紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

2018年09月09日
こんにちは!

エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 知って得する!
 納得のエイジングケア講座 第185回
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━

連載中の「夏のスキンケア対策」は、今回が最終回。
第7回目のテーマは、「紫外線吸収剤と紫外線散乱剤」です。

───────

紫外線対策の基本のアイテムである日焼け止めには、
大きく分けて紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。


1)紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、文字通り紫外線を吸収する性質を持った日焼け止めです。
「ケミカル」の日焼け止めとも呼ばれます。

●紫外線吸収剤のメリット
⇒肌内部への紫外線の侵入を防ぎ、
強い紫外線をブロックするのでレジャーシーズンに心強い味方となります。

⇒紫外線吸収剤は、紫外線を防ぐ力が強いことも利点です。
SPF50やPA++++などの高い紫外線防御指数を持つ日焼け止めの多くは、紫外線吸収剤です。

⇒紫外線吸収剤はなめらかな使い心地で無色透明なので、白浮きする心配がありません。
また、ムラなく塗り拡げることができるので、均一な分散が簡単ということもメリットです。


●紫外線吸収剤のデメリット
⇒防御力が高い反面、お肌への負担が大きいというデメリットがあります。
お肌が弱いとかぶれやかゆみなどの肌荒れを起こすことがあります。

⇒紫外線を吸収して放出するごとに紫外線吸収剤の効果は下がります。
つまり、塗った直後は防御力が高いですが、時間の経過とともに弱くなってしまうのです。


2)紫外線散乱剤

お肌の上に皮膜を作って紫外線を跳ね返すのが紫外線散乱剤です。
ノンケミカルの日焼け止めと呼ばれます。

●紫外線散乱剤のメリット
⇒紫外線を反射させても熱や刺激が生まれにくく、お肌への負担が少ないことが大きなメリットです。
「低刺激」を売りにしている日焼け止めは、ほぼ紫外線散乱剤です

⇒紫外線散乱剤は、UV-B〜UV-Aと幅広い波長の紫外線に対応が可能なので、日常生活で使う日焼け止めとして重宝します。

⇒効紫外線吸収剤と違って化学変化を起こさないので、汗で落ちたりタオルで拭ったりしない限り塗り直す必要はありません。
比較的、効果が長持ちします。


●紫外線散乱剤のデメリット
⇒成分である酸化亜鉛も酸化チタンは白色の粉末であるため、配合量を増やすと白浮きすることがあります。
また、ベタつきがあり使用感が悪いものもあります。

⇒使用感の問題で成分の配合量を上げることは難しいこともあり、紫外線散乱剤と比べると紫外線防御効果が低いことがデメリットです。
夏の陽ざしの強い場所では、紫外線散乱剤だけで紫外線をブロックできないこともあります。


以上ご紹介したように、2種類の日焼け止めは、
ともにメリットとデメリットがあるので上手に使い分けすることが大切です。

日常生活では紫外線散乱剤を、スポーツやレジャーなどでは紫外線吸収剤を使うことが基本です。
いずれの日焼け止めも正しく使って、必要に応じてこまめに塗りなおすことが大切です。

8月も後半ですが、まだまだ紫外線照射が大きな季節です。
ぜひ、しっかりと紫外線対策を行いましょう。


★次回からは、
新シリーズ「秋のスキンケア」をお届けします。



ありがとうございます。
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

9月にとくに意識したい3つのスキンケア

2018年09月07日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

9月になりましたね。

例年にも増して、今年の夏は激暑でしたが、徐々に秋の気配を感じられるようになってきましたね。

今年は、秋の味覚のサンマが豊漁とのことで、私は9月に入ってすでに2回も食べました。



上の写真は、つい先日、近所のお店で食べたサンマの塩焼きです。

うわさ通り、今年のサンマは脂が乗っていて、美味しかったです!

ここのところ、ずっと高値だったので、シーズンに1回くらいしか食べませんでしたが、今年はあと数回食すことになりそうです。

さて、秋のスタート月である9月になり、スキンケアも秋を意識されていますでしょうか?

スキンケアやエイジングケアは、年間を通して清潔、保湿、紫外線対策が基本ですが、

季節の特性などによって、優先順位を考えたケアを実践することも大切です。

そこで、9月第一回目の今日のブログでは、9月のスキンケアのポイントを3つお伝えいたします。




@エイジングケア世代は不要な角質を取り除くケアも必要




9月は冷房も暖房も不要な日が多く、比較的自然な条件の中で過ごせるので、お肌のためにもよい環境だと言えます。

ですが、気をつけたいのは夏の影響です。

夏の強い紫外線を浴びると、お肌は防御反応として紫外線のダメージが内部まで及ばないようにするために、

古い角質をため込んだり、新しい角質細胞をつくって角質層を厚くしようとします。

角質層が厚くなると、お肌をさわったときにゴワゴワして嫌だと思いますが、

夏の紫外線ダメージからお肌内部を守るために必要なゴワゴワだと考えても良いと思います。

ですが、これから秋が深まると、夏に比べて紫外線量が減少していきますので、

無駄に角質層を厚くする必要が無くなります。

ターンオーバーが1カ月程度の若いお肌なら、そのまま放置していても、自然とはがれおちるので良いかもしれませんが、

エイジングが進み、ターンオーバーが遅くなったお肌の場合は、

酵素洗顔やピーリングなどのケアで、不要な角質を取り除くのも1つの方法です。

ただし、やり過ぎはNGなので、適度に行い、保湿ケアをしっかり行いましょう。

また、酵素洗顔やピーリングなどは、普通肌、脂性肌の方は大きな心配はありませんが、混合肌、インナードライ肌や敏感肌の方は控えた方が無難です。




A保湿で角質層のダメージを回復




9月は、夏の暑さや紫外線で疲れたお肌を、保湿でしっかり回復させることを優先しましょう。

9月になると、保湿化粧水やエイジングケア化粧水を使ったケアも夏以上に大切です。

ナールスがオススメする保湿成分は、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどです。

そして、その成分を優しく角質層の奥まで届けるために、ハンドプレスや化粧水パックで、疲れた角質に潤いを与えましょう。

もちろん、肌質や肌状態によっては、美容液や乳液、保湿クリームを使うことも必要です。

美容液や保湿クリームは、バリア機能をサポートするセラミド配合の化粧品がオススメです。

中でもヒトの角質細胞間脂質にあるセラミドと同じ構造のヒト型セラミド配合製品をとくにオススメします。




B抗酸化ケアで肌老化予防を




9月は、夏の暑さや紫外線などで疲れたお肌の酸化を防ぐことが大きなテーマです。

そこで、抗酸化作用のある成分を配合した製品を使うことをオススメします。

具体的には、

・ビタミンA誘導体(レチノール、レチノイン酸トコフェリル)

・ビタミンC誘導体

・ビタミンE誘導体

などの抗酸化成分が配合されたエイジングケア化粧品を使うことで、紫外線のアフターケアが可能です。

また、

・ナールスゲン

・金コロイド

・フラーレン

・プラセンタエキス

・アスタキサンチン

・リコピン

などもエイジングケア化粧品で補うことができる抗酸化作用のある成分です。




9月のスキンケア&エイジングケアに、とくにオススメのナールス製品


不要な角質ケアなら


天然パパイン配合酵素洗顔パウダー「ナールスフォーム」



保湿で角質層のダメージを回復&抗酸化ケアなら


ナールスゲン&プロテオグリカン&ビタミンC誘導体&ビタミンE誘導体配合
エイジングケア化粧水「ナールスピュア」



ナールスゲン&プラセンタ&ヒアルロン酸&キュアパッション&ビタミンC誘導体配合
バイオセルロースマスク「ナールスパッション」




ナールスゲン&ビタミンA誘導体&金コロイド&プロテオグリカン配合
エイジングケア美容液「ナールスネオ」




清潔や紫外線対策も大切ですが、9月はとくに、角質ケア、保湿、抗酸化を意識したエイジングケアを実践しましょう!

▼9月のスキンケアについて、もっと詳しく知りたいかたはこちらから
秋が来る!2018年9月のスキンケアとエイジングケア

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

ナールスをご愛用いただいているお客様の声 vol.7

2018年09月03日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

毎月2回、ナールスのお化粧品をご愛用いただいているお客様の声をご紹介しています。
※今月は9月3日(月)と、9月18日(火)にアップします。

みなさまのエイジングケアの参考にしていただけましたら幸いです。


目尻のシワは気にならなくなりました!





ご使用商品:ナールスピュア、ナールスネオ

使い続けて4年くらいでしょうか。

目尻のシワは気にならなくなりました。

これからも続けたいと思います。




年齢に負けない素肌作りのお手伝いができて嬉しいです!

次回は9月18日にアップします。

お楽しみに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

一歩も動かずに見た目が若々しくなる方法

2018年08月31日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。



「いつまでも美しくありたい」と思う、多くの女性にとって、

呪いのように一生つきまとうテーマが、美肌とスタイルの維持ではないでしょうか?

でも、年齢を重ねるほどに、筋肉量が減り、代謝が悪くなり、どちらもキープするのが難しくなりますよね。

私自身も、若い頃に比べて筋肉が少なくなり、重力に逆らうのに必死です。

タンパク質を意識して摂取したり、運動量を増やすために、エスカレーターではなく階段を利用したり、むくみを翌日に残さないようにマッサージしたり・・・

意識して努力し続けないといけないことが沢山あります。

その中でも、誰でも、今すぐに始めることができて、一歩も動かずに、一切お金もかからない方法があります。

それは、深い呼吸です。

深い呼吸ができると、

・肌がキレイになり見た目が若々しくなる
・自然と痩せやすい体になる
・免疫力が上がる


など、体の外も中も若返ることにつながります!

ちなみに、情報元は、いつも通り、なんとなくテレビを見ていてゲットしたものです。

「主治医が見つかる診療所」という番組で、女性疾患などを専門とする医師と、内科・外科・漢方内科の医師などが出演されていました。




なぜ深い呼吸が美肌につながるの?





エイジングケア化粧品メーカーのナールスなので、とくに美肌の部分にフォーカスします。

深い呼吸は、沢山の酸素を取り込むことができるので、血液の酸素濃度が高まり、全身の細胞が活性化します。

また、深い呼吸は、睡眠の質を高めることができます。

質の高い睡眠は成長ホルモンの分泌を促すので、お肌の細胞の修復や新陳代謝の活性化などに効果的なのです。




深い呼吸を実践。まずは1日1回から。



呼吸は無意識に行っている行為なので、ほとんど意識することは無いと思いますが、私は昔から呼吸が浅いという自覚があります。

今でも気づいたら浅くなっています。

浅い呼吸で何十年も生きてきたのに、急に深い呼吸を身に付けることは難しいです。

そこで、1日に1回だけ実践しています。

もちろん、睡眠の質を高めるために、寝る前に。

深い呼吸のやり方は

@鼻から5秒かけて息を吸う
A口笛を吹くときのように口をすぼめて10秒かけて息を吐く


これを10回繰り返すだけです。

エイジングケアのために実践されていることがいろいろあると思いますが、

寝る前に深い呼吸を10回。

この習慣をプラスすると、あなたの未来がもっと変わるかもしれません。

みなさまも、ぜひ今日から深い呼吸を実践してみてはいかがでしょうか?

〜関連情報〜

現代人は、呼吸の浅い人が多く、先進諸国ほどその傾向が強いそうです。
その原因の一つとして考えられるのが「スマホ」。
胸を広げると深い呼吸ができますが、スマホ巻き肩(ネコ背)になると、胸部が圧迫されて呼吸筋の動きが阻害され、呼吸が浅くなります。

エイジングケアのために注意が必要ですので、スマホをよく使う方は、こちらの記事もご覧くださいませ。

スマホ習慣がたるみやシワ、老け顔の原因!美肌への影響は?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

夏の食べ物や飲み物にも注意しよう!

2018年08月26日
こんにちは!

エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 知って得する!
 納得のエイジングケア講座 第184回
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、
「夏のスキンケア対策」シリーズを連載中。

第6回目の今回は、
「夏の食べ物や飲み物にも注意しよう!」をお届けします。


───────


1)夏に摂りたい食べ物は?

季節を問いませんが、お肌にとってよいとされる栄養素は、
良質のたんぱく質、ビタミン類、ミネラルなどです。

なかでも、夏の乾燥肌対策として、積極的に摂りたいのが、
ビタミンA、B、C、Eなどのビタミン類、
亜鉛や鉄などのミネラル、セラミドやα-リノレン酸です。

そんな夏場に取りたい食べ物としては、

●魚なら、うなぎ、いわし、あじなど
●野菜なら、パプリカ、かぼちゃ、とうもろこし
●果物なら、すいか、ぶどう、もも

などです。

うなぎはとても高価なので普段は厳しいかもしれませんが、
他の食べ物なら比較的買いやすいですね。


2)夏は飲み物や飲み方にも注意

夏は、内側に水分を与えることも大切です。
あまり冷たくない水やハーブティーなどで水分補給も積極的に行いましょう。

また、夏の乾燥肌を予防するためには、
カフェインイ入りの飲料はあまり摂らないことも大切です。

なぜなら、カフェインには利尿作用があるので、
おしっこの回数が増えて、水分を体外へ出してしまうことになるからです。

コーヒー、紅茶、緑茶、コーラ、ココア、
アルコール、栄養ドリンクなどの摂り過ぎに注意しましょう。

ただし、コーヒー、紅茶、緑茶、カカオが豊富なココアは、
お肌の酸化の予防に役立つので夏でも適度に飲むのはよいことです。

また、一度に多く飲むよりも、回数を分けて少しずつ飲んだり、
食事前はたくさん飲まないように注意しましょう。

一度にたくさん飲むと、胃液が薄くなり栄養素の吸収が低下します。
夏バテや体調不良になるリスクがあり、
夏老け肌や肌疲労の原因になることもあります。

オススメは、ノンカフェインでミネラルの多い麦茶、
ハト麦茶、ドクダミ茶、そば茶や、
ルイボスティー、黒豆茶、ゴーヤ茶、甜茶(てんちゃ)などです。

ナールスのエイジングケア化粧品に加えて、
ぜひ、食べ物や飲み物で乾燥肌対策を心がけてくださいね!!


★次回は、
夏のスキンケアの最終回、「紫外線吸収剤と紫外線散乱剤」をお届けします。



ありがとうございます。
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」
< 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
2019年 01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事