ナールスをご愛用いただいているお客様の声 vol.70

2021年05月06日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

毎月2回、ナールスのお化粧品をご愛用いただいているお客様の声をご紹介しています。
※今月は5月6日(木)と5月17日(月)にアップします。

みなさまのエイジングケアの参考にしていただけましたら幸いです。

ここ数年、肌にトラブルなく過ごせています





ここ数年、肌にトラブルなく過ごせています。
それが当たり前となっていますが、思い返すと、
ナールスシリーズを使う前までは
吹き出物が無い日の方が少なかったですし、
口元の小ジワも目立っていました。
肌調子が良いって嬉しいです。
ナールスさん、改めて感謝しています。

〜55歳 H.O.さま より〜




悩んでいたことすら忘れてしまうほど、
肌の調子が良い状態があたりまえになっておられるのですね。
これは本当に嬉しいです。
これからも、ぜひ、健康な素肌づくりのお手伝いをさせていただきたいです。

次回は5月17日(月)にアップします。

お楽しみに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

お肌がコゲる?エイジングケアの大敵「糖化」を防ぐ方法とは?

2021年04月30日


みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

突然ですが、あることがきっかけで、ふと思い出したのですが、

私が子どもの頃、「コゲたものを食べたらガンになる」と、母から言われたことがあります。

なぜそんなことが言われていたのかというと、きっと、コゲには発がん物質が入っているからだと思います。

ただ、入っていると言ってもごくごく微量です。

どれくらい微量かというと、一日3食、山盛りのコゲを365日食べ続けるとガンになるかもしれない、というくらいの量です。

普段の食生活で、例えば焼き魚のコゲや、少し焼きすぎた食パンを食べても、そのコゲが原因でガンになることは考えにくいです。

だから、あまり気にしなくて大丈夫ということで、今はほぼ聞かなくなりました。

でも、別の角度から考えると、コゲたものを食べるのは避けた方が良いです。

冒頭で「あることがきっかけで、ふと思い出した」と書きましたが、あることというのは、「AGEsの多い食べ物をたくさん摂ると、糖化が進む」ということです。

コゲのある食べ物は、AGEsが多い食べ物です。



糖化とは?AGEs とは??





みなさま「糖化」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

10年ほど前に、美容業界で「抗糖化」がちょっとしたブームになったので、ご存知の方も多いかもしれませが、糖化というのは、余分な糖とからだの中のたんぱく質が結びつき、体温でじわじわ加熱されてAGEsという老化物質がつくられる反応のことです。

AGEsという物質は分解されにくく、からだの中に蓄積していきます。

例えば、このAGEsが真皮のコラーゲンに蓄積すると、肌の弾力が失われて、しわやたるみ、黄ぐすみに発展します。

エイジングケア化粧品でお肌の糖化をある程度予防することは可能ですが、残念ながら改善することはできません。

抗糖化の成分も登場していますが、あくまで予防美容的な位置づけです。

ではどうすれば良いかというと、一番は、食事を中心に日常生活を見直すことです。

具体的な対策は、「糖化はからだや肌の老化の原因!健康と美肌のための対策の基本」をご覧ください。

この記事をご覧いただいたうえで、もう一つご紹介したいのが、5月のナールスオンラインセミナーです。

◇テーマ:老化の原因である「糖化」を防いで、内側から若々しく!
◇日時:5月16日(日)11時〜12時
◇参加料:無料


管理栄養士の山下桃花さんを講師にお迎えして、「糖化」を予防する食事の摂り方や、カラダの中からコラーゲンを守る方法についてお話しいただきます。

内側から若々しさをキープするためにも、ぜひご視聴ください!

詳細・お申込みはこちらから
↓↓↓
ナールスオンラインセミナー「老化の原因である「糖化」を防いで、内側から若々しく!」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」をよろしくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

ナールエイジングケアアカデミーの目の老化関連記事ご紹介

2021年04月28日
ナールエイジングケアアカデミーでは目の老化とそれが原因の病気の記事があります。肌は気にしても目のことはわからないという人も。今回のブログでは、加齢黄斑変性症とその原因となる高エネルギー可視光線(HEV)について、ナールエイジングケアアカデミーから関連記事を3つご紹介しまます。

目の老化の原因とアンチエイジングとエイジングケアの基本



目の老化の原因とアンチエイジングとエイジングケアの基本のご紹介です。
目はエイジングとともに老化し機能が低下します。
たとえば、白内障や加齢黄斑変性症が目の老化による病気です。
しかし、目のアンチエイジングを意識した日常生活を送ることで予防が可能です。
この記事では、目の老化の原因と病気、アンチエイジングの基本となる食べ物・栄養素、サプリメント、マッサージなどをご紹介します。

また、目の老化を予防するアイケアメガネをご紹介しています。

<目の構造>



加齢黄斑変性症とは?原因・症状と対策や治療法



加齢黄斑変性症とは?原因・症状と対策や治療法のご紹介です。
加齢黄斑変性症は最近よく聞く目の病気。
加齢にともない、モノを見る際に大切なはたらきをする黄斑という組織がダメージを受け、視力低下や視野が欠けてしまうなどの症状を引き起こします。
この記事では、加齢黄斑変性症の原因、症状、検査、治療、予防法をご紹介しています。
中でも最近、加齢黄斑変性症の原因として注目されているのが高エネルギー可視光線(HEV)です。

<加齢黄斑変性症の検査で使うアムスラーチャート>



高エネルギー可視光線(HEV)は目の老化の原因!メガネでカットが大切



高エネルギー可視光線(HEV)は目の老化の原因!メガネでカットが大切のご紹介です。

HEVとは、高エネルギー可視光線。
HEVとは、High Energy Visible lightの略。
400nm〜420nmの帯域の紫色の光。目の老化による白内障や加齢黄斑変性の原因の1つです。

だから、HEVをアイケアメガネでカットすることが目の老化や病気を防ぐ上でとても大切です。

このナールスエイジングケアアカデミー編集部ニュースでは、HEVとは何かと目を守るアイケアメガネをご紹介しています。
また、日傘やつばの広い帽子で有害光線をカットする方法もご紹介しています。

まとめ


肌の老化は気にしても目の老化までは・・・。という方も多いのではないでしょうか。
エイジングとともに目は老化して近視や遠視になりますが、もっと怖いのは白内障や加齢黄斑変性症です。
なぜなら、眼の見え方が普通の近視や遠視以上にひどくなるから。
ぜひ、目の老化も抑えるような日常生活を心がけましょう、

ナールエイジングケアアカデミーの美容アイテム関連記事ご紹介

2021年04月28日
ナールエイジングケアアカデミーでは美容アイテム関連記事がいくつかあります。

市場には、様々な美容グッズが溢れていますが、上手な選び方など美容グッズ選びに役立つ情報をまとめています。
今回のブログでは、ナールスエイジングケアアカデミーから関連記事を3つご紹介します。




コスメ×文具のコラボアイテムで毛穴&角質除去でつるん肌に!?


「コスメ×文具のコラボアイテムで毛穴&角質除去でつるん肌に!?」の内容のワンポイント紹介です。

日中のお化粧直しで、ふと鏡を見ると黒い毛穴のポツポツが…。
いわゆるいちご鼻が目立つお肌って、気になり始めると止まらないですよね。
「黒い毛穴が気になって落ち着かない!」という方に、見た目はまるで消しゴム!という
ユニークで面白い「レーダー柄コスメ」シリーズをご紹介します。国内だけでなく海外でも支持されていて、
普段の洗顔ではなかなか取れにくい鼻の毛穴の汚れがおそうじできるそうです。
本当に効果があるのか?成分や働き、使い方なども含めてご紹介したいと思います!


平成生まれの画期的な美容アイテム第1位は?やはり便利なアレ?


「平成生まれの画期的な美容アイテム第1位は?やはり便利なアレ?」の内容のワンポイント紹介です。

平成の30年間、美と健康を支えるさまざまな美容アイテムが誕生しました。
流行やトレンドの伝播スピードはどんどん加速する一方、廃れるのもあっという間の中、
平成時代に愛され、深く浸透した美容アイテムはなんだったかとても気になりますよね!
そこで、潟hクターシーラボによる平成生まれの画期的美容アイテムの調査結果で
高い支持を得た美容アイテムをご紹介します。平成の時代を懐かしく振り返りながら、
私たちが令和に期待するスキンケアアイテムや美容アイテムの本質が見えてくるかもしれません。

貼る日焼け止め登場!紫外線対策によるエイジングケアの新しい選択


「貼る日焼け止め登場!紫外線対策によるエイジングケアの新しい選択」の内容のワンポイント紹介です。

これからの季節、特に紫外線量が1年の中で最大になる夏には、毎日の紫外線対策が欠かせません!
紫外線対策としては、からだには日焼け止め、お顔はUV化粧下地を使うことが最も一般的ですが、ベタつき感が気になったり、黒やネイビーなど色の濃い服に日焼け止めが付着して、汚れが白く目立ってしまい困ることもしばしば。
暑い日には、せっかく塗った日焼け止めが汗で剥がれてしまうこともあります。
そんなお悩みを持つ方に、アメリカで主流になりつつある「貼る日焼け止め」をご紹介します。

まとめ




美容アイテムは、女性の関心の的あり話題の中心にもなりますよね。
メディアなどでもたくさんの商品が取り上げられて、あふれる情報のなか何が本当に効果があるのか悩みは尽きません。
そんな時に化粧品の成分や働き、使い方などをしっかり知っていると安心して選べます。
ぜひ、ここでご紹介した美容アイテムの記事を参考に、化粧品選びのコツを身につけましょう!

ナールエイジングケアアカデミーの「体温と免疫」関連記事ご紹介

2021年04月27日
ナールエイジングケアアカデミーでは体温と免疫関連記事がいくつかあります。生活習慣が乱れると体調も崩れやすくなります。これは、肩こりや不眠症、冷え性などの原因にもつながります。今回のブログではナールエイジングケアアカデミーから関連記事を3つご紹介します。


体温アップで免疫を高める!不眠・肩こりを改善して健康と美肌へ



「体温アップで免疫を高める!不眠・肩こりを改善して健康と美肌へ」の内容のワンポイント紹介です。
体温を上げることで免疫を高め、不眠や肩こりが改善できるといわれています。
逆に言えば、低体温の人ほど不眠症、肩こり、風邪をひきやすいということです。
この記事では、それを示す株式会社ホットアルバム炭酸泉タブレットが行った「体温に関するアンケート調査」結果が紹介されています。
また、その結果を考察しながら、体温アップで不眠・肩こりを改善して健康と美肌を導く方法の紹介です。


低体温は体調不良のもと!体温を高く保つ5つの生活習慣で健康と美肌


「低体温は体調不良のもと!体温を高く保つ5つの生活習慣で健康と美肌」の内容のワンポイント紹介です。

低体温や冷え性に関して、全国の30〜50代の働く女性を対象に行われた「健康的なライフスタイルに関するアンケート調査」が紹介されています。
また、このアンケート結果をもとに体温を上げる生活習慣の5つのコツも紹介されています。
低体温と冷え性は体調不良や病気の原因。
だから、体温をアップして健康やアンチエイジングに取り組むことが大切です。
体温が適度に維持されているとお肌の血色は良く、「毎日活発に行動していそう」「お肌がきれい」と、周囲に与える第一印象も良好にしていきましょう!


免疫力アップにガムが役立つ!?唾液パワーで感染対策



「免疫力アップにガムが役立つ!?唾液パワーで感染対策」の内容のワンポイント紹介です。

唾液は私たちの健康に深くかかわっています。
消化機能だけでなく、唾液によって口臭や虫歯を予防し、細菌の増殖を防いで感染症の予防にも一役買っています。
こちらの記事は、ガムを噛んで唾液を増やすことで免疫力アップにつながるとの研究結果とともに、ガム以外でも唾液を増やす方法にまつわるお話です。


まとめ


健康的な心とカラダを手に入れるには、体温を高め、免疫力をアップさせることが重要です。
そこには日頃の生活習慣を見直す必要があります。
生活習慣が乱れてしまうと、体調不良につながり、お肌のエイジングが進んでしまうことも。
ガムをかむことで小顔効果だけでなく、免疫力アップにもつながるなんて驚きです。
ぜひみなさんも、ここで、すぐに実践できる免疫力をアップする方法を試してみましょう!
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
2021年 05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事