2016年07月16日

夏の皮脂対策はビタミンC誘導体化粧水!しかも、エイジングケアにも

2016年07月16日
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

今週は、海の日もあって3連休。

そして、小学校や中学校などの夏休みも今日から。

お子さんがいらっしゃる方は、海や山へお出かけの方も多いのではないでしょうか。

お出かけの際は、しっかり紫外線対策を!


さて、この夏の皮脂対策をビタミンC誘導体を使って行いましょうというお話です。




皮脂は、体温が上がれば分泌量が増えてしまいます。

だから、夏場には皮脂が過剰にでて、にきびや毛穴が目立つなどのトラブルに悩むこともあります。

そんな時に使いたいのがビタミンC誘導体配合のエイジングケア化粧品です。

なぜなら、ビタミンC誘導体には、皮脂をコントロールする特徴があるからです。

にきびや毛穴トラブルなどを防いでくれます。

また、表皮で作用するため、メラニンの排出と肌のターンオーバーを促進してくれるのです。


では、そんなビタミンC誘導体配合のエイジングケア化粧品は夏場にどう選べば良いか?

実は、ビタミンC誘導体には

ビタミンCをリン酸と結合させることで、肌への吸収率を高めたものが水溶性ビタミンC誘導体です。

水溶性ビタミンC誘導体の特徴としては、

・短期間で吸収されるため、即効性が高い。

・水溶性なので、さらっとした使用感。


であることから、化粧水などローションタイプの化粧品に配合されることが多いです。

だから、夏場なら、ビタミンC誘導体化粧水がおすすめです。


水溶性ビタミンC誘導体の種類としては、

・リン酸アスコルビルMg(アスコルビルリン酸Mg、リン酸-Lアスコルビル酸Mg)
・リン酸アスコルビルNa(アスコルビルリン酸Na、リン酸-Lアスコルビル酸Na)
・アスコルビル酸グルコシド
・アスコルビル酸エチル

などがあります。

それぞれ特徴はありますが、すべて基本的な働きは同じです。

一方で、

・即効性は高いものの、持続性は短い。

・高濃度で使用すると、刺激を感じたり乾燥することがある。

・紫外線に弱い。

などの弱点もあります。

とはいっても、コラーゲンを増やす作用や抗酸化作用などもあるので、とても有用なエイジングケア化粧品成分なのです。





そんなビタミンC誘導体配合の化粧品でオススメは、もちろんエイジングケア化粧品のナールスピュア。

洗顔後、いつもの化粧水の前に使っていただく、100%水溶性成分でできたエイジングケア化粧品です。

ナールスピュアのビタミンC誘導体は、アスコルビルリン酸Naです。


ビタミンC誘導体配合エイジングケアローション「ナールスピュア」

<

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2016年 07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事