ナールスから【紫外線から目と肌を守るアイケアメガネ】新発売!

2019年07月12日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

7月も半ばにさしかかり、紫外線がますます強くなる今日この頃。

この度ナールスから、スキンケア化粧品以外の新製品を発売します!

それは【紫外線から目と肌を守るアイケアメガネ】です!!



ナールスのお客様は、よくご存じだと思いますが、紫外線対策は、

お肌に紫外線が当たらないようにすることはもちろん、「目から入る紫外線の対策」も重要です。

その理由は、目から入る紫外線が、目だけではなく、肌老化の原因になるからです。

目から入る紫外線対策の方法は、やはりサングラスなどのアイケア用品を使うことです。

「もうすでに、目からの紫外線対策のために、サングラスやUVカットメガネ持ってるよ」

というお客様も多いのではないでしょうか?

でも、もしかしたら、今お持ちのサングラスやUVカットメガネでは、紫外線を防ぎきれていないかもしれないのです。

というのは、多くのサングラスやUVカットメガネは、紫外線を反射して防ぐタイプだからです。

「え?それの何がだめなの?」と思われましたでしょうか?

それは、このイラストをご覧いただければピンとくると思います。



紫外線を反射するタイプのレンズだと、正面からの紫外線を防ぐことはできますが、後ろからや地面から反射してくる紫外線を防ぐことができません。

それどころか、レンズに反射して目に直撃しているかもしれません(恐怖)

そこで、今回ナールスから発売するアイケアメガネは、紫外線を吸収して99%以上カットするレンズを採用しました!

吸収してカットするレンズだと、見た目は同じメガネに見えても、こんな大きな違いがでてきます。



UVカットメガネを選ぶときは、紫外線カット率だけで選ばず、反射するタイプか、吸収するタイプかということが大切なんです。

実際に、ナールスから発売のアイケアメガネをかけた雰囲気はこんな感じです。



「サングラスをかけるのは抵抗がある」という方にも使いやすい、薄色レンズなので、メガネ感覚で使っていただくことができます。

しかも、超軽量(約16g)なので、長時間かけていても疲れにくいのもうれしいポイント。

さらにさらに、他にも特徴や使いやすい理由があります。

●夜間運転もできるほど視界が明るい(ブルーレンズタイプのみ)

●濃いサングラスと比べて、瞳孔が開きにくいので目に優しい

●コンパクトサイズで、バッグに入れても邪魔にならない

●耳の形に合わせて変形するので、自分サイズにカスタマイズできる

●レンズに傷がつきにくく丈夫で、有害光線カット効果が長持ち

●フレームは形状記憶素材のため、お尻で踏んでもつぶれないくらい丈夫

●国内の光学専門メーカーの職人による手作りレンズ

だから、レジャーの時に加え、日常生活のいろんなシーンでお使いいただけます。

◇通勤・通学や、お子様の送り迎え、お買い物に

◇スマホやタブレットを使うとき

◇夜にテレビを見るとき

◇オフィスでパソコンを使うとき

◇ゴルフやランニングなどのスポーツや、アウトドアに



レンズの色は2種類あります。

ブルーレンズの方は特許出願中のレンズで、紫外線・ブルーライト・近赤外線をカットします。

ブラウンレンズは紫外線・ブルーライトをカットします。

※どちらも吸収してカットするレンズです。

フレームの柄はべっ甲タイプのみですが、フレームの形は2種類あります。





男女兼用なので、ゴルフやスポーツ観戦がお好きな男性にもお勧めです。

フレームの形やレンズの色違いを買って、ご夫婦や親子で一緒に使っても良いかもしれないですね(^^♪

本日 7/12(金)より新発売です!

アイケアメガネ単独でもお買い求めいただけますが、ナールスのお化粧品と一緒に買っていただくと、500円オフになってお得です♪

アイケアメガネや近赤外線の詳しい情報やご購入はこちらから!

ナールスのアイケアメガネを詳しく見てみる



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

★ナールスマガジン★ 近赤外線の怖さをご存じですか?

2019年07月11日
こんにちは!

エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンです。

今年もはや7月に入り、残すところ半年を切りました。
月日が過ぎるのは早いですが、お肌はエイジングに負けないように
しっかりケアしていきたいと思います!


☆---------------------------------------☆
ナールス美肌メイクレッスン動画
☆---------------------------------------☆

メメイクアップアーティストのMANAMIさんとのコラボで、
エイジングケア世代のお肌悩みをカバーできる
メイクのポイントを、動画で解説していきます。

今回は、その第7弾。ご紹介するのは、
「50代のメイクレッスン 目元やくちびるのエイジングを隠すメイク術」です。

▼記事&動画は、こちらからご覧いただけます。
50代のメイクレッスン 目元やくちびるのエイジングを隠すメイク術


━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 知って得する!
 納得のエイジングケア講座 第207回
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━


いよいよ夏本番の7月。
毎日、蒸し暑い日が続きますね。

現在、「さあ夏を乗り切ろう!夏ふけ肌を防ぐエイジングケア!」を
シリーズでお届けしています。

前回は、「夏の紫外線対策」をお届けしました。

第3回目の今回は、
「ご存知ですか?紫外線より怖い近赤外線!」をお届けします。

───────

紫外線がお肌に悪いことは誰もがご存知です。
しかし、あまり知られていないのが、
「近赤外線の怖さ!」

では、近赤外線は目やお肌へどんなダメージを与えるのでしょうか。


-----------------------------------------
★近赤外線とは?
-----------------------------------------

近赤外線は、紫外線と同じく太陽光線の1つで、
なんと、地上へ届く太陽光のうちの30%以上を占めます。
紫外線が約10%なので、その3倍もあります。

季節的には、紫外線と同じで5月〜8月、
時間帯では10時〜14時が、照射量のピークです

また、日常の中でも、携帯電話、
テレビやパソコンのモニター、リモコン、
電球、こたつなどから発せられています。

それも合わせると、近赤外線の割合は
紫外線の5倍くらいになるのです。

これだけでも近赤外線の影響が大きいことがわかりますね。


-----------------------------------------
★近赤外線って何が問題なの?
-----------------------------------------

近赤外線は、顔のたるみやほうれい線、
しわなどの肌老化や目の老化の原因になることが分かってきました。

一方、弱い近赤外線は目やお肌の新陳代謝を促しますし、
がんの光免疫療法など医療分野での
活用上のメリットなどもあります。

それでも、強い近赤外線を浴びたり、
長時間浴びることは目やお肌に大きなダメージになります。

そんな近赤外線は、NHKの健康番組などでも特集が組まれたので、
エイジングケア世代の女性で
近赤外線を気にする女性も増えてきています。


1)近赤外線の目へのダメージ

急強い近赤外線を目に浴びると、
熱傷を起こすリスクがあります。

また、強い近赤外線ではなくても、
長時間浴びてしまうとまぶたの縁に炎症が起きる眼瞼炎(がんけんえん)や、
角膜炎、また目の老化による病気である、
白内障や加齢黄斑変性症のリスクが高まります。


2)近赤外線のお肌へのダメージ

近赤外線は、紫外線よりも波長が長く、
真皮や皮下組織の中に浸透します。
そこで、MMP1や炎症性サイトカインと呼ばれる物質の分泌を促します。

これらの物質はお肌のハリを支えるコラーゲンを破壊する物質です。

つまり、顔のたるみやそれが原因で目立つほうれい線、
しわ、たるみ毛穴などの原因になってしまうのです。

なので、紫外線による光老化と同じく、肌老化の原因になるのです。


-----------------------------------------
★近赤外線をブロックしよう!
-----------------------------------------

そんな近赤外線から目や肌を守るには、3つの方法があります。

1)赤外線カット機能のあるメガネやサングラス

近赤外線をカットしてくれるレンズでできたメガネや
サングラスをかけることが目や肌を近赤外線から守る対策の1つです。

メガネなので、目を守ることはもちろんですが、
皮膚の薄い目元も一緒に守ることができ
その結果、目元のしわや、目の下のたるみ、
くまの予防もできます。

また、近赤外線に加えて、
紫外線やブルーライトもカットしてくれるメガネもあります。

近年では、スマホやパソコンを使う方も多くいますので
自分の利用シーンに合わせて、
それぞれの太陽光線のカット率や特徴を見て選びましょう。


実は、明後日7/12(金)にナールスから、
紫外線・近赤外線・ブルーライトをカットするメガネを発売します。

ナールスと一緒に買えば、お得になっていますので、
ぜひ、金曜日に届くメールをチェックしてくださいね!


2)太陽光を上手に避ける

これは、紫外線対策と同じです。
夏場は特に注意しましょう。

●午前10時頃〜午後2時頃は外出を避ける
●できるだけ日陰に入る
●袖や襟がある衣類を着る
●日傘や帽子を活用する
●手袋やスカーフなどで露出しているお肌を覆う


3)近赤外線効果のある成分が入った日焼け止めを使う

近赤外線をカットできる日焼け止めを使うことがおすすめですが
紫外線カットの指標がないので、まだ確実なものはありません。

ただし、活性酸素を抑える抗酸化成分、
先ほど紹介したMMP1を抑える成分、
近赤外線の浸透を抑える成分などを配合したものがあります。

そんな日焼け止めを使うか、
SPF30以上、PA+++以上の紫外線ブッロク力の高い
日焼け止めを使いましょう。

ナールスヴェールも、ナールスゲンやビタミンC誘導体で酸化を防ぎ、
SPF40&PA+++なので、
ある程度、近赤外線カットをサポートします。


★次回は、
「もう1つの有害光線!ブルーライトで毛穴が目立つ!」をお届けします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 ヘルスケアに関するちょっとしたお話
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━

当社スタッフの本業は、
医学・薬学関連の事業のため、
日々、医学論文や医学会の発表などの
最新情報に触れています。

そんな中で、「これは!」という、
みなさまの健康づくりの
ご参考になるような情報があれば、
月1回、ご紹介していくコーナーです。

───────

今回は、
「コーヒーを1日に25杯摂取しても動脈硬化は悪化しない」
という研究報告です。

6月に行われた英国心臓血管学会で、
コーヒーを習慣的に摂取しても
動脈硬化への悪影響はないという研究結果が発表されました。

研究は、英ロンドン大学クイーン・メアリー校によって発表されたもので、
心臓MRI検査と動脈硬化の状態を評価する脈波検査を受けた成人8,412人を対象に行われたものです。

この8,412人を、以下の3つのコーヒー摂取量のグループに分けて、

●1日1杯未満
●1日1〜3杯
●1日3杯超

コーヒー摂取量と動脈硬化との関連を調べました。

結果は、動脈硬化は悪化しないことが示されたそうです。

コーヒーの摂取量が1日1杯未満だった人と、
コーヒーを1日に25杯の人で、
動脈硬化が悪化するリスクが変わらないことが示されたとのこと。

これまでの研究で、コーヒーを摂取すると
動脈硬化リスクが高まる可能性が示唆されていましたが、
それを否定する結果でした。

コーヒーについてはさまざまな研究が行われ、
健康やアンチエイジングにとって良い結果の方が多いようです。

今回の研究結果は、1日25杯飲んでも
動脈硬化のリスクが上がりませんでした。

とはいっても、1日数杯くらいまでが良さそうな気がしますが、
いかがでしょうか?


※学会発表された研究結果は、
査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものなので、
今回の研究に関する抄録(アブストラクト)はありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

なぜ、夕方になると顔がくすむのか?

2019年07月05日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

7月に入り、あいかわらずジメジメと蒸し暑い日が続いています。

朝家を出て、駅まで10分ほど歩いている間にじわじわ体温が上がり、駅に到着して電車の到着を待っている間に汗が一気に出てきます。

「歩いているときではなく、止まった時に一気に汗が出るのはどうしてなんだろう?」

と、疑問に思ったことはありませんか?

気になって調べてみたところ、歩いているときは筋肉に血液が流れているのですが、止まるとそれまで筋肉に流れていた血液が、皮膚に流れて、皮膚温が上がり、汗がでるのだとか。

なるほど、そういうことだったのか。と、心のモヤモヤがなくなったのは良いのですが、毎日の暑さと汗がでることには変わりありません。

昨年の異常な暑さにくらべると随分マシですが、やはりクーラー無しでは過ごせないです。

そんな毎日を過ごしていて、ここ最近、というか、このブログを書いているこの瞬間も気になるのが、夕方の顔のくすみです。

年齢によるものはあるのでしょうけど、最近とくに気になります。

そこで、「どうして夕方になるとくすむのか?」また、その対策についてお伝えしたいと思います。



なぜ、夕方になると顔がくすむのか?





夕方になるとくすみが目立ってくる原因として考えられるのは、主に次の4つです。

@血行不良や冷え
A乾燥によるお肌の水分量低下
B朝や昼には目立たなかったメラニン色素や血管が目立ってしまう
Cお肌の酸化

@は、この時期ですと、冷房のきいた場所で、朝から長時間同じ姿勢で作業をしたり、デスクワークをしている場合におこりやすいです。

Aも、この時期ですと、オフィスや室内で1日過ごしていると、冷房によってお肌から水分が奪われていくことでおこりやすいです。

Bは、あてはまる方が限られていそうなので、詳しくは「夕方になるとお肌にくすみが!エイジングケア対策が必要?」の記事でご確認ください。

Cはどういうことかと言うと、オフィスや室内が乾燥していると、皮脂の分泌が促進されて、酸化が早く進んでしまうことや、ファンデーションなどに含まれる油分が酸化して、地肌よりも濃い色になってしまうことがあるということです。

私は全てあてはまっていると思います。

どうりで冷房を多用するこの時期に、夕方くすみが気になるわけですね。

では、それぞれどんな対策が必要なのでしょうか?



血行不良や冷えによるくすみの改善方法





日中にできる対策として、次の二つをお勧めします。

・お昼休みに軽い運動をしたり、オフィスなどのまわりを散歩やウォーキングするなど。
・脚のストレッチ

ただ、仕事中に散歩や運動が難しい方が多いと思いますので、デスクで座りながらできる簡単ストレッチをご紹介します。

◇脚を揃えて、床から数センチ足を浮かしてその状態をなるべくキープしてから降ろす。
これを数回繰り返す。

◇脚を水平に伸ばして、かかとをゆっくりと上げたり下げたりを繰り返して、アキレス腱からふくらはぎまでを伸ばすようにする。

◇足全体を小刻みに揺らすようにする。(貧乏ゆすりになるので、ちょっとお行儀は悪いですが…)

1時間に1回程度でOKですので、脚を定期的に動かしてみて下さい。

その他には、歩く時や電車に乗っているときなど、下腹部に力を入れて、頭のてっぺんから引っ張られているような感じでお腹を引き締めてみるのもお勧めです。



乾燥によるくすみの改善方法





日中に簡単にできる乾燥肌対策は、次のとおりです。

・こまめに美容成分の入ったミストタイプの化粧水でお肌の水分を補給
・飲み物(水など)をこまめに補給
・卓上の加湿器などを利用
・携帯できるハンディタイプのフェイススチーマーの利用

もちろん、日中だけ保湿を意識するのではなく、普段から保湿のスキンケアを実践して、ちょっとくらいの乾燥に負けない素肌づくりが大切です。



お肌の酸化によるくすみの改善方法



鏡を見てみて、お肌がテカっていたら、それは、皮脂が余分に分泌されているということです。

脂性肌(オイリー肌)の方なら、こまめにあぶらとり紙や柔らかいティッシュなどで軽くお肌を押えて、皮脂をオフするようにしましょう。

テカリをそのままにしていると、皮脂が酸化していき、くすみだけではなく、毛穴の黒ずみを招いてしまいます。

ただし、皮脂の過剰分泌の原因が、乾燥の場合は逆効果です。

皮脂を取りすぎるとバリア機能が低下し、未成熟な角質層を守るために皮脂が過剰に分泌されている場合があるからです。

皮脂は過度にならないように適度に落とすようにしましょう。




夕方にしか起こらないからと、くすみのケアを適当にして放置していると、そのくすみが蓄積して行って、やがて顔からくすみが抜けない、といった状態になる可能性もあります。

そんなことになる前に、夕方のくすみは気付いた時に、すぐに改善のための対策を実践しましょう!

夏のくすみ対策については、こちらの記事も参考にしてみてください(^^♪

夏にくすみが目立つ!原因と飯塚美香さんおすすめの対策は?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

ナールスをご愛用いただいているお客様の声 vol.27

2019年07月01日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

毎月2回、ナールスのお化粧品をご愛用いただいているお客様の声をご紹介しています。
※今月は7月1日(月)と、7月16日(火)にアップします。

みなさまのエイジングケアの参考にしていただけましたら幸いです。


肌が弱く、合う化粧品を探していた


画像

肌が弱く、合う化粧品を探していたら、ナールスを見つけました。

日焼け止めも、肌に合わないとかゆくなったりしますが

ナールスヴェールは大丈夫でした。

ウォータープルーフなので汗をかいても崩れにくいです。

ファンデーションもあったらうれしいです。




ナールスシリーズで「肌に合わなかった」というお声が

最も少ないのがナールスヴェールなんです。

M.F.様のようにお肌がデリケートな方にはぜひとも試していただきたいです。

次回7月16日(火)にアップします。

お楽しみに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

夏に向けた体力づくりと美肌づくりのための食事

2019年06月28日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

先週のブログで、「関西はまだ梅雨入りしていなくて水不足が心配です。」

という話をしていましたが、ついに関西も梅雨入りしました。

昨年より21日も遅い梅雨入りで、しかも、観測史上最も遅い梅雨入りになったそうですよ。

梅雨明けの予想は7月21日ごろとのことなので、あと1カ月ほどジメジメです。

そして、梅雨が明けたら本格的に暑い夏の到来です。

この梅雨〜夏の時期を元気に乗り切るためには、今のうちから体力づくりが必要です。

なので、先日おいしいものを食べに行ってきました。

(ただ美味しいものを食べたかっただけ、という説もあります 笑 )

というわけで、地元で最もおいしいと個人的に思っているお店で食べた料理の写真をご覧ください(^^♪



夏に向けた体力づくりと美肌づくりのための食事



体力づくりはもちろんですが、やはり美肌づくりやエイジングケアも意識して選びました。

また、食べる順番も美肌を意識して、「ベジタブルファースト」を実践しました。

まずは、「ゴーヤのおひたし」。



ゴーヤはビタミンCが豊富で、ミネラル分も多く、発汗作用もあるので暑い季節にぴったりの野菜です。

素材の味をいかして、必要最小限の味付けのみ。

でも、けっして物足りなさはなく、絶妙なバランスで仕上がっています。


▼するめいか沖漬け



あっさりめに漬けられていて、ほんのり柚子の香りが感じられる、さわやかな味わいでした。

するめいかは、見た目通り高タンパクで、コレステロール値を下げたり、肝臓の機能を高めたりしてくれる「タウリン」や、細胞の再生や免疫力の向上に効果があるといわれる「亜鉛」が豊富に含まれています。

また、ビタミンD以外の主要なビタミン類がほぼすべて含まれています。


▼鳥きも煮



こちらもちょうど良い絶妙な味付けで、くさみは全く無く、柔らかくておいしかったです。

鳥肝には目の健康維持や皮膚・粘膜の保護、免疫力の向上・抗酸化作用などの効果があるビタミンAが、

めちゃくちゃ豊富に含まれています。

ビタミンAは蓄積するので、食べ過ぎには注意が必要ですね。


▼きゅうりもみ



「きゅうりもみ」というメニュー名なので、きゅうりだけのイメージでしたが、タコも入っていて得した気分でした(^^)

きゅうりはビタミンCやカリウムが豊富です。

こちらのお店で出てくる野菜は、店主自ら畑で栽培しているものも多く、先ほどのゴーヤときゅうりは今朝収穫したてのものでした。

どうりでみずみずしいわけです。


▼若鳥唐揚げ



このお店に来たらマストで注文するのがこの若鳥唐揚げです。

以前店長ブログでこのお店を紹介したときにも書きましたが、今まで食べた唐揚げで、確実にベスト3に入る美味しさです。

鶏肉といえば、高たんぱく質・低脂肪のヘルシーなお肉で、ビタミンA、B2のほか、ナイアシンや鉄も豊富です。


▼クーシンサイ炒め



生のガーリックと塩コショウで炒めただけ(だと思います)なのに、なぜこんなに美味しいんだろう?

という美味しさでした。

写真で見てもわかる通り、とても濃い緑色です。

この色の濃さからも想像できますが、クーシンサイ(空心菜)は栄養価がとても高く、βカロテン、ビタミンB1・B2、ビタミンE、鉄分、葉酸、カリウムなどがが豊富です。

食物繊維も豊富なので、腸内環境をよくする効果も期待できます。


▼うなぎの蒲焼き



皮の部分はパリッ、身はふわっとで、文句なしの美味しさ!

うなぎには、ビタミンA・B群・D・Eと、ビタミンが多く含まれます。

また、鉄、亜鉛、カルシウムなどのミネラルや、DHAやEPAも豊富です。

この時期の体力づくりにも、エイジングケアのためにも、ピッタリな食材ですね。


▼まぐろ中おち丼



本日のシメです。

まぐろの旨味を一番引き出す絶妙な分量の醤油で漬けられていました。

まぐろもイカや鶏肉同様、良質なたんぱく質で、DHA・EPA、ビタミンB群・D・E、リン、マグネシウム、カリウム、鉄などが豊富です。

以上が、この日いただいたお料理でした。




今日の食事で意識したことは、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂取することです。

また、いつもお伝えしている、ビタミンACEの摂取も意識しました。


この「意識する」ということが、大切なんだと思います。


メニューや食材を選ぶときや、食べる順番など、

毎日の食生活の中で意識することで、この先のカラダやお肌を良い方向に変えていきたいですね。

それには正しい知識が必要です。

美肌やアンチエイジングのための食事について、正しい知識を持ちたい方はこちらをご覧ください☆

美肌のための食事のとり方とアンチエイジングへの効果は?

※今日のお店は大阪市東住吉区にある「だるま」というお店でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
2019年 07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事