ナールスを長くご愛用いただいているお客様の声 vol.10

2017年08月15日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

毎月1日と15日に、ナールスのお化粧品を長くご愛用いただいているお客様の声をご紹介しています。

みなさまのエイジングケアの参考にしていただきたいです。


たるみもとれ、しわも浅くなってきた感じ





Q1.ナールスをお使いの前は、どんなことでお悩みでしたか?

肌のたるみ、しわ

Q2.どうやってナールスをお知りになられましたか?

新聞にて知りました

Q3.ナールスをお知りになって、すぐに購入されましたか?すぐに購入されなかった方は、なぜでしょうか?

評判をチェックしていました

Q4.何が決めてとなってナールスを購入し、定期的または継続的にお使いいただいていますか?

販売後悪いニュースを聞かなかったから購入しました。

Q5.実際、よくナールスをお使いいただいておりますが、そのご感想は?

価格が高い以外はとても満足しております。たるみもとれ、しわも浅くなってきた感じで継続したいと思ってはいますが、価格面で考え中です。とにかく良いものを開発して下さり感謝しております。研究者の皆様ありがとうございます。




次回は9月1日にアップします。

お楽しみに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

油溶性ビタミンC誘導体VCIPを深く知ろう!

2017年08月13日
こんにちは!


エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 「知って得する!納得のエイジングケア講座」第143回
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ビタミンC誘導体を知ってエイジングケアに活かそう!」
を連載中です。

これまで、「ビタミンC誘導体とは?」をはじめ、
効果、デメリット、種類について取り上げてきました。

そして前回は、「両親媒性ビタミンC誘導体APPSを深く知ろう!」でした。

今回は、「油溶性ビタミンC誘導体VCIPを深く知ろう!」です。


───────

水溶性ビタミンC誘導体は「速攻性」はあるものの、
「持続性の少なさ」と「刺激が強い」というデメリットがあります。

一方、油溶性ビタミンC誘導体VCIP(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)は、
お肌に塗ってもイオン化しないため、非常に刺激性が低いことが特徴です。

だから、高濃度でも比較的安心して使えますし、
敏感肌やインナードライ肌、乾燥肌など、
バリア機能が低下していても使いやすいのです。

また、

●効果の持続時間も1日以上ある(実験データでは43時間)
●浸透性も高い(水溶性ビタミンC誘導体の30倍)

という大きなメリットがあります。

だから、ビタミンCの効果を得つつ、
優しいエイジングケアを行うためにピッタリの成分なのです。

一方、

●水溶性ビタミンC誘導体に比べて即効性がない
●使用感でべたつきを感じることがある
●化粧水やサッパリタイプの美容液に配合するには向かない

という点がデメリットです。
だから、多くの場合は、保湿クリームでしか使えないことになります。

同じビタミンC誘導体でもこうした違いを理解することで、
肌質や肌状態に合ったものを選べるようになりますね。

なお、VCIPの特性を活かして、
「ビタミンC誘導体は使いたいけど刺激に弱い!」
という方のために開発したのが、「ナールス ユニバ」なのです。

ナールス ユニバの使用実感は、こちらからご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=5vDQx4F4PkA


★次回は、「たくさんある!水溶性ビタミンC誘導体」です。


ありがとうございます。
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

「夏老け肌」解消のためのスキンケアとエイジングケア

2017年08月11日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

今日からお盆休みという方も多いのではないでしょうか?

ナールスのお盆期休みは、本日 8月11日(金)〜8月14日(月)の4日間です。

8月15日から出勤しますが、きっと電車はすいてて快適なんじゃないかと思います。

さて、完全に夏本番ですが、みなさまお肌の調子はいかがでしょうか?

わたしは、夏老け肌状態になりつつあります。

きっと、この猛暑で、夏老け肌になってしまっている方が多いのではないかと思います。

そこで、今日は「夏老け肌」についてお話したいと思います。


夏老け肌ってどんなお肌?





夏老け肌という医学用語は無く、明確な定義があるわけではありませんが、夏の季節的な影響やダメージで、夏バテしてしまったお肌を夏老け肌と呼びます。

具体的には、お肌がカサカサ、お肌がゴワゴワ、くすみが気になる、シミが増えてきた、肌が老けた気がする、などの状態です。

夏老け肌の原因は、主に2つです。

1つは、夏の季節による身体の疲労や体調不良がお肌に出てしまうことです。

もう1つは、夏の季節的な特徴に合わせたスキンケアやエイジングケアができていないことです。

これらの結果、夏にお肌が乾燥してバリア機能が低下したりターンオーバーが乱れてしまうことが、夏老け肌の原因なのです。

また、紫外線によって活性酸素が発生してダメージが大きいことも原因の1つです。

夏老け肌は、放置したりひどくなるとインナードライ肌や敏感肌になることもあります。また、お肌の老化の原因にもなってしまいます。


夏老け肌の危険度チェック





夏老け肌の危険度をチェックしてみましょう。

 □ 日焼け止めはいつでも同じものを使っている

 □ 日焼け止めは朝塗ったら付けなおさない

 □ いつでもエアコンでよく冷えた部屋にいる

 □ 夏は冷たいビールや炭酸飲料などをよく飲む

 □ 夏は脂っこいものをよく食べる

 □ あまりよく眠れない

 □ 夏なので毎日3回以上洗顔する

 □ 食欲が無く夏バテ気味

3つ以上、チェックがついたあなたは、夏老け肌かも!?

本当は、夏老け肌にならないように、予防することが大切なのですが、なかなか完璧に対策できないことも多いと思います。

夏老け肌かな?と思ったら、ぜひ早めの対策を実践していただきたいです。


夏老け肌の解消のスキンケア





1)メイクはしっかり、かつ、優しく落とす

夏は紫外線の影響でメイクが酸化しやすくなります。だから、しっかりとクレンジングで落としましょう。
また、クレンジングは1分程度で優しく行うなど、お肌の負担にならないように注意しましょう。

2)不要な皮脂は落としつつ、肌に優しい洗顔を心がける

洗顔では、しっかりと不要な皮脂を落とすことが大切です。

しかし、優しく肌に刺激を与えないことも同じくらい大切です。

ポイントは、洗顔料をしっかりと泡立てて、もっちりとした泡で汚れを包み込むようにして洗うことです。

ゆるい泡で洗ったり、ゴシゴシこすってしまうと、角質層を傷つける原因になります。

角質層が傷つくと天然保湿因子やセラミドが流れ出てバリア機能が低下。これがお肌の乾燥をもたらし夏老け肌になってしまうリスクを高めるのです。

汗や皮脂でベタつくからと、洗顔回数を増やしてしまうのも厳禁です。

洗顔回数は、1日2回までを目安としましょう。

正しい洗顔で、夏のダメージで乱れがちなターンオーバーを整えてくださいね。

もし、お肌がゴワゴワしてたり、毛穴の黒ずみや角栓が目立つ場合には、酵素洗顔もお勧めです。

ただし、酵素洗顔は週に1〜3回までにとどめましょう。

3)保湿を見直してみる



皮脂や汗でベタベタしがちな夏は、肌が潤っていると思ってしまい、保湿を怠りがちです。

とくに、表面はテカっていても、肌の内側の水分はカラカラという「インナードライ肌」の場合、脂性肌と間違いやすいので要注意です。

夏の保湿は、洗顔後に、たっぷりの保湿化粧水で水分を補いましょう。

1回目は顔全体に軽くなじませ、2回目は手のひらでハンドプレスを行なって、じんわりと押し込むなど、浸透を高めるつけ方も工夫してみてくださいね。

使う化粧水は、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、アミノ酸誘導体などが配合された、保湿力の高いものを選びましょう。

そして、美容液や保湿クリームで水分のキープとカバーし、バリア機能を正常に保つケアを地道に繰り返してください。

なお、バリア機能をサポートするセラミドは、油溶性成分なので、セラミド化粧水よりもセラミド美容液、セラミドクリームで補うことをオススメします。

4)やはり大切なのは紫外線対策

夏老け肌の対策で最も大切なものを1つ選ぶなら、紫外線対策です。

日焼止めは、SPFやPAがどんなに高くても、朝塗っただけで後は放置では、対策ができているとは言えません。

日常使いなら、夏でもSPFならSPF25〜30、PAなら++〜+++で大丈夫なので、3〜4時間おきにこまめに塗り直すのが理想です。


まとめ



夏老け肌の原因、夏老け肌を解消するスキンケアやエイジングケアのポイントは、

@正しい洗顔

A保湿

B紫外線対策

です。

スキンケアの基本であるこの3つをしっかり行って、一日も早く、夏老け肌対策してくださいね。

▼夏老け肌に効果的なエイジングケア化粧品成分や、より詳しい内容については、こちらをご覧くださいませ。
夏老け肌を予防・解消する対策とは?〜季節のエイジングケア〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

両親媒性ビタミンC誘導体APPSを深く知ろう!

2017年08月06日
こんにちは!


エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ 「知って得する!納得のエイジングケア講座」第142回
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ビタミンC誘導体を知ってエイジングケアに活かそう!」
を連載中です。

これまで、「ビタミンC誘導体とは?」から、
効果、デメリット、種類について取り上げてきました。

今回は、「両親媒性ビタミンC誘導体APPSを深く知ろう!」です。

───────

前回、APPS(アプレシエ)が水溶性と油溶性の両方の性質を持つ、
両親媒性のビタミンC誘導体であることをお伝えしました。

「APPS」は、リニューアルしたナールスピュアに使っている成分ですが、
今回、このAPPSについて詳しくご紹介します。

APPSの特徴として、

●水溶性ビタミンC誘導体よりもお肌に浸透しやすい
●刺激が比較的少なく、お肌の乾燥を招きにくい
●価格が高い

ことを、前回のメルマガでご説明しました。

APPSは、化粧水、美容液、乳液、保湿クリーム、フェイスマスクなど、
さまざまな化粧品に配合することができるメリットがあります。

一方、APPSのデメリットの1つは、安定性が若干低いことです。
だから、直射日光や高温では分解されるリスクもあります。

ナールスピュアも、保管は室温で直射日光を避けていただければ幸いです。

さて今回は、APPSについて、

1.皮膚浸透性
2.しわ改善効果
3.美白効果
4.抗アクネ効果

の4項目に対する評価を行った試験を簡単にご紹介します。


1.皮膚浸透性

色素にて色を付けたAPPSおよびアスコルビルリン酸に、
ヒト皮膚片を18時間浸透させ、
顕微鏡で観察したところ、APPSの浸透性が高かった。


2.しわ改善効果

21名の被験者の目尻のしわ部分に、
1日2回、1〜3ヵ月間1%APPS配合美容液を塗布し、
目視にて使用開始前と比較したところ、
約半数以上の方でしわの改善と角層水分量の増加が認められた。
このことからAPPSには、
乾燥によるしわを目立たなくする効果が示唆された。


3.美白効果

メラニンがつくりだされるメラノサイト、
およびケラチノサイトを培養した皮膚モデルに1%APPSを投与し、
2週間培養後、生成したメラニンを確認したところ、
APPSのメラニン量は投与なし群の約70%にとどまった。

4.抗アクネ効果

皮膚科に通院中のアクネ患者に1%APPS配合ローションを1日2回、
6ヵ月間塗布したところ、
面皰(めんぽう:毛穴がつまって皮脂がたまっているニキビ)や、
赤色丘疹(せきしょくきゅうしん:赤く炎症を起こしているニキビ)が減少した。


これらの結果は、ヒト皮膚片などで行われたものを含んでいますが、
APPSの優れた効果を示しています。

今回、ナールスピュアにAPPSをプラスで配合したのは、
こうした効果をプラスできればと考えたからです。


★次回は、「油溶性ビタミンC誘導体VCIPを深く知ろう!」です。


ありがとうございます。
ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

今月は酵素洗顔「ナールスフォーム」をプレゼント!

2017年08月04日
みなさん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。


8月ですね。本当に毎日毎日暑いですね。

この暑さと湿気で、会社から家に帰る頃には、お肌がベタベタのドロドロになってしまいます。

そんな時に酵素洗顔をすると、本当に気持ちいいですよね。



普段、ダブル洗顔不要のクレンジングを使っているので、洗顔料を使う機会は少ないのですが、夏はザラツキが気になった時などに酵素洗顔するようにしています。

酵素洗顔は上手に使えば、エイジングケアにとってメリットがありますが、間違って使えばデメリットになる洗顔方法でもあります。

そこで、8月のエイジングケアクイズは、酵素洗顔で知っておいていただきたいワンポイント情報に関する問題です。



8月のエイジングケアクイズ



Q. 酵素洗顔につて正しいのはどれでしょうか?正しいものを次の3つの中から1つ選んで、ご回答ください。

@酵素洗顔は、敏感肌でも問題なく行える洗顔方法である。

A酵素洗顔は、ターンオーバーが遅い場合に向く洗顔方法である。

B酵素洗顔は、透明感のある健やかなお肌になれるので、毎日行う。

「エイジングケア応援コスメ プレゼントクイズ」の回答は、こちらから!

★今回のクイズのヒントは、「酵素洗顔とパウダーの全て!ランキング無用の正しい選び方」をご覧ください。

応募期間は、8月31日(木)午後5時までです。

当選者プレゼントは、もちろん酵素洗顔パウダー「ナールスフォーム」です。



ぜひチャレンジしてくださいね!(^^)!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >