ナールスピュア
ナールスゲン
うるおい素肌へ
ナールスブランドサイト

キレイの秘訣が見つかるお悩み別スキンケア|手荒れの原因と対策

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

手荒れ

原因
手肌の乾燥や刺激によるバリア機能低下、血行不良
手荒れ

手荒れと手湿疹(主婦湿疹)はほぼ同じ意味で使われます。医学的に手湿疹は「接触皮膚炎」の一種で、進行性指掌角皮症とも呼ばれます。
ひどくなると、あかぎれやひび割れになります。

そんな手荒れは、水、化学物質やスマホの触りすぎなどの外部からの刺激が原因でおこります。
たとえば、手の洗いすぎやアルコール消毒などもその一つです。
これらによって、手肌のバリア機能が低下して乾燥してしまう状態が手荒れです。

また、手肌の冷えや血行不良も手荒れに原因になります。

対策
水他刺激を避けることと保湿ケア

手荒れ予防の基本は、手肌の乾燥を予防することです。

まずは、水仕事の際には手袋をしたり、こまめにハンドクリームを使うなどが大切です。
水仕事や手洗い後にしっかり水分を拭き取ることも大切です。
また、春や夏でも、さっぱりタイプのハンドクリームで手肌の保湿ケアを行いましょう。

さらに、食べ物でビタミンやミネラルなどの栄養素を摂る、手の紫外線対策をする、物理的刺激を避ける、ストレスを回避するなど大切です。

あかぎれやひび割れなど手荒れがひどい場合は、尿素配合の薬用ハンドクリームを使うこともよい方法です。

また、かゆみや痛みを感じるなら、早めに皮膚科を受診して改善のための治療をしましょう。

手荒れケアにおすすめの組み合わせ
  • 保湿
ナールスロゼ

「ナールスゲン」が保湿力アップとエイジングケアをサポート

もっと詳しく知りたい方は…

個別に相談したい場合はLINEで!

LINEで商品の質問やお肌悩みの相談をしてみませんか?

キレイの秘訣が見つかるお悩み別スキンケア|手のシワについて

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

手のシワ

原因
紫外線ダメージによる光老化や加齢、乾燥
手のシワ

手のシワの主な原因は、紫外線ダメージによる光老化、加齢、乾燥です。
これらによって手肌の真皮のコラーゲンやエラスチンが減ったり、表皮の角質層の水分が減ってシワが目立ちます。

対策
紫外線対策と保湿、コラーゲンやエラスチンのサポート

手のシワが目立つと、スキンケアやエイジングケアで消すことは難しくなります。
だからこそ、予防が大切です。

紫外線対策と保湿をしっかり行うことで、手のシワが目立ちにくくなります。日焼け止めや手袋などで、紫外線をブロックしましょう。

手のシワの原因であるUVAは冬でも照射しています。
夏だけではなく、冬もしっかり紫外線をブロックしましょう。

また、化粧水やハンドクリームを使って保湿を行うことも手のシワの予防に効果的です。

コラーゲンをサポートするエイジングケア化粧品成分を配合したエイジングケア化粧水やハンドクリームがおすすめです。

手のシワケアにおすすめの組み合わせ
  • 保湿
ナールスピュア

「ナールスゲン」が保湿力アップとエイジングケアをサポート

  • 保湿
ナールスロゼ

「ナールスゲン」が保湿力アップとエイジングケアをサポート

  • 保湿
  • 紫外線対策
ナールスヴェール

「ナールスゲン」が保湿力アップとエイジングケアをサポート

もっと詳しく知りたい方は…

個別に相談したい場合はLINEで!

LINEで商品の質問やお肌悩みの相談をしてみませんか?

キレイの秘訣が見つかるお悩み別スキンケア|手のしみについて

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

手のしみ

原因
紫外線、乾燥、加齢など
手のしみ

手の甲のシミは、30代を超えるころから目立ち始めます。また、加齢とともに目立つリスクが高くなります。

そんな手のシミの多くは、老人性色素斑や脂漏性角化症(老人性イボ)、炎症性沈着です。

手のシミの主な原因は、紫外線ダメージと加齢です。特に、紫外線を長年浴び続けることが大きな原因です。

炒め物や揚げ物などの料理中に手に飛んだ高温の油による火傷で、色素沈着することもあります。

また、虫刺されなどの炎症後にメラニンが発生して、それがお肌に残ってしまうことやターンオーバーの乱れなども原因になります。

対策
紫外線対策と保湿、美白ケア

目立った手のシミをハンドケアだけで消すことや取ることは難しいのが現実です。
だからこそ、予防が大切です。

紫外線対策と保湿をしっかり行うことが手のシミの予防の基本です。
紫外線対策では、日焼け止めや手袋、UVカットハンドクリームなどで紫外線をブロックすることが大切です。
特に春から夏にかけて、手のシミの原因であるUVBが多く照射しています。
だから、この季節はしっかりと紫外線をブロックしましょう。

また、エイジングケア化粧水やハンドクリームを使って保湿を行うことも手のシミの予防に効果的です。
保湿成分とビタミンC誘導体やナールスゲンなどを配合した化粧水やハンドクリームがおすすめです。

手のしみケアにおすすめの組み合わせ
  • 保湿
ナールスピュア

「ナールスゲン」、「ビタミンC誘導体」が保湿力アップとエイジングケアをサポート

  • 保湿
ナールスロゼ

「ナールスゲン」、「ビタミンC誘導体」が保湿力アップとエイジングケアをサポート

  • 保湿
  • 紫外線対策
ナールスヴェール

「ナールスゲン」、「ビタミンC誘導体」が保湿力アップとエイジングケアをサポート

もっと詳しく知りたい方は…

個別に相談したい場合はLINEで!

LINEで商品の質問やお肌悩みの相談をしてみませんか?

キレイの秘訣ナールスのお悩み別スキンケア|目元のたるみやしわ

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

目元・まぶたのしわや目の下のたるみ

原因
乾燥、真皮の衰え、表情のくせ、表情筋の衰えなど
目元・まぶたのしわや目の下のたるみ

目元の皮膚は薄く刺激に弱いことが特徴です。

また、乾燥しやすく肌老化が進みやすいのです。

さらに、紫外線ダメージの蓄積による真皮の衰えや表情のクセでも、エイジングサインが目立ちます。

なお、太陽光線には紫外線以外にもブルーライトや近赤外線も含まれていて、これらも目や目の周り皮膚の老化の原因になることが分かってきました。

対策
保湿とコラーゲンのサポート、そして目の周りの紫外線対策が大切
  • ① 目元や目の周りの保湿

    目元・まぶたのしわや目の下のたるみの対策は、保湿を徹底することです。
    化粧水なら、ナールスゲンやプロテオグリカンなどを配合したエイジングケア化粧水などで保湿をしましょう。
    また、美容液や保湿クリームなら、セラミド(特に、ヒト型セラミド)をはじめとする保湿力の高い成分を配合したアイテムで乾燥肌の予防や改善を行いましょう。

  • ② コラーゲンやエラスチンをサポート

    ナールスゲン、ビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体、ネオダーミルなどコラーゲンやエラスチンをサポートする成分を配合したエイジングケア化粧品で、目元・まぶたのしわや目の下のたるみ予防しましょう。
    目元やまぶた、目の下しわやたるみが目立つと改善が難しいので、予防美容を心がけることが大切です。

  • ③ 紫外線対策

    日焼け止めに加えて、目の周りはUVカットサングラスで守ることも大切です。
    また、ブルーライトや高エネルギー可視光線(HEV)、近赤外線などもカットできるサングラスを使うことをおすすめします。

    紫外線対策は、目元や目の下のエイジングケアでもっとも大切なことです。

目元・まぶたのしわや目の下のたるみの対策のおすすめの組み合わせ
  • 保湿
ナールスピュア

「ナールスゲン」、「ビタミンC誘導体」がコラーゲン、エラスチンなどを自らの力で増やすことをサポート

  • 保湿
ナールスネオ

「プロテオグリカン」、「ヒト型セラミド」が保湿をサポートし、「ネオダーミル」、「ビタミンA誘導体」がたるみケアをサポート!
「ナールスゲン」、「ビタミンC誘導体」がコラーゲン、エラスチンなどを自らの力で増やすことをサポート

  • 保湿
  • 紫外線対策
ナールスヴェール

「ナールスゲン」、「ビタミンC誘導体」がコラーゲン、エラスチンなどを自らの力で増やすことをサポート

  • 紫外線対策
アイケアメガネ

紫外線を99%以上吸収してカットするレンズで目と目元の紫外線対策

もっと詳しく知りたい方は…

個別に相談したい場合はLINEで!

LINEで商品の質問やお肌悩みの相談をしてみませんか?

キレイの秘訣ナールスのお悩み別スキンケア|目の下のクマ

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

目の下のクマ

原因
クマの種類で原因が異なる
目の下のクマ

目の下のクマには青クマ、茶グマ、黒クマ、赤グマの4種類があります。
実は、それぞれ原因が違うのです。また、共通する原因もあります。

青クマの原因は、目の疲れ、睡眠不足、月経時などの女性ホルモンのバランスの乱れ、冷え症、ストレスなどによって、血行が悪くなることや、リンパの流れの悪化による老廃物が溜まることです。

茶グマは、表皮の問題で起こるタイプと真皮の問題で起こるタイプの2種あります。
表皮の茶グマは、紫外線ダメージや、目のこすり過ぎで、メラニン色素が沈着することで起こります。
真皮の茶グマは、遅発性両側性太田母斑様色素斑(ちはつせいりょうそくせいおおたぼはんようしきそはん)と呼ばれるアザです。

黒クマは、目の下のたるみが原因です。
目の下のたるみは、真皮の衰え、眼輪筋(がんりんきん)の衰え、眼窩脂肪(がんかしぼう)の衰えでできてしまいます。
紫外線以外に加えて、ブルーライトや近赤外線も黒クマの原因になることが分かってきました。

赤グマの原因の1つは血行不良です。
青クマが静脈のうっ血に対し、赤グマの場合は静脈・動脈両方のうっ血が原因です。
また、眼窩脂肪の突出も赤くまの原因です。

対策
基本は保湿と紫外線対策!もちろん、クマの種類別に対策を。

目の下のクマは、どのタイプかを知ってそれぞれの原因にアプローチすることが大切です。
スキンケアやエイジングケアだけでは改善しないことも多いので、内側からの健康やアンチエイジングを意識した生活や場合によっては皮膚科を受診する必要もあります。

青クマの解消のためには、まず“目の疲れを取ること”です。

たとえば、タオルで目元を温めながら保湿することもよいでしょう。
毎日、続けることで血行がよくなったり、リンパの流れが改善します。
他にはお風呂でカラダを温めるなど全体的なヘルスケア対策が基本です。
スキンケアでは「保湿」と「紫外線ケア」が基本です。

茶グマの対策は、まずは、紫外線ブロック。
メラニンを過剰に作らないことがポイントです。
だから、日焼け止めと美白アイテムでケアするのが大切です。
また、日焼け止めを塗っていても紫外線のアフターケアも忘れないでください。
また、目を強くこすらないようにもしてください。

黒クマの予防は、紫外線対策とエイジングケア化粧品。
たるみが原因の黒クマが目立つと、化粧品では改善するのが難しくなるので予防が大切。
コラーゲンやエラスチンの産生をサポートする成分が配合されたエイジングケア化粧品がオススメです。
もちろん、他のクマと同じく紫外線対策もしっかり行いましょう。
日焼け止めに加えて、目の周りはUVカットサングラスで守ることも大切です。

赤グマは、比較的、軽度な場合から重度の場合まであります。
軽度な場合は、青クマと同じ対策です。
一方、眼窩脂肪の突出による目の下のふくらみがある場合は、皮膚科や美容クリニックで相談しましょう。

目の下のクマの対策のおすすめの組み合わせ
  • 保湿
ナールスピュア

「ナールスゲン」がコラーゲン、エラスチンなどを自らの力で増やすことをサポート

  • 保湿
ナールスネオ

「ナールスゲン」がコラーゲン、エラスチンなどを自らの力で増やすことをサポート

  • 保湿
  • 紫外線対策
ナールスヴェール

「ナールスゲン」がコラーゲン、エラスチンなどを自らの力で増やすことをサポート

  • 紫外線対策
アイケアメガネ

紫外線を99%以上吸収してカットするレンズで目と目元の紫外線対策

もっと詳しく知りたい方は…

個別に相談したい場合はLINEで!

LINEで商品の質問やお肌悩みの相談をしてみませんか?

キレイの秘訣ナールスお悩み別スキンケア|肌荒れ・大人にきび

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

肌荒れ・大人ニキビ

原因
乾燥やストレス、刺激などによる角質の機能低下
肌荒れ・大人ニキビ

肌荒れは特定の肌症状ではありません。
肌荒れになるとお肌のキメが乱れ、毛穴の開きやカサつき、赤み、大人ニキビ、吹き出物、湿疹、かゆみなど様々な症状がでます。

その原因もさまざまで大気の乾燥、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、便秘による腸内環境の乱れ、花粉などのアレルゲンなどが原因になってバリア機能が低下したり、ターンオーバーが乱れてしまうことです。
最近では、2020年に流行の新型コロナウイルス感染対策のマスクなどが刺激になって、肌荒れすることも話題になりました。

また、年齢とともにセラミドや天然保湿因子(NMF)、皮脂膜などのバリア機能を担う保湿成分が減るため、エイジングケア世代では肌荒れしやすくなります。

さらに、紫外線のダメージも肌荒れの原因になります。

大人のニキビは、肌荒れの一つの症状ですが、主にホルモンバランスや生活習慣、栄養バランスが悪いことが原因です。
大人ニキビは、口のまわりやあごのあたりなど乾燥しやすいUゾーンに繰り返しできやすいのが特徴です。

対策
清潔、保湿、紫外線対策と健康やアンチエイジング

肌荒れを予防して健やかなお肌をキープするには、バリア機能とターンオーバーの正常化が不可欠です。
そのため、スキンケアやエイジングケアの基本は、優しい洗顔やクレンジング、適切な保湿、紫外線対策です。
お肌のはたらきが低下し始めているエイジングケア世代は、この3つを優しく行うことが大切です。
だから、エイジングケア化粧品は、アルコールや香料、着色料などが無添加の刺激の少ない優しいものを使いましょう。
また、洗顔料やクレンジングはアミノ酸系洗浄成分が主成分のタイプ、日焼け止めはノンケミカルのタイプがおすすめです。

さらに、肌荒れの予防や改善は、お肌にとって大切な栄養素であるビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCをバランスよく摂ることや便秘を予防する乳酸菌を含む食べ物や発酵食品、食物繊維が豊富な食べ物を積極的に摂りましょう。

なお、肌荒れが改善しない場合は、早めに皮膚科などを受診しましょう。

肌荒れ・大人ニキビの対策におすすめの組み合わせ
  • 潤いを残すクレンジング
ナールスエークレンズ

アミノ酸系洗浄成分のクレンジングジェルで優しく潤いを残すクレンジング

  • 保湿
ナールスピュア

「ナールスゲン」が保湿力アップをサポート

  • 保湿
ールスユニバ

ヒト型セラミド、シアバター、スクワランが乾燥を強力サポート
「ナールスゲン」が保湿力アップをサポート

  • 紫外線対策
ナールスヴェール

SPF40&PA+++ノンケミカルなUV化粧下地

もっと詳しく知りたい方は…

個別に相談したい場合はLINEで!

LINEで商品の質問やお肌悩みの相談をしてみませんか?

キレイの秘訣 お悩み別スキンケア|紫外線による日焼けや炎症

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

紫外線による日焼けや炎症

原因
UVAとUVBの短期的ダメージ
紫外線による日焼けや炎症

紫外線による日焼けには、サンバーンとサンタンの2種類があります。
サンバーンは、紫外線を浴びた数時間後から起きる赤みやひりひりとした痛みをともなう日焼けです。UVBが原因で、火傷で日光皮膚炎とも呼ばれます。
通常は、1~2日ほどヒリヒリした痛みをともないますが、2、3日後に消失します。

一方、サンタンは、メラニン色素の沈着でできる黒褐色の日焼けで、UVAとUVB、さらにブルーライトなどの可視光線が原因です。
サンバーンの赤みが消えたて、日焼け後3日目ごろからあらわれます。

対策
紫外線カットと紫外線のアフターケア

サンバーンもサンタンも紫外線をブロックすることで予防が可能です。日焼け止め、つばの広い帽子や衣類などのファッションでしっかり紫外線対策をしましょう。

うっかり日焼けをしてサンバーンになった場合は、すぐにアフターケアをすることが大切です。火照ったお肌を冷やしたり、抗炎症成分配合の薬用化粧品を使いましょう。
また、ひどい場合は、皮膚科を受診しましょう。
さらに抗酸化作用のあるエイジングケア化粧品を使ったり、酸化を防ぐ食べ物を摂ることもおすすめです。

うっかり日焼けをしてサンバーンになった場合は、すぐにアフターケアをすることが大切です。火照ったお肌を冷やしたり、抗炎症成分配合の薬用化粧品を使いましょう。
また、ひどい場合は、皮膚科を受診しましょう。
さらに抗酸化作用のあるエイジングケア化粧品を使ったり、酸化を防ぐ食べ物を摂ることもおすすめです。

紫外線による日焼けや炎症の対策のおすすめの組み合わせ
  • 抗酸化
  • 保湿
ナールスピュア

ナールスゲン、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体で紫外線ビフォー・アフターケア

  • 抗酸化
  • 保湿
ナールスパッション

ナールスゲン、ビタミンC誘導体、キュアパッション、アロエベラ葉エキス、プラセンタで紫外線アフターケア

  • 紫外線対策
ナールスヴェール

SPF40、PF+++で紫外線カット

  • 紫外線対策
アイケアメガネ

紫外線を99%以上吸収してカットするレンズで目と目元の紫外線対策

もっと詳しく知りたい方は…

個別に相談したい場合はLINEで!

LINEで商品の質問やお肌悩みの相談をしてみませんか?

キレイの秘訣見つかるナールスお悩み別スキンケア|高齢の乾燥肌

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

ご高齢の方の乾燥肌

原因
加齢によるバリア機能の低下
ご高齢の方の乾燥肌

乾燥肌の原因は、高齢の方であっても「お肌のバリア機能の低下」です。
若くて健康な皮膚は、天然保湿因子(NMF)やセラミドなどによる角質層の水分を保持する力があります。
また、皮脂膜によって、水分蒸散を防ぐ力があります。
このはたらきがバリア機能です。

しかし、年齢を重ねるとお肌のバリア機能を保つ皮脂分泌の減少をはじめ、セラミドや天然保湿因子(NMF)なども減少します。
特に、60代を過ぎ70代、80代になるとお肌から落ちるべき古い角質細胞が表皮に残り、角質層が厚くなります。
そのため、高齢の方はお肌がゴワゴワになったり、お肌から粉をふくこともあるのです。
こうした状態は、老人性乾皮症、乾燥性皮膚炎と呼ばれます。

対策
保湿と日常生活の注意
  • スキンケアやエイジングケアの対策については、ナールスコムの「乾燥肌」でご紹介しています。
    ここでは、その他の日常生活の注意点をご紹介します。

  • ① 入浴時の注意

    高齢になると洗い過ぎや強い刺激で、お肌のダメージが大きくなります。
    だから、石けんやボディーソープを使ってからだを洗うのは、1日1回にとどめましょう。
    また、刺激が少ない弱酸性やアミノ酸系の洗浄剤を選びましょう。
    洗浄剤はよく泡立てて、泡で汚れを落とすように優しく洗います。

  • ② お風呂の入り方

    お風呂の温度は39~40℃程度のぬるめのお湯がおすすめです。
    また、長時間浸かりすぎず適度な時間であがることがポイントです。

  • ③ 部屋の温度や湿度を調整する

    お部屋は暑すぎず寒すぎない室温で過ごすことが基本です。
    また、湿度は50~60%程度を保てるようにしておくと、乾燥肌の予防に繋がります。
    冷暖房も乾燥肌の原因になります。夏や冬にエアコンを使う場合には、部屋の加湿を行いましょう。

  • ④ 肌着は天然素材がおすすめ

    ご高齢の方のお肌は、化学繊維などのダメージを受けやすいです。
    だから、肌着は、天然のシルクがおすすめです。
    なるべくお肌にとって負担が少ない天然素材を選ぶことが大切です。
    シルクは保温性も高いので冷え対策になります。

  • ⑤ 電気毛布やこたつなどの長時間使用は控える

    電気毛布やこたつを長時間使用していると、お肌が乾燥したり脱水症状を引き起こす場合もあります。
    長時間の使用は控えましょう。

  • ⑥ 水分を十分に摂る

    お肌の乾燥を防ぐためにも、適度な水分補給が欠かせません。
    ご高齢の方は、脱水症状になりやすい傾向があります。
    1年を通して、水分を十分に摂取するように気を配りましょう。
    食事とは別に、1日コップ5杯程度の水分を摂ることを心がけましょう。

ご高齢の方の乾燥肌の対策のおすすめの組み合わせ
  • 潤いを残すクレンジング
ナールスクレンズ

アミノ酸系洗浄成分のクレンジングジェルで優しく潤いを残すクレンジング

  • 保湿
ナールスピュア

「ナールスゲン」が保湿力アップをサポート

  • 保湿
ナールスユニバ

ヒト型セラミド、シアバター、スクワランが乾燥を強力サポート
「ナールスゲン」が保湿力アップをサポート

もっと詳しく知りたい方は…

個別に相談したい場合はLINEで!

LINEで商品の質問やお肌悩みの相談をしてみませんか?

キレイの秘訣が見つかるナールスお悩み別スキンケア|ニキビ跡

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

ニキビ跡

原因
赤ニキビ後の皮膚の血管の開き・メラニンの蓄積・炎症など
にきび跡

ニキビ跡は、ニキビそのものは治っても、皮膚の内部に残っている炎症の傷跡です。
炎症を起こしたニキビ(赤ニキビなど)の後に目立つことがあります。
ニキビ跡が目立つ原因は次の3つです。

① 血管が開いてニキビ跡が目立つ
ニキビが治る過程で、細胞を修復するために血管が開いてしまうことで赤みが目立つことがあります。

② メラニンの蓄積
ニキビで炎症が起こると、お肌を守るためにメラニンが増えます。
ターンオーバーが乱れているとメラニンの排出ができないので、ニキビ跡として残ることがあります。

③炎症
ニキビを潰したり、間違ったスキンケアで刺激を与えてしまうと、治ってもニキビ跡として赤みが残ることがあります。
また、炎症が強いと免疫が亢進して真皮が壊されることもあります。そうなると、ニキビ跡は大きくなって凸凹になることもあります。

対策
炎症を抑えることや保湿、紫外線対策

ニキビ跡の予防には、まずニキビにならないことが大前提です。
しかし、ニキビになってしまったら、セルフケアを行うより皮膚科などを受診することをおすすめします。
また、ニキビ跡がクレーターになったりケロイドになった場合も、皮膚科や美容皮膚科などで治療を受けることがおすすめです。

スキンケアやエイジングケアとしては、ターンオーバーやバリア機能の正常化を心がけることが大切です。
だから、お肌を清潔に保つことや、保湿、紫外線対策が基本です。
また、ニキビ跡のセルフケアは、ビタミンC誘導体配合の化粧品などを上手に使うこともよい方法です。軽いニキビ跡ならセルフケアで消すことも期待できます。

ニキビ跡対策におすすめの組み合わせ
  • 適度な角質ケア
ナールスフォーム

古い角質と過剰な皮脂を取り除き、ニキビ予防とターンオーバーの正常化をサポート

  • 適度な皮脂ケア
  • 保湿
ナールスピュア

ビタミンC誘導体が過剰な皮脂の分泌抑制をサポート

  • 適度な皮脂ケア
  • 保湿
ナールスネオ

ビタミンC誘導体が過剰な皮脂の分泌抑制をサポート

  • 適度な皮脂ケア
  • 保湿
  • 紫外線対策
ナールスヴェール

ビタミンC誘導体が過剰な皮脂の分泌抑制をサポート

もっと詳しく知りたい方は…

個別に相談したい場合はLINEで!

LINEで商品の質問やお肌悩みの相談をしてみませんか?

キレイの秘訣ナールスお悩み別スキンケア|紫外線による光老化

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

紫外線による光老化

原因
長期にわたる紫外線ダメージ
長期にわたる紫外線ダメージ

光老化とは、紫外線ダメージによるお肌の老化です。
紫外線によってお肌に発生する活性酸素や細胞へのダメージが蓄積することでお肌が老化するのです。
年齢を経て老化したお肌は、皮膚が薄くなります。ただし、皮膚の角質は厚くなり色も濃くなることが特徴です。
地上に届く紫外線には、UVAとUVBがありますが、光老化は、お肌に急激な変化は与えないものの、照射量が多く、曇や窓ガラスも通り抜けるほど浸透力が高いUVAが主な原因です。

顔のたるみが原因のほうれい線やしわ、たるみ毛穴、しみなどは光老化によってもたされることが多いエイジングサインです。
真皮のダメージがひどい場合は、エラスチンが破壊され、まるでお肌が団子のような状態になる「solar elastosis(日光性弾性線維症)」になってしまうこともあります。
さらに、老人性色素班(シミ)から、それが隆起してイボになる脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)、後頚部に深いひし形の溝のようなシワができる「後部菱形皮膚(こうぶひしがたひふ)」、高齢の方で顔に面皰がたくさんできる「Farvre-Racouchot症候群(ファーブルラクーショしょうこうぐん)」などもあります。

対策
紫外線カットとアフターケア

光老化の予防は紫外線をカットすることです。
まず、春や夏などでは紫外線の強い時間帯を避けることや外出時は必ず日焼け止めを塗ることが基本です。
他にも日傘や帽子を利用する、袖や襟のある衣服で身体を覆う、サングラスをかける、日陰を利用することも必要です。
また、日焼け止めの前にナールスゲンやビタミンC誘導体などの抗酸化成分を配合したエイジングケア化粧品を使うことで紫外線ビフォーケアになります。

さらに、日焼け止めや衣類などによる紫外線対策と同じぐらい大切なのは、紫外線のアフターケアです。なぜなら、いくら予防につとめても完全に紫外線カットをするのは難しいからです。
紫外線を浴びた後は、肌の酸化を防ぐためにアフターケアとして抗酸化成分や十分な栄養、質の高い睡眠を取ることが大切です。ビタミンA、C、Eやポリフェノールなどの抗酸化物質を含む果物や野菜を摂ることも大切です。
しかし、食べ物による紫外線のアフターケアでは、すぐに栄養分がお肌に届きません。
お肌への速やかな吸収を考えると、紫外線を浴びた後に、ビタミンA、C、Eの誘導体やナールスゲンなどの抗酸化作用のある成分を配合したエイジングケア化粧品でアフターケアを行うことも良い方法です。

紫外線による光老化の対策におすすめの組み合わせ
朝朝の光老化対策
  • 洗顔で汚れを落とす
洗顔で汚れを落とす
  • 抗酸化
  • 保湿
ナールスピュア

ナールスゲン、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体で紫外線ビフォーケア

  • SPF40&PA+++
    ノンケミカルなUV化粧下地
ヴェール

SPF40、PF+++で
紫外線カット

朝夜の光老化対策
  • しっかりメイク落とし
エークレンズ

タナクラクレイで毛穴汚れをしっかり落す

  • 抗酸化
  • 保湿
ナールスピュア

紫外線アフターケア

  • 抗酸化
  • 保湿
ユニバ

ヒト型セラミドで保湿ビタミンA誘導体で抗酸化

もっと詳しく知りたい方は…

ページトップへ