★ナールスマガジン★ 紫外線からカラダを守ってくれる食べ物って?

2020年07月27日
こんにちは!

エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 知って得する!
 納得のエイジングケア講座 第234回
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、
「夏のスキンケアとエイジングケア」をシリーズで連載中。

第4回目の今回は、
「夏の紫外線からカラダを守る食べ物は?」をお届けします。

───────

紫外線はカラダの酸化の原因や免疫低下をもたらします。
そんな紫外線のダメージを小さくするには、
対策ができる栄養素を食べ物で摂り入れることも大切です。

紫外線が皮膚や目へ与える急性のダメージは日焼けによる炎症です。
また、慢性のものには、光老化など酸化によるダメージがあります。

だから、炎症を防ぐ栄養素が含まれた食べ物と
酸化を防ぐ栄養素が含まれた食べ物を摂ることが大切です。

今回は、そんな栄養素とそれを含む食べ物をご紹介します。

-------------------------------
1.ビタミンC
-------------------------------

ビタミンCは、活性酸素を抑えるはたらき、
つまり抗酸化作用を発揮します。
また、コラーゲンの合成を促進するはたらきがあります。

さらに、ビタミンCはメラニン色素の生成を抑える
はたらきがある万能のビタミンです。

野菜では、ピーマン、パプリカ、トマトのほか、
ゴーヤ、ブロッコリーなどが豊富で、
じゃがいもやカリフラワーにも含まれています。

特にブロッコリーには
皮膚がん予防に効果があるとされている
スルフォラファンが多く含まれています。

果物では、カムカムやアセロラ、
キウイがビタミンCの宝庫として知られています。
また、イチゴやレモンにも多く含まれています。

-------------------------------
2.ビタミンE
-------------------------------

活性酸素によって、
細胞膜が酸化されるのを防ぐ効果があります。

また、血行を促進して肌荒れを防ぐはたらきもあります。
ビタミンCと一緒に摂ることで相乗効果を発揮します。

ビタミンEは、小麦胚芽、アーモンド、
うなぎ、たらこ、アボガド、
かぼちゃなどに豊富に含まれます。

なかでも、アーモンドは肌老化を防ぐので
特におすすめです。

-------------------------------
3.ベータカロテン(ビタミンA)
-------------------------------

ベータカロテンは、体内で必要とする分量が
ビタミンAとなるプロビタミンです。
酸化を防ぐことができます。

体内でビタミンAに変化して、
皮膚の免疫機能やバリア機能を維持するはたらきや
発癌の抑制効果を発揮します。

ベータカロテンは、にんじんやほうれん草、
かぼちゃ、モロヘイヤといった緑黄色野菜や
さつまいもに豊富です。

特に、紫色のさつまいもには、
シアニジンやペオニジンなどの
酸化防止効果のある色素が豊富です。

また、ビタミンAは、うなぎ、
レバーなどに多く含まれています。

-------------------------------
4.ビタミンB2
-------------------------------

ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康維持を
助けるはたらきがあります。

また、糖質、脂質、たんぱく質を
体内でエネルギーにするなどの代謝を支えることで、
からだやお肌の細胞の再生や成長を促進させたり、
新陳代謝を高めます。

ビタミンB2は、レバー、うなぎ、
卵、納豆、乳製品、アーモンド、海苔、
葉菜類などに豊富に含まれています。

-------------------------------
5.リコピン
-------------------------------

リコピンは動植物に含まれる、
赤や黄色、オレンジ色の色素である
「カロテノイド」の一種です。

紫外線で増えた活性酸素を除去する
はたらきが強い栄養素です。

リコピンは真っ赤なトマトに豊富に含まれています。
また、スイカやグレープフルーツにも豊富です。

-------------------------------
6.亜鉛
-------------------------------

亜鉛は細胞の再生に必要なミネラルです。
不足すると、紫外線に対する皮膚の抵抗力が
低下するといわれています。

だから、日常的にこの栄養素を摂ることが
紫外線対策になるのです。

亜鉛は、牡蠣、ビーフジャーキー、煮干しに豊富です。

-------------------------------
7.オメガ3系脂肪酸
-------------------------------

代表的なオメガ3系脂肪酸は、
「EPA」(エイコサペンタエン酸)と
「DHA」(ドコサヘキサエン酸)です。
また、α-リノレン酸もオメガ3脂肪酸の一つです。

オメガ3系脂肪酸には、
血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を
低減させる効果のほか、
中性脂肪を下げたり、血圧を下げるはたらきもあります。

さらに、炎症を抑える効果があるので、
紫外線による日焼けのダメージの軽減が期待できます。

EPAやDHAは、鮭やニシン、サバ、
マスやイワシなどに豊富です。

また、α-リノレン酸は、クルミなどのナッツ類、
エゴマ油、亜麻仁油などに含まれます。

-------------------------------
8.コラーゲン
-------------------------------

最近の研究で、コラーゲンを分解した
「コラーゲンペプチド」が、免疫低下を防いだり、
シミや隠れジミの予防にも役立つエビデンスが認められています。

また、コラーゲンの成分であるアミノ酸の1つグリシンは、
美肌をもたらす質の高い睡眠をサポートしたり、
老化を防ぐ効果もあります。

だから、コラーゲンペプチドを含む食品や
サプリメントの摂取は、紫外線対策としても有効なのです。

コラーゲンは、動物では豚足、鶏の皮、
手羽先、軟骨、牛スジ、豚バラ肉などに豊富です。

また、一方、魚介類ではスッポン、フカヒレ、
エイヒレ、魚の皮、うなぎ、なまこ、
カレイ、エビ、くらげなどに豊富です。

コラーゲンぺプチドは良質なサプリメントで
摂ることもおすすめです。

▼ナールスの低分子純粋コラーゲン

★次回は、
「夏の日焼け止めのSPAとPAはどれくらい必要?」をお届けします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2020年 07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事