カテゴリー: ナールスコム店長日記

梅雨は顔ダニが増殖?この時期にやるべきスキンケア&エイジングケア

2021年06月18日


みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

今年は西日本の梅雨入りは異常に早かったですが、東日本は平年より遅く、6月14日にやっと関東甲信エリアが梅雨入りしましたね。

ナールスのオフィスがある大阪は、5月16日に梅雨入りして、かれこれ1か月程になります。

例年通りだと梅雨明けまであと1か月です。長いです…

早く梅雨入りしたからもう少し早く明けるかもしれませんが、どちらにしてもしばらくはジメジメした日が続きそうです。

さて、そんな梅雨時のスキンケアやエイジングケアはどんなことに気を付ければよいかご存知ですか?

この時期特有のリスクがありますので、ぜひご一読ください。



普段より気を付けたい洗顔




この時期は細菌やカビなどが繁殖しやすく、それらがお肌の表面にも付着するリスクが高くなります。

さらに、梅雨は顔ダニが増えやすいです。

ダニと言うと、お布団やペットのダニをイメージするかもしれませんが、あのダニと顔ダニとは違うもので、お肌にとって大切な役割を担っている存在です。

顔ダニの餌は皮脂です。高温多湿になる梅雨は皮脂の分泌量が多くるので、皮脂を餌にしている顔ダニが増えやすいのです。

顔ダニが増えすぎると、皮膚常在菌のバランスが崩れ、お肌のバリア機能やターンオーバーの周期を乱すきっかけとなります。

このように、梅雨特有のリスクがあるため、普段以上にお肌を清潔に保つ必要があります。

夜はクレンジングや洗顔をする方がほとんどだと思いますが、「朝はぬるま湯洗顔だけ」という方もいらっしゃるかと思います。

温度、湿度とも高いと、寝ている間も皮脂がたくさん分泌されますので、朝起きて、「皮脂が多いな」と感じるときは、洗顔料や洗顔にも使えるクレンジングで適度に落とすことをおすすめします。

ただし、落としすぎると乾燥を招いたり、皮脂が過剰に分泌される原因にもなりますので、「適度に」を意識してください。



雨でも曇りでも紫外線対策は必要




梅雨時は太陽の光をあまり感じないので、紫外線対策がおろそかになりそうですが、そこは天気に関係なく対策が必要です。

とくにUVA波に注意しましょう。

他にも気を付けたいポイントがいくつかありますので、続きはこちらの記事でチェックしてみてください。

👉「梅雨に気をつけたい!スキンケア&エイジングケアのコツ」



朝の洗顔にも使いやすいクレンジング「ナールスエークレンズ」が当たるかも?




ナールスのダブル洗顔不要クレンジング&洗顔ジェル「ナールスエークレンズ」は、朝の洗顔にもとってもおすすめです。

お肌と同じ弱酸性のアミノ酸系洗浄成分配合で、お肌に優しく汚れをオフしてくれます。
ジェルを直接お肌になじませて洗い流すだけなので、泡立ての手間もなく、朝の忙しい時間帯に便りです。
さらにオイルフリーなので、そのあとに使う化粧水などの浸透を邪魔しないのも嬉しいポイント。

そんなナールスエークレンズが抽選で当たる企画を実施中です。

詳しくは、下記のリンクか動画をご覧ください。

ちなみに動画はナールスの新人スタッフ西川が出演していますよ(^_-)-☆

👉「2021年6月のエイジングケアクイズ!テーマは、「梅雨のスキンケアのコツ」」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」をよろしくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

【おうち時間にも】ブルーライトもカットできるお肌に優しいUV化粧下地

2021年06月11日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

ナールスがある大阪は梅雨の中休みで、晴れの日が続いています。
まぁ、天気が良くてもこのコロナ禍で、お出かけもしづらい状況ですが…

外出しづらいとおうち時間が増えて、紫外線を浴びる時間が減るのはお肌い良いことですが、実は、オフィス内やおうち時間にも危険が潜んでいます。

それは、ブルーライトです。

ブルーライトと言うと、「目が疲れやすくなる」、「目が痛くなる」、「夜に浴びると眠れなくなる」などの目や健康に対するマイナスイメージがあるかと思いますが、実はお肌にとっても良くないことがたくさんあるんです。



ブルーライトがシミやしわ、たるみの原因に?





お肌に良くない光と言えば、何と言っても紫外線です。

みなさまもよくご存知だと思いますので、紫外線対策はしっかりされているのではないでしょうか?

一方で、ブルーライト対策はどうでしょう?

ブルーライトカットメガネなどで、目に対する対策をされている方はいらっしゃると思いますが、お肌のブルーライトカット対策を意識している方は、まだまだ少ないのではないでしょうか?

でもおうち時間が増えて、液晶テレビやスマートフォン、パソコンの画面を見る時間が増えている今だからこそ、意識をしていただきたいです。

実は、マウス実験で、ブルーライトは紫外線ダメージと同じように活性酸素を発生させることがわかっています。

また、真皮のコラーゲンやエラスチンにダメージを与えるので、たるみやほうれい線、しわなどの原因になるリスクがあります。

さらに、実験でブルーライトを人の皮膚に照射することで、メラニン色素が沈着することがわかっています。つまり、ブルーライトがシミやソバカスのリスクにもなるのです。

そんなブルーライトは太陽光線にも含まれています。
だから、日焼け止めもブルーライトカットを意識することが大切です。




ブルーライトを防ぐ効果も!エイジングケアUV化粧下地「ナールスヴェール」





「ナールス ヴェール」は、赤ちゃんでも使えるほどお肌にやさしいノンケミカルのUV化粧下地です。

ナールスゲンとビタミンC誘導体配合でエイジングケアもでき、保湿力もあるので、スキンケアしながら紫外線カットができます。

紫外線カット力は、SPF40、PA+++です。
屋外での軽いスポーツやレジャーにも対応できる十分なスペックがあります。

そして、今日のテーマであるブルーライトのカット率はというと、

波長の短いブルーライトの場合はほとんどカットできていて、真ん中あたりだと85%程度、一番長い500nmなら75%程度カットします。

ブルーライト全体の平均カット率は84.8%でした。

※詳しいグラフは「酸化鉄配合の日焼け止めでブルーライトはカットできる?検証結果!」の記事をご覧ください。

100%は防げませんが、平均85%弱も防ぐことができるので、紫外線対策にも、ブルーライト対策にも、ナールスヴェールを毎日使っていただきたいです。

今日はお肌への影響を中心にお伝えしましたが、目からのブルーライトもしっかり防ぐことが大切です。

ブルーライトは光源からの距離が近いほどエネルギーが高いので、スマートフォンやパソコンを使うときはとくに注意が必要です。

ブルーライトについてと、ブルーライトをカットするおすすめのアイケアメガネについてはこちらをご覧ください。

👉「ブルーライトは目・からだ・肌に影響がある有害光線!防御の対策は?」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」をよろしくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

【質問】日本人は欧米人よりも目から紫外線を浴びやすいと思いますか?

2021年06月04日


みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

6月になり、紫外線が日に日に強くなってきていますね。

お肌を紫外線からガードすることはもちろん、目の紫外線対策も大切です。

ナールスでは2年程前から、目の紫外線対策について積極的に情報発信しておりますので、

ナールスのお客様の中では「目の紫外線対策はエイジングケアにとって常識」になっているかもしれないですね。

いや、そうであってほしいです。

というのは、目から紫外線を浴びると、お肌のメラニン色素が増えるからなんです。

そのメカニズムは次の通りです。

目から紫外線を浴びると角膜が炎症をおこします。
それに脳が反応して、色素細胞を刺激するホルモンが分泌されます。
これが血流にのって全身に届けられ、全身のあちこちでメラニン色素が産生され、お肌に沈着します。

このお話しは、5月27日(木)に開催したナールスオンラインセミナーで、眼科専門医の大内先生が話してくださいました。

そのオンラインセミナーで、「え?それは知らなかった!」という、ちょっと焦ることもお話しされていました。

それが、今日のブログタイトルにある、「日本人は欧米人よりも目から紫外線を浴びやすい?」というお話しです。



この文脈からすでにお分かりだと思いますが、答えは事実です。

欧米人は目が青いので、どちらかと言うと紫外線に弱そうなイメージがありますが、日本人の方が目から紫外線を浴びやすいのだそうです。

その理由はすごく単純で、欧米人は奥目で鼻が高い人が多く、顔の中に日陰が多いから紫外線が入りにくいということです。

日本人の中でも阿部寛のように彫りが深かったらマシかもしれませんが、多くの日本人は確かに顔に日陰が少ないですよね。

私も完全に日陰が少ない顔なので、紫外線が目に入らないようにしっかりガードしないといけないです。

ちなみにこのお話しは、下の動画の29分55秒あたりにあります。
他のお話しもとても興味深く、役に立つ内容になっておりますので、ぜひご視聴ください。

◆スゴ腕眼科医 大内雅之先生によるナールスオンラインセミナー「お肌だけじゃない!目のアンチエイジングはとっても大切」



この動画の中で、大内先生もおっしゃっているのですが、目のアンチエイジングの為にはサングラスが有効です。

ただ、どんなサングラスでも良いかというと、そうではなくて、いくつかのポイントがあります。

【ポイント1】紫外線カット率が99%以上であること
【ポイント2】幅広い波長の紫外線をカットすることができること
【ポイント3】レンズの色が薄いこと
【ポイント4】全方向からの紫外線をカットできること

ナールスのアイケアメガネはこれらのポイントをおさえた優れもので、デザインは全部で14種類あります。

ポイント2に関しては、エビデンスにはならないのですが、クリアレンズは420㎚までの波長を97%程度カットしますので、UV400程度の性能があると言えます。

紫外線99%以上カット!ナールスのアイケアメガネ



ちなに私はクリアレンズのブランフレームと、ブラウンレンズのランドフレームをTPOに合わせて使い分けています。

<関連記事>

目の紫外線対策について、詳しくはこちらの記事もご覧ください。

「目の紫外線対策!肌が黒くなるのは目の日焼けが原因?」


「紫外線対策のサングラスの選び方!おすすめと7つのポイント」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」をよろしくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
2021年 06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事