キレイの秘訣 お悩み別スキンケア「手のしみ」

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

手のしみ

原因
紫外線、乾燥、加齢など
手のしみ

手の甲のシミは、30代を超えるころから目立ち始めます。また、加齢とともに目立つリスクが高くなります。

そんな手のシミの多くは、老人性色素斑や脂漏性角化症(老人性イボ)、炎症性沈着です。

手のシミの主な原因は、紫外線ダメージと加齢です。特に、紫外線を長年浴び続けることが大きな原因です。

炒め物や揚げ物などの料理中に手に飛んだ高温の油による火傷で、色素沈着することもあります。

また、虫刺されなどの炎症後にメラニンが発生して、それがお肌に残ってしまうことやターンオーバーの乱れなども原因になります。

対策
紫外線対策と保湿、美白ケア

目立った手のシミをハンドケアだけで消すことや取ることは難しいのが現実です。
だからこそ、予防が大切です。

紫外線対策と保湿をしっかり行うことが手のシミの予防の基本です。
紫外線対策では、日焼け止めや手袋、UVカットハンドクリームなどで紫外線をブロックすることが大切です。
特に春から夏にかけて、手のシミの原因であるUVBが多く照射しています。
だから、この季節はしっかりと紫外線をブロックしましょう。

また、エイジングケア化粧水やハンドクリームを使って保湿を行うことも手のシミの予防に効果的です。
保湿成分とビタミンC誘導体やナールスゲンなどを配合した化粧水やハンドクリームがおすすめです。

手のしみケアにおすすめの組み合わせ
  • 保湿
ナールスピュア

「ナールスゲン」、「ビタミンC誘導体」が保湿力アップとエイジングケアをサポート

  • 保湿
ナールスロゼ

「ナールスゲン」、「ビタミンC誘導体」が保湿力アップとエイジングケアをサポート

  • 保湿
  • 紫外線対策
ナールスヴェール

「ナールスゲン」、「ビタミンC誘導体」が保湿力アップとエイジングケアをサポート

もっと詳しく知りたい方は…

個別に相談したい場合はLINEで!

LINEで商品の質問やお肌悩みの相談をしてみませんか?

ページトップへ