ナールスエイジングケアアカデミーの「食べ物」関連記事ご紹介

2021年05月18日
ナールスエイジングケアアカデミーでは食べ物に関する記事がいくつかあります。

現在、新型コロナウイルスが蔓延して、健康や免疫の元となる食べ物に関心が集まっていると思います。

今回のブログでは、ナールスエイジングケアアカデミーから関連記事を3つご紹介します。



科学的根拠あり。お酒を飲むと、ラーメンや甘い物が食べたくなる理由


「科学的根拠あり。お酒を飲むと、ラーメンや甘い物が食べたくなる理由」の内容のワンポイント紹介です。

お酒を飲むと食欲が出てくることがありませんか?

食べて飲んでと楽しんだあとに、シメのラーメンや甘いものが欲しい!となり、
つい食べてしまうことってありますよね。からだに悪いとわかっているのに…。

そんな経験、一度はあるのではないでしょうか。

この効果は「アペリティフ効果」と呼ばれていて醸造酒にみられ、科学的根拠があります。

お酒を飲む人にとっては、パーティーや友人との飲み会など、いろんなシーンで飲む機会があると思います。

そんな多くの人に親しまれるお酒を上手に飲んで、健康でいられるためにも
「お酒を飲むとラーメンや甘い物が食べたくなる理由」がお役に立つと思います。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

「発酵食品で体を元気に!」@健康ラボステーションのセミナーに参加してきました


「『発酵食品で体を元気に!』@健康ラボステーションのセミナーに参加してきました」の内容のワンポイント紹介です。

食べ物は美肌や健康の基本。なかでも発酵食品はとても大切な食べ物です。

健康ブームや新型コロナウイルス感染予防など健康管理への意識向上により、これまで以上に「免疫力」が注目されています。

そのような中、認定NPO法人健康ラボステーションさんが発酵食品をテーマにした
「発酵食品で体を元気に!」というセミナーをされるとのことで、当社スタッフが参加してきました。

発酵食品がなぜ健康に良いのか、講師の管理栄養士である中村文香さんがおすすめする発酵食品など、
学びの多かったセミナーについてご紹介してくれました。


食べてもお腹が空くのはたんぱく質不足!プロテインレバレッジ仮説


「食べてもお腹が空くのはたんぱく質不足!プロテインレバレッジ仮説」の内容のワンポイント紹介です。

「食べても、食べても、お腹が空いてしまう」ということはないですか?

きちんと食べているつもりなのにお腹が空いてしまうなんて、体型に気を付けてダイエットしている方は悩みますよね。

そんな人は、もしかしたら身体のたんぱく質が不足しているのかも!

「人は、必要な量のたんぱく質を摂るまではカロリーを摂り続けてしまう」という
プロテインレバレッジ仮説と呼ばれるものあります。

この仮説を逆手に取ると、食欲を抑制できそうです。

この記事ではこの仮説とたんぱく質の賢い摂り方をご紹介しています。



まとめ


食べ物は、どの世代でも関心の的であり、話題の中心になりますよね。

毎日の食事を丁寧にしっかりと栄養のあるものを食べることが、健康的な体を作るための第一歩です。

ぜひ、ここでご紹介した食べ物の記事を参考に、
自分の食習慣を見直して健康的な体作りを心がけましょう!

ナールスエイジングケアアカデミーの「皮膚の病気」に関連記事ご紹介

2021年05月18日
ナールスエイジングケアアカデミーでは皮膚の病気に関する記事がいくつかあります。

いつまでも健康的に若々しい肌を保ちたいですよね。

今回のブログでは、ナールスエイジングケアアカデミーから関連記事を3つご紹介します。



脂漏性角化症とは?症状・原因・診断と治療


脂漏性角化症とは?症状・原因・診断と治療の内容のワンポイント紹介です。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)とは、
高齢者によく見られるシミ(老人性色素班)がイボのように盛り上がる皮膚疾患で、
老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)、年寄りイボ、出っ張りジミなどとも呼ばれます。

30代のころから発症しはじめ、シミの1つである老人性色素班がイボのように盛り上がったり、
また、同時にできたりと、加齢とともにだんだん増えていき、手の甲、顔、頭をはじめ全身にできてしまいます。

脂漏性角化症が目立つと美肌からは遠ざかってしまうので、
治療を望む方も少なくありません。この記事では、脂漏性角化症の症状や原因、予防、診断と治療法をご紹介しています。

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)はシミ?症状・原因と治療


「後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)はシミ?症状・原因と治療」の内容のワンポイント紹介です。

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)は、医学的にはシミではなくアザの一種で、頬やこめかみ、
まぶたなどに左右ともに発生します。一般的なシミは、表皮の中にメラニンが溜まるのに対し、
ADMでは真皮の中にメラニンが溜まる特異的なタイプのものです。

この記事では、後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)とは何か、症状と原因、治療法をご紹介しています。


肝斑は女性ホルモンの乱れが原因!シミと違う予防や改善・治療法は?


「肝斑は女性ホルモンの乱れが原因!シミと違う予防や改善・治療法は?」の内容のワンポイント紹介です。

エイジングケアに取り組む30代以上にとって、大敵であるシミ。

その一種である「肝斑」が気になりだしたら、あなたはどんなケアをしますか?

肝斑は、ほかのシミとは原因や治療が異なるお肌の悩みです。

シミといえば、エイジングケアの大敵。

多くは、紫外線ダメージが主な原因ですが、肝斑は女性ホルモンの乱れもが影響してできるシミです。

そんな肝斑の原因と症状、改善のための対策から皮膚科での治療まで、
幅広くご紹介します。また、肝斑の悪化防止のためのエイジングケア世代におすすめの日焼け止めをご紹介しています。

まとめ


肌は特に年齢が出るので、高い化粧品を使用したりして話題の中心になりますよね。

皮膚の病気にならないために日常生活で気を付けて予防することが、いつまでも若々しく居るための第一歩です。

ぜひ、ここでご紹介した皮膚の病気の記事を参考に、自分の生活習慣を見直して健康的な美肌を心がけましょう!

ナールスエイジングケアアカデミーの「菌」の関連記事ご紹介

2021年05月18日
ナールスエイジングケアアカデミーでは皮膚に存在する菌に関する記事がいくつかあります。

いつまでも健康的に若々しい肌を保ちたいですよね。

今回のブログでは、ナールスエイジングケアアカデミーから関連記事を3つご紹介します。



皮膚常在菌の種類と働きを知って一歩進んだエイジングケアで美肌へ!



「皮膚常在菌の種類と働きを知って一歩進んだエイジングケアで美肌へ!」の内容のワンポイント紹介です。

顔の皮膚、つまり表皮にも「菌」がいることをご存知ですか?

菌と聞くと、悪いイメージを思い浮かべがちですが、
この「皮膚常在菌」あるいは「表皮常在菌」と呼ばれる皮膚の菌は、

お肌にとってよいはたらきをしたり、悪いはたらきをしたりしながら多くの種類が存在しています。

お肌の健康を保つためには、そのバランスを保つことが大切です。

誤ったスキンケアやエイジングケアをしてしまうと悪影響を与え、お肌の状態が悪化します。

だからこそ、
皮膚常在菌のバランスを意識した正しいスキンケアやエイジングケアが大切です。

この記事では、皮膚常在菌とは何か、またどのようなはたらきをしているのか、
美肌のために皮膚常在菌のバランスを保つスキンケアの方法をご紹介しています。


敏感肌では皮膚常在菌の1つ表皮ブドウ球菌が少ない!改善法は?



「敏感肌では皮膚常在菌の1つ表皮ブドウ球菌が少ない!改善法は?」の内容のワンポイント紹介です。

乾燥・敏感肌で悩んでいませんか?

皮膚の表面、つまり表皮でお肌を健やかにキープするために活動してくれている
「皮膚常在菌」。腸内細菌がおなかの調子を整えているように、皮膚常在菌はお肌の調子を整える役割を担っています。

別名、表皮常在菌とも呼ばれ
、表皮にいる数百種類の菌がお互いに影響を与えあいながら、バランスを維持しています。

バランスが良いとお肌は健やかに、バランスが崩れるとニキビや肌荒れ、
乾燥肌などといった肌悩み・肌トラブルを招きます。

皮膚常在菌には3つのタイプがありますが、
その中でも美肌に欠かせないのが表皮ブドウ球菌。

これが少なくなると、お肌が敏感肌に傾きます。

そうならないために予防方法をご紹介しています。

顔ダニの過剰繁殖はニキビや肌トラブルの原因!予防対策と治療法は?



「顔ダニの過剰繁殖はニキビや肌トラブルの原因!予防対策と治療法は?」の内容のワンポイント紹介です。

どんな人のお肌にも顔ダニが棲んでいることをご存知でしょうか?

「どういうこと!?」と、顔にダニがいると聞くと、
ゾッとする方もいると思いますが、実はこれは、
毛穴や皮脂腺に棲んでいる毛包虫のことで、お肌にとって大切な役割があり生息しているのです。

しかし、増えすぎるとニキビなどの原因になることも。

この記事では、顔ダニの役割や、
バランスが崩れた際に起こるトラブルと予防方法や治療法をご紹介しています。

まとめ


肌は特に年齢が出るので、高い化粧品を使用したりして話題の中心になりますよね。

日常生活で気を付けることが、いつまでも若々しく居るための第一歩です。

ぜひ、ここでご紹介した皮膚の病気の記事を参考に、
自分の生活習慣を見直して健康的な美肌を心がけましょう!

ナールスをご愛用いただいているお客様の声 vol.71

2021年05月17日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

毎月2回、ナールスのお化粧品をご愛用いただいているお客様の声をご紹介しています。
※今月は5月6日(木)と5月17日(月)にアップします。

みなさまのエイジングケアの参考にしていただけましたら幸いです。

感動します。きっと…。





ナールスに出会い、何年経つでしょうか。
新しくなったピュアは、しっとり
でもすぐに浸透し、お肌がパーンとはり、
透明感も出ます。
いわゆる つや玉。
おすすめします。
感動します。きっと…。




つや玉があると、「あ、あの人お肌キレイ」
って思ってしまいませんか?
一人でも多くのみなさまに体験していただけると
嬉しい限りです。

次回は6月1日(火)にアップします。

お楽しみに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

【新UVケア】「プリンセスケア」で光老化による肌老化&肌悩みを予防

2021年05月14日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

5月も半ばになり、日差しが日増しに強くなってきていますね。
わたしは朝の通勤時の紫外線が気になり、ゴールデンウィーク明けくらいから日傘を使い始めました。

UVカットマスクと日傘でいい感じに紫外線カットできてると思います。

みなさまも、そろそろ本格的な紫外線対策の必要性を感じていらっしゃるのではないでしょうか?

さて、ナールスのある商品に配合されている、今までは全く日の目を見なかった「プリンセスケア」(成分名はヒメフウロエキス)という成分が、紫外線対策やしわ対策などにとても効果的だったことが判明したので、ぜひ紹介させてください。



プリンセスケアはどんな効果が期待できる?





プリンセスケアの効果をわかりやすくお伝えするために、まずは「トリプターゼ」という酵素についてお伝えします。

トリプターゼとは、皮膚組織の真皮の中の肥満細胞が放出する酵素です。

紫外線をはじめとするストレスを受けると、トリプターゼが発現します。

このトリプターゼ、エイジングケアの観点から、いろいろ嫌な働きがあるんです。

・コラーゲン分解酵素の産生を促進
・コラーゲンそのものを壊してしまう
・トリプターゼが強く発現すると光老化が進む
・表皮の基底膜の破壊に深く関わっている

プリンセスケアという成分は、このトリプターゼのはたらきを邪魔してくれます。

その結果、お肌のコラーゲンの90%を占めるT型コラーゲンや、皮膚の表皮と真皮をつなぐ基底膜の主成分であるW型コラーゲンを増やすはたらきが期待できます。

また、光老化によるお肌の老化やシワなどの肌悩みを予防することが期待できるのです。



プリンセスケアはナールスのどの商品に入っている?





実は優秀だったプリンセスケアは、ナールスのフェイスマスク「ナールスパッション」に配合されています。

ナールスパッションには、優秀な成分が沢山配合されていますが、今回ご紹介したプリンセスケアも、ぜひこれからアピールしていきたいと思います。

「プリンセスケア(ヒメフウロエキス)」や「ナールスパッション」について、もっと詳しくは、下記の記事をご覧ください。

「ヒメフウロエキスの化粧品としてのエイジングケア効果は?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」をよろしくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
2021年 06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事