キレイの秘訣 お悩み別スキンケア「目の下のクマ」

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

目の下のクマ

原因
クマの種類で原因が異なる
目の下のクマ

目の下のクマには青クマ、茶グマ、黒クマ、赤グマの4種類があります。
実は、それぞれ原因が違うのです。また、共通する原因もあります。

青クマの原因は、目の疲れ、睡眠不足、月経時などの女性ホルモンのバランスの乱れ、冷え症、ストレスなどによって、血行が悪くなることや、リンパの流れの悪化による老廃物が溜まることです。

茶グマは、表皮の問題で起こるタイプと真皮の問題で起こるタイプの2種あります。
表皮の茶グマは、紫外線ダメージや、目のこすり過ぎで、メラニン色素が沈着することで起こります。
真皮の茶グマは、遅発性両側性太田母斑様色素斑(ちはつせいりょうそくせいおおたぼはんようしきそはん)と呼ばれるアザです。

黒クマは、目の下のたるみが原因です。
目の下のたるみは、真皮の衰え、眼輪筋(がんりんきん)の衰え、眼窩脂肪(がんかしぼう)の衰えでできてしまいます。
紫外線以外に加えて、ブルーライトや近赤外線も黒クマの原因になることが分かってきました。

赤グマの原因の1つは血行不良です。
青クマが静脈のうっ血に対し、赤グマの場合は静脈・動脈両方のうっ血が原因です。
また、眼窩脂肪の突出も赤くまの原因です。

対策
基本は保湿と紫外線対策!もちろん、クマの種類別に対策を。

目の下のクマは、どのタイプかを知ってそれぞれの原因にアプローチすることが大切です。
スキンケアやエイジングケアだけでは改善しないことも多いので、内側からの健康やアンチエイジングを意識した生活や場合によっては皮膚科を受診する必要もあります。

青クマの解消のためには、まず“目の疲れを取ること”です。

たとえば、タオルで目元を温めながら保湿することもよいでしょう。
毎日、続けることで血行がよくなったり、リンパの流れが改善します。
他にはお風呂でカラダを温めるなど全体的なヘルスケア対策が基本です。
スキンケアでは「保湿」と「紫外線ケア」が基本です。

茶グマの対策は、まずは、紫外線ブロック。
メラニンを過剰に作らないことがポイントです。
だから、日焼け止めと美白アイテムでケアするのが大切です。
また、日焼け止めを塗っていても紫外線のアフターケアも忘れないでください。
また、目を強くこすらないようにもしてください。

黒クマの予防は、紫外線対策とエイジングケア化粧品。
たるみが原因の黒クマが目立つと、化粧品では改善するのが難しくなるので予防が大切。
コラーゲンやエラスチンの産生をサポートする成分が配合されたエイジングケア化粧品がオススメです。
もちろん、他のクマと同じく紫外線対策もしっかり行いましょう。
日焼け止めに加えて、目の周りはUVカットサングラスで守ることも大切です。

赤グマは、比較的、軽度な場合から重度の場合まであります。
軽度な場合は、青クマと同じ対策です。
一方、眼窩脂肪の突出による目の下のふくらみがある場合は、皮膚科や美容クリニックで相談しましょう。

目の下のクマの対策のおすすめの組み合わせ
  • 保湿
ナールスピュア

「ナールスゲン」がコラーゲン、エラスチンなどを自らの力で増やすことをサポート

  • 保湿
ナールスネオ

「ナールスゲン」がコラーゲン、エラスチンなどを自らの力で増やすことをサポート

  • 保湿
  • 紫外線対策
ナールスヴェール

「ナールスゲン」がコラーゲン、エラスチンなどを自らの力で増やすことをサポート

  • 紫外線対策
アイケアメガネ

紫外線を99%以上吸収してカットするレンズで目と目元の紫外線対策

もっと詳しく知りたい方は…

個別に相談したい場合はLINEで!

LINEで商品の質問やお肌悩みの相談をしてみませんか?

ページトップへ