季節のスキンケア・エイジングケア(夏)

季節のスキンケア&エイジングケア

日本には、四季があることで様々な文化的なイベントや自然の変化など、人々に大きな楽しみを与えています。
一方、スキンケアやエイジングケアの観点では、季節がお肌に影響を与えてしまいます。なぜなら、季節によって、気温、湿度、紫外線や花粉など刺激になる要素が変化するからです。そのため、季節を意識したスキンケアやエイジングケアが大切となります。

そこで、ナールスコムでは、季節別のスキンケアやエイジングケアの大切なポイントを解説いたします。
それぞれの季節で気をつけたいポイントを知って、しっかりエイジングケアを実践しましょう。

季節で選ぶ

  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

月別で選ぶ

夏のスキンケア&エイジングケア

夏のスキンケア&エイジングケア

夏のお肌に影響を与える大きな要素

夏は、高温多湿で紫外線量もピークに。海や山などへのレジャーやマリンスポーツなど楽しみはたくさんありますが、季節的なお肌へのダメージも一杯。夏にお肌に影響を与える大きな要素は、次の3つです。

① 紫外線量(特に、UV-B波)
夏は、紫外線A波もピークですが、紫外線B波もピークです。まずは日焼け止めや衣類、帽子、サングラスなどでしっかりと紫外線対策を行いましょう。
② 高温多湿
四季の中で、気温、湿度ともピークになるので、皮脂分泌が高まります。外での活動時には、汗をかく機会が多くなります。汗のかき過ぎは乾燥肌の原因になることも。
③ エアコンによる乾燥
室内にいる場合は、ほぼエアコンの中にいるため、空気が乾燥した中にいる時間が長くなります。その影響でお肌の乾燥を助長することがあります。

夏のスキンケア&エイジングケアのポイント

① 紫外線対策
日焼け止めでしっかりと紫外線A波、紫外線B波両方の紫外線対策を行いましょう。それ以外でも衣類、サングラスなどで紫外線からのダメージを防ぎましょう。 さらに、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどを含む食べ物を摂ることや、スキンケア化粧品でアフターケアも心がけましょう。
② べとつかない保湿対策と毛穴対策
どんな季節も乾燥対策はスキンケア、エイジングケアの基本です。でも、汗でべとつく夏には、不要な皮脂をしっかり洗い流す洗顔と油分が少ない化粧水や美容液を使うのがベター。皮脂分泌を抑えるビタミンC誘導体配合のさっぱりタイプの化粧水やローションがオススメです。 また、皮脂過剰によるいちご鼻、角栓などが目立つのを防ぐために毛穴汚れをしっかり落としましょう。
③ エアコンによる乾燥対策
エアコンによる乾燥対策
外では汗をかき、お部屋ではエアコンで湿度も気温も低いなどの環境変化を毎日繰り返すとインナードライ肌になってしまうリスクもあります。そんなリスクを感じたらバリア機能を高めるためにもヒト型セラミドなどを補うことも必要なケースもあります。

夏のスキンケア&エイジングケアにオススメのナールス

ナールスエークレンズ

① ナールスエークレンズ

アミノ酸系洗浄成分配合の優しいクレンジングジェル。クレイとアーチチョーク葉エキス配合で、毛穴汚れや目立つ毛穴にもしっかりアプローチ。
金コロイドでお肌の酸化も予防できるクレンジングジェルがオススメです。

ナールスピュア

② ナールスピュア

夏に限らずどんな季節でも、お肌が自ら保湿する力をサポートするエイジングケア化粧水。
ナールスゲンやプロテオグリカンで内側からしっかり水分を保持する素肌の力を高めましょう。
ナールスゲンと2種のビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体で、紫外線のアフターケアも!

ナールスユニバ

③ ナールスユニバ

夏のインナードライ肌や敏感肌でお悩みなら、3種のヒト型セラミド配合でサッパリタイプの保湿クリームを使ってみるのも良いでしょう。

ナールスヴェール

④ ナールスヴェール

ナールスゲン推奨濃度配合。紫外線散乱剤だけの、赤ちゃんでも使えるほど優しいUV化粧下地。SPF40、PA+++でしっかり紫外線をカット。乾燥しない、くずれにくい、白浮きしないこともメリットです。

なお、夏の乾燥肌対策やエイジングケアについての詳しい情報は、
「夏も気を抜くな!6月・7月・8月の乾燥肌の予防と改善対策」をご覧ください。

ページトップへ