キレイの秘訣 お悩み別スキンケア「ニキビ跡」

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

ニキビ跡

原因
赤ニキビ後の皮膚の血管の開き・メラニンの蓄積・炎症など
にきび跡

ニキビ跡は、ニキビそのものは治っても、皮膚の内部に残っている炎症の傷跡です。
炎症を起こしたニキビ(赤ニキビなど)の後に目立つことがあります。
ニキビ跡が目立つ原因は次の3つです。

① 血管が開いてニキビ跡が目立つ
ニキビが治る過程で、細胞を修復するために血管が開いてしまうことで赤みが目立つことがあります。

② メラニンの蓄積
ニキビで炎症が起こると、お肌を守るためにメラニンが増えます。
ターンオーバーが乱れているとメラニンの排出ができないので、ニキビ跡として残ることがあります。

③炎症
ニキビを潰したり、間違ったスキンケアで刺激を与えてしまうと、治ってもニキビ跡として赤みが残ることがあります。
また、炎症が強いと免疫が亢進して真皮が壊されることもあります。そうなると、ニキビ跡は大きくなって凸凹になることもあります。

対策
炎症を抑えることや保湿、紫外線対策

ニキビ跡の予防には、まずニキビにならないことが大前提です。
しかし、ニキビになってしまったら、セルフケアを行うより皮膚科などを受診することをおすすめします。
また、ニキビ跡がクレーターになったりケロイドになった場合も、皮膚科や美容皮膚科などで治療を受けることがおすすめです。

スキンケアやエイジングケアとしては、ターンオーバーやバリア機能の正常化を心がけることが大切です。
だから、お肌を清潔に保つことや、保湿、紫外線対策が基本です。
また、ニキビ跡のセルフケアは、ビタミンC誘導体配合の化粧品などを上手に使うこともよい方法です。軽いニキビ跡ならセルフケアで消すことも期待できます。

ニキビ跡対策におすすめの組み合わせ
  • 適度な角質ケア
ナールスフォーム

古い角質と過剰な皮脂を取り除き、ニキビ予防とターンオーバーの正常化をサポート

  • 適度な皮脂ケア
  • 保湿
ナールスピュア

ビタミンC誘導体が過剰な皮脂の分泌抑制をサポート

  • 適度な皮脂ケア
  • 保湿
ナールスネオ

ビタミンC誘導体が過剰な皮脂の分泌抑制をサポート

  • 適度な皮脂ケア
  • 保湿
  • 紫外線対策
ナールスヴェール

ビタミンC誘導体が過剰な皮脂の分泌抑制をサポート

もっと詳しく知りたい方は…

個別に相談したい場合はLINEで!

LINEで商品の質問やお肌悩みの相談をしてみませんか?

ページトップへ