
家族とのつながりや良好な友人関係の維持を心がけていることが多い


日本のデータではありませんが、興味深い研究でした。
日本でもスポーツやアーチスト他さまざまな職業で調査すると面白い結果がでそうですね。

こちらから論文の抄録が読めます

※学会や論文の情報に基づき、 情報を要約してお知らせしますが、
 必ずしも有効性や効果、安全性などを 保証するものではありません。
 その点、ご了承お願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
2019年 10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事