キレイの秘訣 お悩み別スキンケア「紫外線による光老化」

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

紫外線による光老化

原因
長期にわたる紫外線ダメージ
長期にわたる紫外線ダメージ

光老化とは、紫外線ダメージによるお肌の老化です。
紫外線によってお肌に発生する活性酸素や細胞へのダメージが蓄積することでお肌が老化するのです。
年齢を経て老化したお肌は、皮膚が薄くなります。ただし、皮膚の角質は厚くなり色も濃くなることが特徴です。
地上に届く紫外線には、UVAとUVBがありますが、光老化は、お肌に急激な変化は与えないものの、照射量が多く、曇や窓ガラスも通り抜けるほど浸透力が高いUVAが主な原因です。

顔のたるみが原因のほうれい線やしわ、たるみ毛穴、しみなどは光老化によってもたされることが多いエイジングサインです。
真皮のダメージがひどい場合は、エラスチンが破壊され、まるでお肌が団子のような状態になる「solar elastosis(日光性弾性線維症)」になってしまうこともあります。
さらに、老人性色素班(シミ)から、それが隆起してイボになる脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)、後頚部に深いひし形の溝のようなシワができる「後部菱形皮膚(こうぶひしがたひふ)」、高齢の方で顔に面皰がたくさんできる「Farvre-Racouchot症候群(ファーブルラクーショしょうこうぐん)」などもあります。

対策
紫外線カットとアフターケア

光老化の予防は紫外線をカットすることです。
まず、春や夏などでは紫外線の強い時間帯を避けることや外出時は必ず日焼け止めを塗ることが基本です。
他にも日傘や帽子を利用する、袖や襟のある衣服で身体を覆う、サングラスをかける、日陰を利用することも必要です。
また、日焼け止めの前にナールスゲンやビタミンC誘導体などの抗酸化成分を配合したエイジングケア化粧品を使うことで紫外線ビフォーケアになります。

さらに、日焼け止めや衣類などによる紫外線対策と同じぐらい大切なのは、紫外線のアフターケアです。なぜなら、いくら予防につとめても完全に紫外線カットをするのは難しいからです。
紫外線を浴びた後は、肌の酸化を防ぐためにアフターケアとして抗酸化成分や十分な栄養、質の高い睡眠を取ることが大切です。ビタミンA、C、Eやポリフェノールなどの抗酸化物質を含む果物や野菜を摂ることも大切です。
しかし、食べ物による紫外線のアフターケアでは、すぐに栄養分がお肌に届きません。
お肌への速やかな吸収を考えると、紫外線を浴びた後に、ビタミンA、C、Eの誘導体やナールスゲンなどの抗酸化作用のある成分を配合したエイジングケア化粧品でアフターケアを行うことも良い方法です。

紫外線による光老化の対策におすすめの組み合わせ
朝朝の光老化対策
  • 洗顔で汚れを落とす
洗顔で汚れを落とす
  • 抗酸化
  • 保湿
ナールスピュア

ナールスゲン、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体で紫外線ビフォーケア

  • SPF40&PA+++
    ノンケミカルなUV化粧下地
ヴェール

SPF40、PF+++で
紫外線カット

朝夜の光老化対策
  • しっかりメイク落とし
エークレンズ

タナクラクレイで毛穴汚れをしっかり落す

  • 抗酸化
  • 保湿
ナールスピュア

紫外線アフターケア

  • 抗酸化
  • 保湿
ユニバ

ヒト型セラミドで保湿ビタミンA誘導体で抗酸化

もっと詳しく知りたい方は…

キレイの秘訣 お悩み別スキンケア「しみ」

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

しみ

原因
紫外線、乾燥、ホルモンバランスの乱れなど
紫外線、乾燥、ホルモンバランスの乱れなど

シミと言えば、多くの場合「老人性色素斑」のことです。これは、紫外線が原因となり、メラニンが大量につくられることによってできるので、「日光性黒子」とも呼ばれています。
しかし、シミには、そばかすや肝斑をはじめいくつかの種類があって、女性ホルモンのバランスの乱れなど紫外線以外の原因でできるものもあります。
また、ターンオーバーの乱れもシミの原因となります。

対策
美白化粧品とターンオーバーの正常化。その前に紫外線対策を

いわゆる、普通の「シミ」、老人性色素斑は、紫外線対策と美白化粧品による対策が基本です。また、予防的にビタミンC配合のエイジングケア化粧品を使うことも予防的な対策になります。
さらに、リンパ管ケア成分のキュアパッションやビタミンA・C・Eの誘導体を配合したエイジングケア化粧品などで紫外線のビフォーケア、アフターケアも予防としては良い選択肢です。
しかし、エイジングケア世代の方にとってもっと大切なことは、そもそもシミを作らないように紫外線対策をしっかり行うことです。
日焼け止めや日傘など、さまざまな手段で紫外線対策を行いましょう。
日焼け止めは、エイジングケア世代の方なら紫外線散乱剤だけで作ったノンケミカルなタイプがおすすめです。

しみケアにおすすめの組み合わせ
  • ターンオーバーの
    正常化
  • 抗酸化
ナールスピュア

ビタミンC誘導体が日焼けによるシミ・そばかすの予防をサポート

美白美容液
美白美容液
  • ターンオーバーの
    正常化
  • リンパ管ケア
ナールスパッション

キュアパッションが紫外線のビフォー&アフターケアをサポート

  • ターンオーバーの
    正常化
  • 抗酸化
ユニバ
  • SPF40&PA+++
    ノンケミカルな
    UV化粧下地
ヴェール

「ナールスゲン」が保湿力アップをサポート。

もっと詳しく知りたい方は…

キレイの秘訣 お悩み別スキンケア「たるみ」

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

たるみ

原因
真皮の衰え、表情筋の衰え、乾燥、習慣的な悪い姿勢など

たるみの主な原因は、真皮の衰えや表情筋の衰えです。
真皮は加齢以外でも紫外線ダメージの蓄積によって衰えます。光老化の主な原因は紫外線A波(U-VA)です。
また、皮下組織の衰えや顔のむくみもたるみをもたらすことがあります。
たるみが原因の肌悩みは、深いしわ、ほうれい線、目の下のたるみ、目の下の黒くま、たるみ毛穴、マリオネットライン、ゴルゴラインなどがあります。

たるみ

残念ながら、エイジングケア化粧品でも、真皮より奥の肌悩みを改善することはできません。
したがって、この2つが原因でできてしまったたるみをエイジングケア化粧品で改善することはできないのです。

対策
エイジングケア化粧品で予防することに加えて、全身のアンチエイジングを

エイジングケア化粧品でたるみが改善しないからと言ってスキンケアやエイジングケアが無駄というわけではありません。
真皮の衰えは、加齢やお肌の乾燥でより進んでしまいます。
だから、これ以上進ませないためには乾燥を防ぐことが大切です。
また、ナールスゲン、ビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体などを配合したコラーゲンやエラスチンにアプローチするエイジングケア化粧品もたるみの予防には役立ちます。
とくに、お肌の薄い目元や口元は早い時期からエイジングケアを心掛けましょう。

もちろん、もっと大切なことはアンチエイジングを意識した生活習慣です。
バランスの良い食生活、十分な睡眠、適度な運動などを心がけましょう。
また、たるみは紫外線ダメージによる光老化を防ぐことも大切です。
これについては、「紫外線ダメージによる光老化ケア」をご覧ください。

たるみケアにおすすめの組み合わせ
  • たるみケア
  • 保湿
ナールスピュア
  • たるみケア
  • 保湿
ナールスパッション
  • たるみケア
  • 保湿
ナールスネオ

ネオダーミル、プロテオグリカン、ダエダリンAが、目元や口元のエイジングケアを強力サポート

  • たるみケア
  • 保湿
ユニバ

ヒト型セラミド、スクワラン、シアバターが保湿を強力サポート

ナールスゲンがたるみケアと保湿をサポート。
コラーゲン、エラスチンなどを自ら増やすサポートをします。

もっと詳しく知りたい方は…

キレイの秘訣 お悩み別スキンケア「しわ」

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

しわ

原因
乾燥、真皮の衰え、表情のくせ、たるみなど

しわには、主に乾燥による小じわ、真皮の衰えによる真皮じわ、顔の表情のくせによる表情じわの3種類があります。
しわは、眉間、おでこ、目の周り、口の周り、鼻の周り、顔のパーツの様々なところで目立ちますが、基本的にはこの3つに分かれます。
この中で真皮じわは、加齢や紫外線ダメージなどでコラーゲンやエラスチンが減ることが原因です。
ただし、下あごのしわ(梅干しじわ)は、オトガイ筋の緊張によるものなので美容医療など治療を受けることが必要です。

しわ
対策
保湿とコラーゲンやエラスチンのサポート
  • (歇

    しわ対策の基本は、保湿です。乾燥による小じわの場合は、エイジングケア化粧品で目立たなくすることが可能です。
    化粧水ならアミノ酸やプロテオグリカンなどを配合したエイジングケア化粧水などで保湿をしましょう。また、美容液や保湿クリームなら、セラミド(特に、ヒト型セラミド)をはじめとする保湿力の高い成分を配合したアイテムで乾燥肌の予防や改善を行いましょう。

  • ▲┘ぅ献鵐哀吋化粧品とアンチエイジングを意識した生活

    一方、真皮じわや表情じわの場合は、エイジングケア化粧品だけで改善することは難しいのです。
    ナールスゲンやビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体、ネオダーミルなどのコラーゲンやエラスチンにアプローチするエイジングケア化粧品成分でのケアが大切ですが、エイジングケア化粧品は、あくまでしわの予防や今以上に目立たないことまでがその役割です。
    だからこそ、エイジングケア化粧品に加えて、食べ物や十分な睡眠などでしわを予防することが大切です。

  • 紫外線対策

    日焼け止めによる紫外線対策でしわを予防しましょう。
    また、紫外線のアフターケアとして、ビタミンA・C・Eを食べ物で摂りましょう。
    さらに、ビタミンA誘導体、C誘導体、E誘導体を配合したエイジングケア化粧品を外出前後に使うこともオススメです。
    紫外線対策は、エイジングケアでもっとも大切なことです。

しわのケアにおすすめの組み合わせ
  • 保湿
  • 抗酸化
ナールスピュア
  • 保湿
  • 抗酸化
ナールスネオ

ネオダーミルがコラーゲンやエラスチンを強力サポート

  • 保湿
  • 抗酸化
ユニバ

ヒト型セラミド、スクワラン、シアバターが保湿を強力サポート

ナールスゲンが保湿力アップと、
コラーゲンやエラスチンにアプローチ

もっと詳しく知りたい方は…

キレイの秘訣 お悩み別スキンケア「大人の脂性肌」

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

大人の脂性肌

原因
過剰な皮脂、バリア機能の低下

大人の脂性肌の特徴は、洗顔後、短時間でお肌のテカリを感じる、お肌の見た目が脂っぽい、毛穴の開きが気になることが多い、お肌のごわつきや硬さが気になる、にきび、吹き出物などができやすいなどです。

これらの直接的な原因は、皮脂の過剰な分泌ですが、本当の原因はバリア機能の低下による乾燥です。
お肌のバリア機能が低下すると、お肌を守るために皮脂が過剰に分泌される結果、脂性肌だと感じてしまうのです。
大人の脂性肌は、若い世代の脂性肌とは違ってその本質は乾燥肌であることが多いのです。

大人の脂性肌
対策
余分な皮脂を落としながら保湿をしっかり行う

大人の脂性肌の対策は、洗顔で不要な皮脂をしっかり落とすことが基本です。
良質な石けんなど、しっかり皮脂が取れる洗顔料を選びましょう。
酵素洗顔も適度に使えば良い選択肢です。
また、過剰な皮脂分泌を抑制するビタミンC誘導体配合の化粧品がお勧めです。
ビタミンC誘導体の中でも、刺激性の少ない両親媒性ビタミン「アプレシエ(APPS)」がエイジングケア世代の方にお勧めです。
とはいっても、その後の保湿でバリア機能を正常化することがより大切です。
ビタミンC誘導体を配合したエイジングケア化粧水やエイジングケア保湿クリームは、ナールスゲンなどのエイジングケア化粧品成分やプロテオグリカン、セラミドなどの保湿力の高い成分を配合したものを使いましょう。
また、昼間はしっかり日焼け止めで紫外線対策も行いましょう。

大人の脂性肌対策におすすめの組み合わせ
朝朝のエイジングケア
  • 適度な角質ケア
洗顔で汚れを落とす

良質な石鹸や酵素洗顔で古い角質と過剰な皮脂を取る

  • 適度な皮脂ケア
  • 保湿
ナールスピュア

ビタミンCが過剰な皮脂の分泌抑制をサポート

  • SPF40&PA+++
    ノンケミカルなUV化粧下地
ヴェール

ビタミンCが過剰な皮脂の分泌抑制をサポート

夜夜のエイジングケア
  • 毛穴の汚れを落とす
エークレンズ

タナクラクレイで毛穴の汚れを吸着、アーチチョーク葉エキスで毛穴のトラブルの原因にアプローチ

  • 保湿
  • 抗酸化
ナールスピュア
  • 保湿
  • 抗酸化
ユニバ

もっと詳しく知りたい方は…

キレイの秘訣 お悩み別スキンケア「毛穴の黒ずみ」

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

毛穴の黒ずみ、角栓

原因
過剰な角質や皮脂、バリア機能低下、ターンオーバーの乱れ、酸化

毛穴の黒ずみや角栓の原因は過剰な古い角質と皮脂ですから、それを上手に取り除くことがポイントです。
しかし、ピンセットや毛穴パックを過度に使うなどは、改善するどころかかえって悪化させる原因になることがあります。
お肌を傷つけるリスクがありますし、角栓を取り去ることが悪循環になることもあるのです。
なぜなら、バリア機能が低下したお肌を守るために、お肌が皮脂を過剰に分泌させていることがあるからです。

毛穴の黒ずみ、角栓

また、ターンオーバーの乱れも、毛穴に汚れが詰まる原因になることもあります。
さらに、紫外線によるお肌の酸化、メイク落としが不十分で毛穴の黒ずみが目立つこともあります。
いちご鼻や毛穴の黒ずみ、角栓の原因は、脂性肌の場合よりスキンケアの失敗などによるバリア機能低下やターンオーバーの乱れであることが多いのです。

対策
クレンジングや洗顔の見直しと保湿

この2つの毛穴対策の第一は、クレンジングや洗顔を見直してみることです。
クレンジングで毛穴の汚れが十分落ちていないこともあるので、毛穴汚れをしっかり落とせているかを見直すことが大切です。
クレイなどの毛穴を吸着する成分やアーチチョーク葉エキスなど毛穴のトラブルの原因にアプローチする成分を配合したクレンジングがお勧めです。
また、洗顔が不十分で皮脂が取れていないことがあるかもしれませんので、酵素洗顔を使って、古い角質を取ることも選択肢の1つです。酵素は古い角質やたんぱく質を分解し、角栓を予防すると同時に、お肌をやわらかくする効果もあります。ただし、酵素洗顔は週1回〜2回程度から始めることがポイントです。過度に行うと逆効果なのです。

もちろん、クレンジングや洗顔の後は、しっかり保湿を行うことでバリア機能やターンオーバーの正常化を目指すことが大切です。
さらには、ナールスゲンやビタミンC誘導体など酸化を防ぐエイジングケア化粧品成分を配合したエイジングケア化粧品を使うことも毛穴の黒ずみケアにお勧めの方法です。

毛穴の黒ずみ、角栓対策におすすめの組み合わせ
朝朝のエイジングケア
  • 適度な角質ケア
  • 毛穴の汚れケア
洗顔で汚れを落とす
酵素洗顔
など
  • 保湿
  • 抗酸化
ナールスピュア

ビタミンCが過剰な皮脂の分泌抑制をサポート

  • 保湿
  • 抗酸化
ユニバ

ビタミンCが過剰な皮脂の分泌抑制をサポート

夜夜のエイジングケア
  • 毛穴の汚れを落とす
エークレンズ

タナクラクレイで毛穴の汚れを吸着、アーチチョーク葉エキスで毛穴のトラブルの原因にアプローチ

  • 保湿
  • 抗酸化
ナールスピュア
  • 保湿
  • 抗酸化
ユニバ

もっと詳しく知りたい方は…

キレイの秘訣 お悩み別スキンケア「過剰な角質や毛穴の汚れによるくすみ」

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

過剰な角質や毛穴の汚れによるくすみ

原因
過剰な角質、毛穴の汚れ

角栓が目立った場合も、お肌がくすんで見えることも。
ホコリや皮脂、古い角質などが毛穴に詰まると、角栓になります。こうした汚れは酸化して黒くなり、顔全体が暗くくすんで見えるようになります。

過剰な角質や毛穴の汚れによるくすみ
対策
過剰な角質は酵素洗顔で対策

エイジングケアの最初のステップであるクレンジングや洗顔を正しく行い、顔についたホコリ、皮脂、メイクなどをきちんと落とすようにしましょう。角質のごわごわやいちご鼻、角栓が気になる場合は、朝のスキンケアに上手に適度な酵素洗顔を取り入れるのも効果的です。週1〜2回程度は酵素洗顔を行いましょう。
夜は、潤いを残しながらも毛穴汚れをしっかり落とせるクレンジングを行いましょう。
クレイやアーチチョーク葉エキスなどを配合したクレンジングがオススメです。
クレンジングや洗顔後は、もちろんしっかり保湿することが大切です。
エイジングケア化粧水でプロテオグリカンなどの高保湿成分、エイジングケア保湿クリームでセラミドやシアバター、スクワランなどのバリア機能をサポートする成分を補いましょう。

過剰な角質や毛穴の汚れによるくすみケアにおすすめの組み合わせ
朝朝のエイジングケア
  • 適度な角質ケア
  • 毛穴の汚れケア
洗顔で汚れを落とす
適切な酵素洗顔や
ピーリング
  • 抗酸化
  • 保湿
ユニバ
夜夜のエイジングケア
  • 毛穴の汚れを落とす
エークレンズ

タナクラクレイで毛穴の汚れを吸着

もっと詳しく知りたい方は…

キレイの秘訣 お悩み別スキンケア「くすみ」

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

くすみ

原因
乾燥、血行不良、紫外線、毛穴汚れ、糖化など

くすみの原因は実に様々です。
お肌の乾燥や冷え性などが原因の血行不良、紫外線ダメージによるシミ、糖化による黄ぐすみなどがあります。

乾燥や毛穴汚れによるくすみ:お肌の乾燥でキメが乱れたり、毛穴が開いて汚れが溜まることもくすみの原因の1つです。
夏のエアコンによって夕方になってからお肌が乾燥し、夕方だけくすみが目立つ場合もあります。

くすみ

これらのくすみはエイジングケア化粧品で保湿をしっかり行えば改善することが可能です。

血行不良によるくすみ:疲れやストレス、睡眠不足や冷えなどが原因で、血液の流れが滞ると、お肌の組織や細胞に十分な栄養が届かなくなります。その結果、お肌の赤みが失われ、顔全体が暗く見えてしまうことに。
メラニン色素によるくすみ:紫外線からのダメージを受けると、お肌を守るためにメラニン色素がつくられます。通常は、ターンオーバーによって古い角質とともにメラニンも排出されますが、過剰につくられてしまうとそのまま色素沈着し、シミやくすみを引き起こします。

糖化によるくすみ:揚げ物や炒め物を摂り過ぎると、体内の糖質がたんぱく質と結びつくことによってAGEs(最終糖化生成物)という物質になり、身体のさまざまな部分にダメージを与えてしまいます。その結果、お肌が黄ばみます。これが、糖化によるくすみ「黄ぐすみ」です。最近では、脂質の過酸化反応でたんぱく質が変性してしまうカルボニル化も黄ぐすみの原因として注目されています。

対策
保湿と紫外線対策、温活で冷え対策を

くすみは原因が多岐にわたることから、対策も多岐にわたります。
まず、エイジングケア化粧品で行うことは保湿を徹底することです。
その上で、紫外線のアフターケアに良い酸化を防ぐ成分であるビタミンA・C・Eを食べ物で摂ることや、ビタミンA・C・Eの誘導体を配合したエイジングケア化粧品を使うこともオススメです。
また、リンパ管に着目したエイジングケア化粧品成分である「キュアパッション」などもオススメの成分です。
さらに、毛穴の汚れによるくすみを予防するなら、クレンジングで毛穴の汚れをしっかり落とすことも大切です。

血行不良や紫外線による「くすみケア」におすすめの組み合わせ
  • 毛穴の汚れを落とす
エークレンズ

タナクラクレイで毛穴の汚れを吸着。アーチチョーク葉エキスで目立つ毛穴にアプローチ

  • 血行促進
  • 保湿
  • 紫外線アフターケア
ナールスピュア
  • 血行促進
  • 保湿
  • 紫外線アフターケア
ナールスパッション

「キュアパッション」が紫外線ケアと血行促進をサポート

  • 血行促進
  • 保湿
  • 紫外線アフターケア
ユニバ

「ナールスゲン」が紫外線による肌ダメージを軽減
「ビタミンE誘導体」が血行促進をサポート

もっと詳しく知りたい方は…

キレイの秘訣 お悩み別スキンケア「インナードライ肌」

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

インナードライ肌

原因
乾燥、バリア機能の低下
インナードライ肌
  • お肌のテカリが気になる
  • 乾燥気味なのにニキビができる
  • 皮脂が多いのに、お肌がツッぱる

エイジングケア世代になってこうした症状が出る場合は、もしかしたらインナードライ肌かもしれません。
「脂性肌かも?」と感じしてしまうかもしれませんが、お肌の乾燥が原因でバリア機能が低下し、それを回復させるために皮脂が過剰に分泌されている
のです。
つまり、インナードライ肌の本質は、乾燥肌なのです。

対策
徹底した保湿による乾燥肌対策

お肌の表面は皮脂が多く、中身はカラカラというのが「インナードライ肌」。
乾燥肌に近いケアが大切です。
インナードライ肌対策の基本は、「刺激の少ないエイジングケア化粧品でしっかり保湿する」ことです。また、合成香料・合成着色料・アルコール・石油系界面活性剤などが避けたい成分です。
アミノ酸やBG、ヒアルロン酸、コラーゲン、プロテオグリカンなどを配合したエイジングケア化粧水をベースとして、セラミドやシアバター、スクワランなどが配合されたエイジングケア美容液やエイジングケア保湿クリームでしっかりバリア機能を守りましょう。
また、週に1〜2度程度は、フェイスマスクによるスペシャルケアでお肌に潤いを補給しましょう。
さらに、年齢を重ねるほどにクレンジングを優しく行うことも大切です。エイジングケア世代には、刺激も摩擦も少ないアミノ酸系洗浄成分を使ったクレンジングジェルがお勧めです。

インナードライ肌対策におすすめの組み合わせ
  • 潤い残すクレンジング
エークレンズ

アミノ酸系洗浄成分のクレンジングジェルで優しく潤いを残すクレンジング

  • 保湿
ナールスパッション

プラセンタが保湿機能アップを、ヒアルロン酸が保水力アップをサポート

  • バリア機能の正常化
  • 保湿
ユニバ

ヒト型セラミド、シアバター、スクワランが保湿を強力サポート

「ナールスゲン」が、じっくりと素肌の保湿力アップをサポート

もっと詳しく知りたい方は…

キレイの秘訣 お悩み別スキンケア「乾燥肌」

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

乾燥肌

原因
加齢、バリア機能の低下、ターンオーバーの乱れ、外気の乾燥、過剰な角質他

乾燥肌の原因は、内側の原因と外側の原因に分かれます。

内側の原因

・加齢とお肌の質(お肌のタイプ)
・女性ホルモンの減少やバランスの乱れ
・よくない生活習慣・ライフスタイル
(ストレス、喫煙習慣、過度の飲酒、睡眠不足など)
・皮膚病などの病気(皮脂欠乏性湿疹・老人性乾皮症・アトピー性皮膚炎など)
・間違った洗顔やクレンジングなどスキンケアや化粧品の使い方
・喫煙
・体の冷えなどによる血行不良

外側の原因

・紫外線ダメージ
・外気の乾燥
・急激な温度や湿度の低下
・大気汚染や花粉などのアレルギー源の影響
・受動喫煙
などです。

乾燥肌
対策
保湿の徹底とアンチエイジングを意識した生活習慣

乾燥肌の対策は、スキンケアでもエイジングケアでも基本中の基本です。乾燥肌とは、皮脂膜、NMF(天然保湿因子)、角質細胞間脂質(セラミドなどの脂質)が減ってしまうことで、保湿する力が不十分となり、お肌の水分量が減って、角層の水分が20%を下回った状態を言います。だからこそ、お肌自らが保湿できる力を取り戻すことが大切です。
年齢、季節や気温、お肌の状態やタイプ、大気汚染などが原因で状態に合わせたスキンケアも必要です。
また、エイジングケア世代になるとクレンジングや洗顔も気をつけることが大切です。
アミノ酸系洗浄成分を使った優しいクレンジング料や洗顔料を使って、潤いを残すことを心がけましょう。
さらに、乾燥していて、お肌にゴワゴワ感があるなら、適度な酵素洗顔やピーリングなどで角質ケアも必要です。

乾燥肌におすすめの組み合わせ
乾燥肌対策の基本
  • 潤いを残すクレンジング
エークレンズ

アミノ酸系洗浄成分のクレンジングジェルで優しく潤いを残すクレンジング

  • 保湿
ユニバ

ヒト型セラミド、シアバター、スクワランが乾燥を強力サポート

「ナールスゲン」が
保湿力アップをサポート

お肌がごわごわしている時
  • 適度な角質ケア
洗顔で汚れを落とす
適切な酵素洗顔や
ピーリング
  • 保湿
ユニバ

ヒト型セラミド、シアバター、スクワランが乾燥を強力サポート

「ナールスゲン」が
保湿力アップをサポート

もっと詳しく知りたい方は…

キレイの秘訣 お悩み別スキンケア「たるみ毛穴」

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

たるみ毛穴

原因
たるみ、むくみや乾燥も
  • ,燭襪

    たるみ毛穴の主な原因はお肌のたるみです。たるみの原因は、表情筋、皮下脂肪の衰えです。また、真皮の衰えによるコラーゲンやエラスチンなどの減少も、たるみの原因の一つです。だからこそ、コラーゲンやエラスチンへのアプローチが大切です。

    ,燭襪
  • △爐みや乾燥

    血管やリンパ管の衰えによって、老廃物や不要な水分が溜まることで、顔がむくんでしまうことも、たるみ毛穴を助長させる原因の一つです。
    また、毛穴の開きがあったり、年齢が若くても乾燥でたるみ毛穴が目立つこともあります。
    ※表情筋や皮下脂肪は、エイジングケア化粧品ではケアできません。

  • L啖蠅粒き

    乾燥肌などでもともと毛穴の開きがあると、さらにたるみ毛穴が目立つこともあります。

対策
毛穴の汚れを落とすことに加えて、保湿とエイジングケア
  • 〔啖蟇れをしっかり落とす

    毛穴の汚れは毛穴の開き・黒ずみ・詰まりの原因です。こうした毛穴のトラブルはたるみ毛穴を一層目立たせることになります。
    だから、メクレンジングでしっかりメイクや毛穴の汚れを落とすことが大切です。
    毛穴汚れを吸着するクレイ、様々な毛穴悩みの対策が可能なアーチチョーク葉エキスなどを配合したクレンジングがお勧めです。
    また、エイジングケア世代の方には、優しいクレンジングが大切です。
    乾燥肌や敏感肌でも使えるアミノ酸系洗浄成分のクレンジングがお勧めです。

  • ∧歇召婆啖螢吋

    たるみ毛穴をはじめ毛穴を目立たせない対策は、保湿を徹底することです。
    化粧水ならアミノ酸やプロテオグリカンなどを配合したエイジングケア化粧水などで保湿をしましょう。また、美容液や保湿クリームなら、セラミド(特にヒト型セラミド)をはじめとする保湿力の高い成分を配合したアイテムで乾燥肌の予防や改善を行いましょう。

  • コラーゲンやエラスチンをサポートしてエイジングケア

    ナールスゲン、ビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体、ネオダーミルなどコラーゲンやエラスチンをサポートする成分を配合したエイジングケア化粧品でたるみ毛穴を予防しましょう。 エイジングケア化粧品でたるみを無くすことはできませんが、たるみ毛穴が目立たないうちからエイジングケアを心がけることが大切です。

たるみ毛穴ケアにおすすめの組み合わせ
  • 毛穴の汚れを落とす
エークレンズ

タナクラクレイで毛穴の汚れを吸着、アーチチョーク葉エキスで毛穴悩みをサポート

  • たるみケア
  • 保湿
ナールスピュア
  • たるみケア
  • むくみケア
ナールスパッション

「キュアパッション」がむくみケアをサポート!

  • たるみケア
  • 保湿
ナールスネオ

「ネオダーミル」がたるみケアをサポート!

  • たるみケア
  • 保湿
ユニバ

「ナールスゲン」がたるみケアをサポート。
コラーゲン、エラスチンなどを自らの力で増やすことを助けます。

もっと詳しく知りたい方は…

キレイの秘訣 お悩み別スキンケア「ほうれい線」

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

ほうれい線

原因
たるみ、むくみや乾燥、さらに紫外線も
  • ,燭襪

    ほうれい線の主な原因はたるみです。たるみの原因は、表情筋、皮下脂肪の衰えです。
    また、真皮の衰えによるコラーゲンやエラスチンなどの減少も原因の一つです。
    だからこそ、コラーゲンやエラスチンへのアプローチが大切です。
    他にも急激なダイエットや悪い姿勢、骨の老化などもほうれい線の原因になるので注意しましょう。

    ,燭襪
  • △爐みや乾燥

    血管やリンパ管の衰えによって、老廃物や不要な水分が溜まることで、お肌がむくんでしまうことも、ほうれい線を助長させる原因の一つです。
    また、年齢が若くても乾燥でほうれい線が目立つこともあります。
    ※表情筋や皮下脂肪は、エイジングケア化粧品ではケアできません

  • 紫外線による光老化

    紫外線による光老化は、ほうれい線をはじめとする肌老化の原因です。
    特に、紫外線A波は年中降り注いでいます。だから、冬の紫外線対策が不十分でもほうれい線の原因になるのです。

対策
保湿とエイジングケアに加えて紫外線対策
  • (歇召任曚Δ譴だ予防

    乾燥による浅いほうれい線の対策は、保湿を徹底することです。しっかり保湿すればほうれい線は目立たなくなります。
    化粧水ならアミノ酸やプロテオグリカンなどを配合したエイジングケア化粧水などで保湿をしましょう。また、美容液や保湿クリームなら、セラミド(特に、ヒト型セラミド)をはじめとする保湿力の高い成分を配合したアイテムで乾燥肌の予防や改善を行いましょう。

  • ▲灰蕁璽殴鵑筌┘薀好船鵑鬟汽檗璽

    ナールスゲン、ビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体、ネオダーミルなどコラーゲンやエラスチンをサポートする成分を配合したエイジングケア化粧品でほうれい線を予防しましょう。
    エイジングケア化粧品で深いほうれい線を消すことはできませんので、まだほうれい線が目立たない年代からエイジングケアを心がけることが大切です。

  • 紫外線対策

    日焼け止めによる紫外線対策でほうれい線を予防しましょう。
    また、紫外線のアフターケアとして、ビタミンA・C・Eを食べ物で摂りましょう。
    さらに、ビタミンA誘導体、C誘導体、E誘導体を配合したエイジングケア化粧品を外出前後に使うこともオススメです。
    紫外線対策は、エイジングケアでもっとも大切なことです。

ほうれい線ケアにおすすめの組み合わせ
  • たるみケア
  • 保湿
ナールスピュア
  • たるみケア
  • むくみケア
ナールスパッション

「キュアパッション」が
むくみケアをサポート!

  • たるみケア
  • 保湿
ナールスネオ

「ネオダーミル」が
たるみケアをサポート!

  • SPF40&PA+++
    ノンケミカルなUV化粧下地
ヴェール

「ナールスゲン」がたるみケアをサポート。
コラーゲン、エラスチンなどを自らの力で増やすことを助けます。

もっと詳しく知りたい方は…

キレイの秘訣 お悩み別スキンケア「敏感肌」

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

敏感肌

原因
乾燥、バリア機能の低下

敏感肌は、バリア機能の低下によって、お肌の角層が不健康な状態です。
・ ちょっとした刺激でお肌がすぐ赤くなる
・ 肌荒れになったり、大人ニキビができる
・ なかなかお肌に合うエイジングケア化粧品が見つからない

などが敏感肌の特徴です。
敏感肌が長い期間続くと、さらに乾燥が進んだり、ターンオーバーが乱れて悪循環に。
お肌の老化にもつながりますので、少しでも早く改善することが大切です。

敏感肌
対策
優しいクレンジングとセラミドなどで保湿を徹底

敏感肌対策の基本は、「刺激が少なく保湿力の高いエイジングケア化粧品でしっかり保湿する」ことです。また、合成香料・合成着色料・アルコール・石油系界面活性剤などは避けたい成分です。

オススメの成分は、エイジングケア化粧水ならナールスゲンやプロテオグリカンなどの刺激が無い成分です。また、バリア機能をサポートするヒト型セラミドを配合したエイジングケア保湿クリームは特にお勧めです。
さらに、洗顔やクレンジングもバリア機能を守ることや潤いを逃さない優しいタイプがお勧めです。
刺激も摩擦も少ないアミノ酸系洗浄成分を使ったクレンジングジェルで敏感肌対策を行いましょう。

敏感肌対策におすすめの組み合わせ
  • 潤い残すクレンジング
エークレンズ

アミノ酸系洗浄成分のクレンジングジェルで優しく潤いを残すクレンジング

  • 保湿
ナールスパッション

プラセンタが保湿機能アップを、ヒアルロン酸が保水力アップをサポート

  • バリア機能の正常化
  • 保湿
ユニバ

ヒト型セラミド、シアバター、スクワランが保湿を強力サポート

「ナールスゲン」が保湿力アップをサポート

もっと詳しく知りたい方は…

ページトップへ