キレイの秘訣 お悩み別スキンケア「しみ」

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

しみ

原因
紫外線、乾燥、ホルモンバランスの乱れなど
紫外線、乾燥、ホルモンバランスの乱れなど

シミと言えば、多くの場合「老人性色素斑」のことです。これは、紫外線が原因となり、メラニンが大量につくられることによってできるので、「日光性黒子」とも呼ばれています。
しかし、シミには、そばかすや肝斑をはじめいくつかの種類があって、女性ホルモンのバランスの乱れなど紫外線以外の原因でできるものもあります。
また、ターンオーバーの乱れもシミの原因となります。

対策
美白化粧品とターンオーバーの正常化。その前に紫外線対策を

いわゆる、普通の「シミ」、老人性色素斑は、紫外線対策と美白化粧品による対策が基本です。また、予防的にビタミンC配合のエイジングケア化粧品を使うことも予防的な対策になります。
さらに、リンパ管ケア成分のキュアパッションやビタミンA・C・Eの誘導体を配合したエイジングケア化粧品などで紫外線のビフォーケア、アフターケアも予防としては良い選択肢です。
しかし、エイジングケア世代の方にとってもっと大切なことは、そもそもシミを作らないように紫外線対策をしっかり行うことです。
日焼け止めや日傘など、さまざまな手段で紫外線対策を行いましょう。
日焼け止めは、エイジングケア世代の方なら紫外線散乱剤だけで作ったノンケミカルなタイプがおすすめです。

しみケアにおすすめの組み合わせ
  • ターンオーバーの
    正常化
  • 抗酸化
ナールスピュア

ビタミンC誘導体が日焼けによるシミ・そばかすの予防をサポート

美白美容液
美白美容液
  • ターンオーバーの
    正常化
  • リンパ管ケア
ナールスパッション

キュアパッションが紫外線のビフォー&アフターケアをサポート

  • ターンオーバーの
    正常化
  • 抗酸化
ユニバ
  • SPF40&PA+++
    ノンケミカルな
    UV化粧下地
ヴェール

「ナールスゲン」が保湿力アップをサポート。

もっと詳しく知りたい方は…

ページトップへ