★ナールスマガジン★ 秋のエイジングケアにアルコールフリー化粧水がオススメの理由

2020年10月29日
こんにちは!

エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 知って得する!
 納得のエイジングケア講座 第241回
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━


現在、「2020年秋のスキンケアとエイジングケア」
をお届けしています。

今回はその第4回目で、
「秋の化粧水はアルコールフリーがオススメ!」をお届けします。

───────

季節は食欲の秋。食べ物がおいしく
お酒も進む方が多いのでないでしょうか。

さて、お酒といえば「アルコール」。

このアルコールは化粧品でもよく使われます。
それはメリットや役割があるからです。

しかし、秋から冬のエイジングケアや
乾燥肌対策を考えれば避けたい成分です。

つまり、秋はアルコールフリー化粧水や
ノンアルコール化粧品を使っていただきたいのです。

今回は、その理由をご紹介します。

───────

まず、化粧品成分でいうアルコールとは、
「エタノール」のことです。

アルコールのメリットとしては、
収れん作用、清浄作用、殺菌作用、
清涼作用があることです。

収れん作用とは、肌を引きしめる効果、
清浄作用とは、古い皮脂や汚れを浮かして取り除く作用です。

また、蒸発するときに熱を奪うので清涼感をもたらします。

さらに、アルコールの殺菌作用によって、
防腐剤の使用量を減らせるというメリットもあります。

だから、アルコールは化粧水をはじめ、さまざまなコスメに使われるのです。

しかし、こうした作用がデメリットをもたらすこともあります。

ひとつは、揮発性が刺激を与えることです。

そのため、赤みや炎症がでる、痒みが出るなど
化粧品かぶれの原因になるリスクがあるのです。

また、アルコールが揮発する際に、
水分も蒸発するので、乾燥肌を進ませる原因になることもあります。

このようにアルコールの特性は
メリットもある代わりにデメリットもあるのです。

お肌が強い方や若い方、
春や夏の季節ならメリットが大きくなります。

一方、エイジングケア世代の方、乾燥肌や敏感肌の方、
秋や冬といったお肌が弱るリスクが高い季節には
アルコール配合の化粧水はおすすめできないのです。

つまり、秋や冬はアルコールフリーの化粧水がおすすめなのです。

多くの化粧品成分にはメリットもデメリットもあります。

その特性を知って上手に使うことが
美肌をキープするためのコツです。

メリットも多いアルコールですが、
秋のエイジングケアには控えることをおすすめします。

なお、ナールスのエイジングケア化粧品はすべてアルコールフリーです。
エイジングケア化粧品ナールスの公式サイト「ナールスコム」

そして、11月6日(金)にリニューアル新発売するナールスピュアは、
セラミドプロモーターとナイアシンアミドがセラミドを増やし
バリア機能をしっかりサポート。

秋のエイジングケアにもぴったりです。


★次回は、
「秋にも気をつけたい花粉による肌荒れ」をお届けします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2020年 10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事