保湿クリームと乳液って、何が違うの?

2017年04月21日
突然ですが、ナールスの基本のお手入れは、

ナールスピュア→ナールスユニバの2ステップ

もしくは、

ナールスピュア→ナールスネオ→ナールスユニバの3ステップです。



普段、クリームではなくて、乳液でお手入れされている方から、

「ナールスには乳液はないの?」

「両方使った方がいいの?」

「そもそも乳液とクリームって何が違うの??」

というご質問いただくことがあります。

ちなみに私は、ナールスを使う前は、クリームではなく乳液を使っていたので、

「乳液はないの??」と思ってしまいました。

そこで、今日のブログでは、保湿クリームと乳液についてお伝えしたいと思います。

1.保湿クリームと乳液ってどう違うの?





保湿クリームの基本的な役割は、「水分の蒸発を防ぐ」ことです。

また、最近では、「水分を保持する」成分も一緒に配合されることで、保湿を両面からサポートするものが多くなっています。

さらに、「エイジングケア」をサポートする保湿クリームもあります。

一方、乳液は?というと、基本的な役割は、クリームと同じで「水分の蒸発を防ぐ」ことです。

また、「水分を保持する」ことや「エイジングケア」も可能です。

つまり、基本的には、乳液も保湿クリームと役割は同じなのです。

乳液は「エマルジョン」とも呼ばれ、保湿クリームよりは水っぽい液体です。

では、保湿クリームと乳液では、いったい何が違うのか?

ずばり、保湿クリームと乳液の違いは、「油溶性成分」と「水溶性成分」の配合比率の違いだけです。

保湿クリームの場合、油溶性成分は25〜50%程度配合されていますが、乳液には15〜20%程度しか配合されていません。

そのため、保湿クリームはこってりした重めのテクスチャーになり、乳液は軽めのテクスチャーになります。

したがって、エイジングケアでは両方が必要ではなく、どちらか一方で十分です。

基本的には、お好みで使い分けをしていただければOKです。

2.保湿クリームと乳液の使い分けは? 具体例×4





「保湿クリームと乳液はどう使い分ければいいの?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

エイジングケア化粧品は、年齢、季節、自分のお肌の状態などで上手に使い分けをすると、より効果を発揮するので、ご自身で見極めることが大切です。

といっても、役割の近い保湿クリームと乳液の使い分けはわかりにくいので、具体的な使い分けの例を4つご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

@朝と夜で使い分ける


乳液には、朝の使用を意識してUVカットの効果やメイク下地の機能を持った化粧品もあります。

こってりしたクリームを使うと、ファンデーションのノリが悪くなったり、よれたり、化粧崩れしやすくなる場合があるので、さらっとした乳液を朝に使う方も多いようです。

一方、保湿クリームには、セラミドなどの保湿力の高い成分や、エイジングケア化粧品成分を配合したものがあります。

夜はお肌の修復の時間なので、夜にエイジングケア成分が配合された保湿クリームを使うのもオススメです。

A生理周期で保湿クリームと乳液を使い分ける


女性ホルモンのうち、プロゲステロンは排卵後から増え始め、黄体期(排卵期が終わってから次の生理が始まるまでの期間)は、エストロゲンの分泌量を上回ります。

プロゲステロンには、皮脂分泌を増やすはたらきがあるので、黄体期はオイリー肌に傾きがちです。

この時期に皮脂分泌が気になる方は、軽めの乳液を使った方が良いでしょう。

Bお肌の乾燥の程度で保湿クリームと乳液を使い分ける


乾燥が気になる秋から冬は保湿クリームを使い、テカリが気になる春や夏は乳液を使うという考え方もできます。

また、ご自身の乾燥の程度に合わせて、どちらかを使い分けても良いでしょう。

乾燥が激しい時期は、保湿クリームと乳液の両方を使うということも考えられますが、その場合は以下のことを注意して使用してください。

●顔全体には乳液を使い、乾燥が気になる箇所にだけ保湿クリームを使う

●配合されている成分が重ならないように、ブランドを変えるなどの工夫をする

C年齢が上がれば、保湿クリームへ切り替えを考える


皮脂の分泌量は、年齢とともに下がって行きます。

今まで乳液で大丈夫だった場合でも、乾燥が気になる時期が来るかもしれません。

そんな場合は、乳液から保湿クリームに切り替えることを考えてみてはいかがでしょうか。

3.まとめ



・保湿クリームと乳液の役割は、同じと考えて差し支えありません。
・基本的には、保湿クリームと乳液を同時に使う必要はありません。
・年齢や肌質、お肌の状態で保湿クリームと乳液を使い分けましょう。


エイジングケアは、必ずしも多くのエイジングケア化粧品を使えば良いということでありません。

逆に、1つで済ませば良いというものでもありません。

年齢、お肌の状態、そして保湿クリームや乳液の役割を考えた丁寧なエイジングケアを心掛けていただければ幸いです。

保湿クリームと乳液について、さらに深堀したい方は、

保湿クリームと乳液って両方使う必要あるの?正しいエイジングケアのためにをご覧ください。

「やってはいけない!保湿クリームと乳液の使い方」

「オールインワンの保湿クリームは、どう考えれば良いの? 」

「エイジングケア化粧品全体の中でバランスを考えることの大切さ」

など、詳しく記載しております。

ちなみに、現在、エイジングケア人気記事ランキング第4位です☆

保湿とエイジングケアをサポートする高機能エイジングケア美容クリーム「ナールス ユニバ」の情報はこちらから



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

イオン導入に向いた成分って?

2017年04月16日
こんにちは!


エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 「知って得する!納得のエイジングケア講座」第126回
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は、お客様から質問をいただくことがよくある
「イオン導入に向いた成分って?」についてです。
                                          

お客様の中にもイオン導入器をお使いの方もいらっしゃいます。
その際に、


●「ナールスピュア」って、イオン導入器で効果はアップするのですか?
●ナールスゲンは、イオン導期器を使っても大丈夫ですか?
●どんな成分がイオン導入器に向いているのですか?


などのご質問を受けることがあります。

ということで、今回は、その点についてご紹介します。


───────

(1)イオン導入器のメカニズム

イオン導入とは、微弱な電流を使って
美容成分をお肌の奥へ届ける方法で、
その時に使う機械がイオン導入器です。

美容成分の中には、
お肌の中でマイナスのイオンを帯びるものがあります。

イオン導入器は、微弱なマイナスイオンをお送りますので、
美容成分が反発してお肌の奥へと浸透するのです。

これは、磁石でも同じですね。

N極とN極、S極とS極同士を引っ付けようとしても、
互いに反発して遠ざかりますね。

イオン導入器は同じマイナス同士の電流で美容成分が反発して、
肌の奥へ逃げていくように仕掛ける機器なのです。



(2)イオン導入に向くエイジングケア化粧品成分

イオン導入に向く成分の条件は、2つです。

1つは、お肌の中でマイナスイオンを帯びる成分。
もう1つは、ある程度分子量が小さい成分。

この条件を満たすのは、

●ビタミンC誘導体
●アミノ酸またはアミノ酸誘導体
●プラセンタ

なのです。

ナールスゲンは、
アミノ酸誘導体で分子量が331.26と小さな成分です。
だから、イオン導入に向く成分です。



(3)ナールスでのオススメの組み合わせ

ビタミンC誘導体、ナールスゲン、
プラセンタを奥まで届ければよいので、


●ナールスゲンとビタミンC誘導体を含む「ナールスピュア」
●ナールスゲンとプラセンタを含む「ナールス パッション」


が、良い組み合わせです。

ナールスピュアを先に使って、
そこにナールス パッションでお肌をパックした上から
イオン導入器を使うのが、成分の特性を活かす方法です。

この方法は、「美容効果」「エイジングケア効果」の点では、
とても有効です。

なぜなら、イオン導入の効果とバイオセルロースの
密閉効果の2つで成分の浸透度がアップするからです。

週1回程度のスペシャルエイジングケアケアとして、
お試しになってみてはいかがでしょうか?

もちろんイオン導入器を使わなくても、
この組み合わせで浸透力はアップします。



(4)イオン導入のデメリット

イオン導入は、効果もある反面、マイナス面もあります。

ビタミンC誘導体は、刺激のある成分なので浸透することで
効果も高まる反面、刺激を感じるリスクも高くなるのです。

お肌が敏感な時や肌荒れ、炎症などがある場合などは、
ビタミンC誘導体をイオン導入することは控えた方がよいです。


以上、イオン導入に向く美容成分と効果、
メリットとデメリットについてご理解いただければ幸いです。


★次回からは、新シリーズ
「セラミドとセラミド化粧品の秘密!」を開始します。



ありがとうございます。
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

ナールスを長くご愛用いただいているお客様の声 vol.2

2017年04月15日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

毎月1日と15日に、ナールスのお化粧品を長くご愛用いただいているお客様の声をご紹介しています。

ぜひ、エイジングケアの参考にしていただきたいです(*^_^*)


友人からよく褒められます





Q1.ナールスをお使いの前は、どんなことでお悩みでしたか?

肌の弾力がなくなってきて、しぼんだ感じ

Q2.どうやってナールスをお知りになられましたか?

友人からの紹介

Q3.ナールスをお知りになって、すぐに購入されましたか?すぐに購入されなかった方は、なぜでしょうか?

すぐに購入。

Q4.何が決めてとなってナールスを購入し、定期的または継続的にお使いいただいていますか?

先に使用しはじめていた友人のシミが薄くなったということと、使い始めてすぐに肌の手触りが良くなったこと

Q5.実際、よくナールスをお使いいただいておりますが、そのご感想は?

友人から、肌がつやつやしてる、とよくほめられます。ナールスのおかげだと感謝しています!




次回は5月1日にアップします。

お楽しみに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

京都で桜のトンネルを堪能してきました♪

2017年04月14日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品「ナールス」の公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

みなさん、今年、お花見には行かれましたか?

関西は、先週末に満開となったにも関わらず、週末の金曜〜日曜まで、全て雨の予報でした。

今年のお花見は、半ばあきらめていたところ、

直前になって、日曜日が晴れマークに変わり、無事お花見することができました!

私は京都出身ということもあり、毎年、できるかぎり京都でお花見しておりまして、

昨年は、八坂の円山公園と、木屋町通り沿いに行きました。

当日はちょうど満開だったので、めちゃくちゃキレイでしたよ。

昨年の桜はこちらから

で、今年は、どこに行こうか迷った末、「淀川河川公園背割堤地区」に行きました。

背割堤(せわりてい)というのは、宇治川と木津川の合流部に、全長1.4kmに渡って二つの河川を区切るように設置されている堤防です。

背割提にはソメイヨシノが約250本植えられていて、満開になると、1.4kmの桜のトンネルになります。



初めて訪れたのは、15年以上前で、その時は、お花見に来ている人はそれほど多くなかったような気がするのですが、今年はすごいことになっていました。

人が多すぎて、なかなか前に進むことができなかったです。

今年の3月25日に「さくらであい館」がオープンしたからでしょうか?

▼さくらであい館の展望台▼


しかも、それがNHKで紹介されたからでしょうか?

ちなみに、私はそのNHKの紹介を見て、ここに決めました(笑)

では、ここからは、背割提の桜の写真をお楽しみください。

▼背割提入口。ここから桜のトンネルがはじまります▼




▼背割提の桜を下から見上げたショットです▼




▼満開の桜をアップで撮影▼


いかがでしたか?

背割提の桜の木は、大きな木ばかりなので、とても迫力があって、圧巻でしたよ。

この日は、かなり肌寒かったので、30分ほどで引き上げちゃいましたけど。。

お天気は曇りで、エイジングケアのことを考えたら、すごい晴れよりも、

これくらいの天気の方がよい気もします。

でも、本音を言うと、せっかくのお花見なので、青空のもとで桜を見たかったです。

ま、それはまた来年のお楽しみにしておきます♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

馬油って昔からあるけどは、その効果?

2017年04月08日
こんにちは!


エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 「知って得する!納得のエイジングケア講座」第125回
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在、「美容オイルによる保湿とスキンケア」を連載中です。
第8回目は、「馬油って昔からあるけどは、その効果?」です。

第1〜4回まで、美容オイルの持つ保湿の役割や使い方、
そして種類をお話ししました。
第5回からは、いくつかの有名な美容オイルの特徴のご紹介を始めました。

さて第8回めの今回は、最も歴史のあるオイル「馬油」を取り上げます。

───────

馬油は、「ばーゆ」と呼ばれることが多いようですが、
「まーゆ」と呼ばれる地域もあるそうです。
ちなみに、私は「まーゆ」と読みます。

さて、この馬油、おそらくは最も歴史が古いオイルで、
約4000年前の中国騎馬民族の時代から使われていたと言われています。

日本へ伝わったのはそれほど大昔ではなく、
1600年頃だそうです。

馬油は、美容オイルというより切り傷や火傷の治療など、
古くから民間療法で「薬」として使われてきました。


1)そもそも馬油って?

馬油とは、その名前からもわかる通り「馬の油」。
つまり、動物性の天然油です。
馬のたてがみや腹の脂肪などに火をかけ煮立たせ、
不純物をろ過して作られます。

馬油の基本的なはたらきは、
他の美容オイルと同じく「水分の蒸発を防ぐ」ことです。


2)馬油の成分は?

馬油は、皮脂と同じく「脂肪酸」が中心です。
一般的に、動物性のオイルには飽和脂肪酸が多いのですが、
馬油には植物性のオイルに多い不飽和脂肪酸が多く含まれています。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の割合が4:6で、
これは人の皮脂とほぼ同じ比率なのです。
これが、馬油が美容オイルとして使われる理由です。

成分は、オレイン酸、パルミチン酸、パルミトレイン酸、
リノール酸、リノレン酸などで構成されます。


3)馬油の特徴と期待できる美容効果は?
基本的な効果は、「水分の蒸発を防いで保湿」することです。

その他の特徴としては、

●刺激が少なくお肌になじみやすい
他の美容オイルと同じ特徴です。
また、安全性も高く刺激などはありません。

●酸化しやすい
馬油は酸化しやすいので、開封後は早く使い切ることが必要です。
最近では、ビタミンEを一緒に配合することで、
酸化しにくいように工夫された馬油もあります。

●融点が低い
融点が30〜43度と低く、
夏期は外気温で容易に液体化してしまうことがあります。
だから、夏場は必ず冷蔵保存をしましょう。

●その他
馬油は、医薬品レベルではありませんが、
他にも火傷などの傷を治す作用、血流を改善する効果、
かゆみを抑える効果などもあります。
こうした効果があって大昔から使われてきたオイルです。

いまでは、美容オイル、シャンプーなどでよく使われています。


以上、美容オイルのテーマは、今回で終了です。


★次回は、最近、ご質問のあったテーマ「イオン導入に向いた成分って?」をお届けします



ありがとうございます。
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >