2016年01月02日

ターンオーバーを考えたエイジングケア化粧品の使い方 Vol.2

2016年01月02日
こんにちは。

エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。


エイジングケアアカデミーは、かなり詳しく記事を書いていますが、こちらはもう少し軽めの内容で進めたいと思いますので、是非、こちらも読んでいただければうれしいです。



前回第5回は、ターンオーバーを意識したエイジングケア化粧品の使い方の前編でした。

今回、第6回は、ターンオーバーを意識したエイジングケア化粧品の使い方の後編をご紹介します。

まず、ターンオーバーが乱れる場合、遅すぎる場合と速過ぎる場合に分かれます。

ターンオーバーが遅くなっている場合のサインは、

 ◎ 角質が留まった感じがして、くすんだようにみえる
 ◎ お肌の表面にごわつき感がある
 ◎ 急にシミが増えたり、濃くなってきた
 ◎ 擦り傷や切り傷が治りにくい

このタイプの方は、加齢や紫外線が原因で、ターンオーバーが遅くなって、本来、剥がれ落ちるべき古い角質がお肌のとどまったままの状態になっています。

また、ターンオーバーが速くなっている場合のサインは、

◎ 肌が刺激に弱くなった
◎ 夏場でも保湿クリームが無いと乾燥する
◎ 最近、今までと同じ化粧品でも刺激を感じる
◎ 以前使えた、アルコール入り化粧品が使えなくなった

などです。
このタイプの方は、加齢あるいは他の理由で、敏感肌になっている可能性があります、
また、症状が急激に悪化した場合は、アレルギーなどの可能性もありますので、皮膚科の医師に相談することがベターです。

───────

それでは、エイジングケア化粧品の使い方の基本をご紹介します。

また、エイジングケア化粧品は、いずれの場合も、セラミドなど保湿力の高い成分が配合されたもの、ナールスゲンなどのエイジングケア化粧品成分が配合されたものなどから、美容液を中心に選びましょう。

なぜなら、美容液は、保湿成分やエイジングケア化粧品成分が凝縮されている場合が、多いからです。

美容液の選び方は、「美容液ランキングではわからない、エイジングケア美容液を正しく選ぶための7つの秘密」をご覧ください。

美容液ランキングではわからない、エイジングケア美容液を正しく選ぶための7つの秘密



その上で、新しく試した美容液は、刺激感やお肌に合わないといった問題がなければ、 最低でも2ヵ月、できれば3ヵ月間続けましょう。

せっかく選んだ美容液も2ヶ月以内だとターンオーバー周期に満たないうちに評価するより、ターンオーバーが1周するまで使うことで、しっかりと評価しましょう。

なお、ターンオーバーが遅くなっている場合は、角質の留まりやくすみが気になる場合は、その期間で、適度なピーリングを定期的に行うことも良いでしょう。

ただし、角質ケアのやりすぎは、かえってお肌のトラブルを招きかねないので、要注意です。
ピーリングをする際は、できれば、(美容)皮膚科の医師と相談される方が安全です。

ターンオーバーが速過ぎる方は、ピーリングは向きませんので、止めたほうが無難です。
また、ターンオーバーが速過ぎる方は、特にお肌のバリア機能を損なわないよう、洗顔のしすぎや、洗顔する際に強くお肌をこするのは避けましょう。

まずは、正しい日常の生活習慣、そしてご自身の年齢やお肌のタイプ、状態に合った正しいスキンケアで、正常なターンオーバーの目指してくださいネ!


ターンオーバーの正常化のためのエイジングケア美容液の候補に、
ナールスゲン配合エイジングケア美容液「ナールス ネオ」を加えていただければ、ウレシイです!!

ナールスゲン配合エイジングケア美容液「ナールス ネオ」



ありがとうございます。

ナールスゲン配合化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。


ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」






プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2016年 01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事