キレイの秘訣 お悩み別スキンケア「手荒れ」

お悩み別スキンケア

お悩みで選ぶ

手荒れ

原因
手肌の乾燥や刺激によるバリア機能低下、血行不良
手荒れ

手荒れと手湿疹(主婦湿疹)はほぼ同じ意味で使われます。医学的に手湿疹は「接触皮膚炎」の一種で、進行性指掌角皮症とも呼ばれます。
ひどくなると、あかぎれやひび割れになります。

そんな手荒れは、水、化学物質やスマホの触りすぎなどの外部からの刺激が原因でおこります。
たとえば、手の洗いすぎやアルコール消毒などもその一つです。
これらによって、手肌のバリア機能が低下して乾燥してしまう状態が手荒れです。

また、手肌の冷えや血行不良も手荒れに原因になります。

対策
水他刺激を避けることと保湿ケア

手荒れ予防の基本は、手肌の乾燥を予防することです。

まずは、水仕事の際には手袋をしたり、こまめにハンドクリームを使うなどが大切です。
水仕事や手洗い後にしっかり水分を拭き取ることも大切です。
また、春や夏でも、さっぱりタイプのハンドクリームで手肌の保湿ケアを行いましょう。

さらに、食べ物でビタミンやミネラルなどの栄養素を摂る、手の紫外線対策をする、物理的刺激を避ける、ストレスを回避するなど大切です。

あかぎれやひび割れなど手荒れがひどい場合は、尿素配合の薬用ハンドクリームを使うこともよい方法です。

また、かゆみや痛みを感じるなら、早めに皮膚科を受診して改善のための治療をしましょう。

手荒れケアにおすすめの組み合わせ
  • 保湿
ナールスロゼ

「ナールスゲン」が保湿力アップとエイジングケアをサポート

もっと詳しく知りたい方は…

個別に相談したい場合はLINEで!

LINEで商品の質問やお肌悩みの相談をしてみませんか?

ページトップへ