季節のスキンケア・エイジングケア(冬)

季節のスキンケア&エイジングケア

日本には、四季があることで様々な文化的なイベントや自然の変化など、人々に大きな楽しみを与えています。
一方、スキンケアやエイジングケアの観点では、季節がお肌に影響を与えてしまいます。なぜなら、季節によって、気温、湿度、紫外線や花粉など刺激になる要素が変化するからです。そのため、季節を意識したスキンケアやエイジングケアが大切となります。

そこで、ナールスコムでは、季節別のスキンケアやエイジングケアの大切なポイントを解説いたします。
それぞれの季節で気をつけたいポイントを知って、しっかりエイジングケアを実践しましょう。

季節で選ぶ

  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

月別で選ぶ

冬のスキンケア&エイジングケア

冬のスキンケア&エイジングケア

冬のお肌に影響を与える大きな要素

冬は、気温、湿度とも四季の中で最も低いため、最も乾燥する季節です。そんな冬にお肌も季節的な影響を受けることになります。 冬の季節がお肌に影響を与える大きな要素は、次の3つです。

① 湿度の低下による空気の乾燥
冬は、気温、湿度とも四季の中で最も低いため、最も乾燥する季節です。空気の乾燥とあいまってお肌からの水分が蒸発しやすいのです。 だから、冬は保湿ケアがとても大切です。
② 気温低下による体温低下
気温の低下の影響で体温も下がります。体温低下は皮脂や汗がでにくくなったり、血行やリンパ管の活動低下の原因になってしまうリスクもあります。冬はむくみや冷え性にも注意が必要です。
③ 暖房による部屋の乾燥の助長
体温低下を防ぐためにはエアコンによる暖房がプラスに働きますが、空気を乾燥させて湿度を下げてしまう点ではマイナスです。冬はエアコンによる乾燥肌の対策も大切です。

冬のスキンケア&エイジングケアのポイント

① 何と言ってもしっかり保湿
冬の季節は四季の中で最も保湿に力を注ぎましょう。「水分を保持する」ことと「水分の蒸発を防ぐ」の2つを意識した保湿を実施しましょう。 水溶性と油溶性の保湿成分の両方をエイジングケア化粧品で補いましょう。 特に、乾燥しやすい目元や口元は専用美容液で集中ケアすることもオススメです。
② 潤いをキープするクレンジングや洗顔
美容液や保湿クリームによる保湿ケアに加えて大切なのは、クレンジングや洗顔でセラミドや必要な皮脂まで洗い流さないことです。 エイジングケア世代の方は、冬の季節のクレンジングや洗顔は適度な洗浄力の優しいタイプのものを使いましょう。 また、年齢を重ねるほどに、お肌の負担になるダブル洗顔も冬場は控えめにすることをオススメします。
③ 体温アップのための温活やリンパケア
体温アップのための温活やリンパケア
スキンケアとともに体を温めることも大切です。お風呂や冷え取り靴下などを使った温活も取り入れてみましょう。 さらに、血管やリンパ管の活動も低下します。 老廃物を流すためには適度な運動も大切です。 また、リンパ管に着目したキュアパッションという成分でエイジングケアを行ないましょう。

冬のスキンケア&エイジングケアにオススメのナールス

ナールスユニバ

① ナールスユニバ

冬の乾燥肌対策には、3種のヒト型セラミド、シアバター、スクワランなど保湿力を高める成分がしっかり配合の保湿クリームがオススメです。

ナールスピュア

② ナールスピュア

冬に限らずどんな季節でも、お肌が自ら保湿する力をサポートするエイジングケア化粧水。
ナールスゲンとプロテオグリカンで内側からしっかり水分を保持する素肌の力を高めましょう。

ナールスネオ

③ ナールスネオ

ナールスゲン、ネオダーミル、プロテオグリカン、ヒト型セラミドでコラーゲンやエラスチンをサポートするケアで乾燥対策+αのエイジングケアを。

ナールスエークレンズ

④ ナールスエークレンズ

優しいクレンジング料ならアミノ酸系洗浄成分配合のクレンジングジェル。
ヒアルロン酸、グルコシルセラミドやユズ果実エキス配合で潤いを守ります。

ナールスパッション

⑤ ナールスパッション

ナールスゲン、プラセンタ、キュアパッションなど、タップリの美容成分を配合したバイオセルロース製マスクで、乾燥対策とリンパ管ケアを。

なお、冬の乾燥肌対策やエイジングケアについての詳しい情報は、
冬(12月・1月・2月)の乾燥肌対策は保湿とエイジングケア」をご覧ください。

季節のスキンケア・エイジングケア(秋)

季節のスキンケア&エイジングケア

日本には、四季があることで様々な文化的なイベントや自然の変化など、人々に大きな楽しみを与えています。
一方、スキンケアやエイジングケアの観点では、季節がお肌に影響を与えてしまいます。なぜなら、季節によって、気温、湿度、紫外線や花粉など刺激になる要素が変化するからです。そのため、季節を意識したスキンケアやエイジングケアが大切となります。

そこで、ナールスコムでは、季節別のスキンケアやエイジングケアの大切なポイントを解説いたします。
それぞれの季節で気をつけたいポイントを知って、しっかりエイジングケアを実践しましょう。

季節で選ぶ

  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

月別で選ぶ

秋のスキンケア&エイジングケア

夏のスキンケア&エイジングケア

秋のお肌に影響を与える大きな要素

秋は、夏が終わって涼しくなり、食欲も高くなる四季の中で最も過ごしやすい季節です。そんな秋にお肌も季節的な影響を受けることになります。お肌に影響を与える大きな要素は、次の3つです。

① 夏のダメージ
秋は、夏の高温多湿や紫外線によるダメージがお肌に残っていて、くすみやシミが目立ってしまうこともあります。また、お肌の疲労で一時的な敏感肌や肌荒れになってしまうことも。
② 皮脂分泌の低下
気温、湿度ともに夏に比べれば下がってきます。過ごし易くお肌にも優しい季節ですが、皮脂分泌が低下するので、冬に向かう乾燥を意識した保湿が大切です。
③ 温度差によるお肌のバランスの崩れ
春同様季節の変わり目である秋は、温度差が激しくお肌のバランスが崩れて肌荒れしたり、敏感になることもあります。

秋のスキンケア&エイジングケアのポイント

① 夏のダメージを取り除くスキンケア&エイジングケア
秋のお肌は、夏のダメージを取り除くため抗酸化力のあるビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体などを、積極的にスキンケアやエイジングケアに活用しましょう。また、ナールスゲンやネオダーミルなどのコラーゲンやエラスチンをサポートするエイジングケア化粧品成分でしっかりエイジングケアを。
② やっぱり保湿対策
冬に向かうこの季節は、皮脂分泌が低下します。やはり秋のスキンケアも保湿は大切です。冬の乾燥の季節に備えて、バリア機能やターンオーバーを整えましょう。
③ 秋の夜長にスペシャルケアでお肌回復
秋の夜長にスペシャルケアでお肌回復
秋は良く食べ良く眠ることができればお肌にも良い影響があります。ちょっとゆっくり目にスキンケアのお時間を取って、良いフェイスマスクで秋の夜長にスペシャルケアを楽しんでみることをおすすめします。

秋のスキンケア&エイジングケアにオススメのナールス

ナールスピュア

① ナールスピュア

どんな季節でも、お肌が自ら保湿する力をサポートするエイジングケア化粧水。
ナールスゲンとプロテオグリカンで内側からしっかり水分を保持する素肌の力を高めましょう。
ナールスゲンとビタミンC誘導体で、紫外線のアフターケアも!

ナールスネオ

② ナールスネオ

ナールスゲン、ネオダーミル、プロテオグリカンで夏の紫外線でダメージを浴びた皮膚の薄い口元や目元を集中してサポートしましょう。もちろん、ビタミンC誘導体やダエダリンAなども紫外線ダメージをサポート。

ナールスパッション

③ ナールスパッション

ナールスゲン、プラセンタ、キュアパッションなど、タップリの美容成分を配合したバイオセルロース製マスクが、夏のダメージを癒すスキンケアをサポート。

ナールスエークレンズ

④ ナールスエークレンズ

秋の季節のゆらぎ肌や敏感肌なら優しいクレンジング料を!
敏感肌でも乾燥肌でも使えるエイジングケア世代向けのクレンジングジェル

季節のスキンケア・エイジングケア(夏)

季節のスキンケア&エイジングケア

日本には、四季があることで様々な文化的なイベントや自然の変化など、人々に大きな楽しみを与えています。
一方、スキンケアやエイジングケアの観点では、季節がお肌に影響を与えてしまいます。なぜなら、季節によって、気温、湿度、紫外線や花粉など刺激になる要素が変化するからです。そのため、季節を意識したスキンケアやエイジングケアが大切となります。

そこで、ナールスコムでは、季節別のスキンケアやエイジングケアの大切なポイントを解説いたします。
それぞれの季節で気をつけたいポイントを知って、しっかりエイジングケアを実践しましょう。

季節で選ぶ

  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

月別で選ぶ

夏のスキンケア&エイジングケア

夏のスキンケア&エイジングケア

夏のお肌に影響を与える大きな要素

夏は、高温多湿で紫外線量もピークに。海や山などへのレジャーやマリンスポーツなど楽しみはたくさんありますが、季節的なお肌へのダメージも一杯。夏にお肌に影響を与える大きな要素は、次の3つです。

① 紫外線量(特に、UV-B波)
夏は、紫外線A波もピークですが、紫外線B波もピークです。まずは日焼け止めや衣類、帽子、サングラスなどでしっかりと紫外線対策を行いましょう。
② 高温多湿
四季の中で、気温、湿度ともピークになるので、皮脂分泌が高まります。外での活動時には、汗をかく機会が多くなります。汗のかき過ぎは乾燥肌の原因になることも。
③ エアコンによる乾燥
室内にいる場合は、ほぼエアコンの中にいるため、空気が乾燥した中にいる時間が長くなります。その影響でお肌の乾燥を助長することがあります。

夏のスキンケア&エイジングケアのポイント

① 紫外線対策
日焼け止めでしっかりと紫外線A波、紫外線B波両方の紫外線対策を行いましょう。それ以外でも衣類、サングラスなどで紫外線からのダメージを防ぎましょう。 さらに、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどを含む食べ物を摂ることや、スキンケア化粧品でアフターケアも心がけましょう。
② べとつかない保湿対策と毛穴対策
どんな季節も乾燥対策はスキンケア、エイジングケアの基本です。でも、汗でべとつく夏には、不要な皮脂をしっかり洗い流す洗顔と油分が少ない化粧水や美容液を使うのがベター。皮脂分泌を抑えるビタミンC誘導体配合のさっぱりタイプの化粧水やローションがオススメです。 また、皮脂過剰によるいちご鼻、角栓などが目立つのを防ぐために毛穴汚れをしっかり落としましょう。
③ エアコンによる乾燥対策
エアコンによる乾燥対策
外では汗をかき、お部屋ではエアコンで湿度も気温も低いなどの環境変化を毎日繰り返すとインナードライ肌になってしまうリスクもあります。そんなリスクを感じたらバリア機能を高めるためにもヒト型セラミドなどを補うことも必要なケースもあります。

夏のスキンケア&エイジングケアにオススメのナールス

ナールスエークレンズ

① ナールスエークレンズ

アミノ酸系洗浄成分配合の優しいクレンジングジェル。クレイとアーチチョーク葉エキス配合で、毛穴汚れや目立つ毛穴にもしっかりアプローチ。
金コロイドでお肌の酸化も予防できるクレンジングジェルがオススメです。

ナールスピュア

② ナールスピュア

夏に限らずどんな季節でも、お肌が自ら保湿する力をサポートするエイジングケア化粧水。
ナールスゲンやプロテオグリカンで内側からしっかり水分を保持する素肌の力を高めましょう。
ナールスゲンと2種のビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体で、紫外線のアフターケアも!

ナールスユニバ

③ ナールスユニバ

夏のインナードライ肌や敏感肌でお悩みなら、3種のヒト型セラミド配合でサッパリタイプの保湿クリームを使ってみるのも良いでしょう。

ナールスヴェール

④ ナールスヴェール

ナールスゲン推奨濃度配合。紫外線散乱剤だけの、赤ちゃんでも使えるほど優しいUV化粧下地。SPF40、PA+++でしっかり紫外線をカット。乾燥しない、くずれにくい、白浮きしないこともメリットです。

なお、夏の乾燥肌対策やエイジングケアについての詳しい情報は、
「夏も気を抜くな!6月・7月・8月の乾燥肌の予防と改善対策」をご覧ください。

季節のスキンケア・エイジングケア(春)

季節のスキンケア&エイジングケア

日本には、四季があることで様々な文化的なイベントや自然の変化など、人々に大きな楽しみを与えています。
一方、スキンケアやエイジングケアの観点では、季節がお肌に影響を与えてしまいます。なぜなら、季節によって、気温、湿度、紫外線や花粉など刺激になる要素が変化するからです。そのため、季節を意識したスキンケアやエイジングケアが大切となります。

そこで、ナールスコムでは、季節別のスキンケアやエイジングケアの大切なポイントを解説いたします。
それぞれの季節で気をつけたいポイントを知って、しっかりエイジングケアを実践しましょう。

季節で選ぶ

  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

月別で選ぶ

春のスキンケア&エイジングケア

春のスキンケア&エイジングケア

春のお肌に影響を与える大きな要素

春は、気温も暖かくなり気分もウキウキとお出かけしたい季節です。そんな春にお肌も季節的な影響を受けることになります。春の季節がお肌に影響を与える大きな要素は、次の3つです。

① 花粉やほこり
春は花粉の量が増えたり、ほこりなどが風で運ばれるため、肌に汚れが溜まりやすいなどの影響があります。また、アレルギーになる原因も増えます。
そのため肌荒れや大人ニキビなどのリスクが高まります。
② 気温の急激な変化
春は、全体には気温が上昇しますが、ちょっとしたお天気の変化で日々の気温の変化が激しいのが特徴です。つまり、春は寒暖差が大きい季節です。
そんな急激な気温の変化に身体やお肌が対応しきれずに、肌荒れやお肌が敏感になることもあります、また、エイジングや冷えで代謝が悪い方は、血行も悪くなってくすんでしまうこともあります。
③ 紫外線量の増加
冬に比べると紫外線量が増えてくるので、そろそろ本格的に紫外線対策を意識しないといけない季節です。
陽射しの強い日はもちろん、曇りの日でも降り注ぐUV-A波が、エイジングサインに深く関わっていることも知っておきましょう。
しわやほうれい線の敵である紫外線カットをしっかり意識しましょう。
もちろん、晴れた日はシミや日焼けの原因になるUV-B波のカットも大切です。

春のスキンケア&エイジングケアのポイント

① クレンジングや洗顔を見直してみましょう
エイジングとともにお肌が刺激に弱くなります。異動や引っ越しなどストレスと相まって、今までのクレンジングで刺激を感じることも。
一方、毛穴の汚れや花粉などもつきやすい季節です。
エイジングケア世代では、優しいアミノ酸系洗浄成分のクレンジング料がオススメです。
また、毛穴の汚れや花粉などをしっかり落としましょう。
もちろん、ダブル洗顔不要のクレンジング料で毛穴汚れにアプローチもできればなおベターです。
ダブル洗顔を行う場合は、刺激の少ない洗顔が大切ですから、泡立ちが良く適度な洗浄力の洗顔料を使いましょう。
② 乾燥対策とリンパ管ケア
どんな季節も乾燥対策はスキンケア、エイジングケアの基本です。肌荒れやお肌が敏感な状態が気になる場合は、しっかり保湿を心がけましょう。
保湿の本質は、「水分を保持する力のある素肌力」です。
だからこそ、目指すのは、「その場限りの潤い感」ではなく、お肌の内側の力をアップするエイジングケアが大切です。
プロテオグリカンやナールスゲン、セラミドなどを配合した保湿力の高いエイジングケア化粧品を使いましょう。
また、気温差で血管やリンパ管などの動きが低下している場合もあるので、血管やリンパ管のケアも大切です。
③ 紫外線対策とアフターケア
紫外線対策とアフターケア
夏ほどではありませんが、UV-A波もUV-B波も降り注ぐ量は、冬に比べるとアップしてきます。この時期の晴天の日は日焼け止めやUV化粧下地などでしっかり紫外線をカットしましょう。雨の日や曇りの日には、「日焼け止めまでは使いたくない」とお考えの方も多いと思います。そんな時でも、紫外線のアフターケアを心がけましょう。
ナールスゲンやビタミンACEの誘導体を配合したエイジングケア化粧品がオススメです。

春のスキンケア&エイジングケアにオススメのナールス

ナールスエークレンズ

① ナールスエークレンズ

優しいクレンジング料ならアミノ酸系洗浄成分のクレンジングジェル。
クレイとアーチチョーク葉エキスで毛穴汚れにもしっかりクリアに。

ナールスピュア

② ナールスピュア

春に限らずどんな季節でも、お肌が自ら保湿する力をサポートするエイジングケア化粧水。
ナールスゲンとプロテオグリカンなどで内側からしっかり水分を保持する素肌の力を高めましょう。
ナールスゲンとビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体配合で、紫外線のアフターケアも!

ナールスパッション

③ ナールスパッション

ナールスゲン、プラセンタ、キュアパッションなど、タップリの美容成分を配合したバイオセルロース製マスクが、リンパ管ケアと紫外線のアフターケアをサポート。

ナールスヴェール

④ ナールスヴェール

ナールスゲン推奨濃度配合。紫外線散乱剤だけの、赤ちゃんでも使えるほど優しいUV化粧下地。SPF40、PA+++でしっかり紫外線をカット。乾燥しない、くずれにくい、白浮きしないこともメリットです。

なお、春の乾燥肌対策やエイジングケアについての詳しい情報は、
春(3月・4月・5月)の乾燥肌対策は正しいスキンケアで!」をご覧ください。

ページトップへ