2016年02月21日

ほうれい線の原因の1つは、余計な水分。静脈を意識したケアを!

2016年02月21日
皆さん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

だんだん春が近づきつつある毎日ですが、まだまだ寒いもあって、身体が冷えるときも多いですね。

そんなときは、筋肉も縮みがち。

そうなると、血管やリンパ管の流れも悪くなりますね。

さて、そんな血管の中で、静脈がほうれい線と関係があることがご存知でしょうか?

静脈は、毛細血管が回収した老廃物や水分を集めて、それらをきれいにした後で血液を心臓に戻す役割があります。

しかし、加齢や寒さなどで、静脈のまわりの筋肉が衰えたりはたらきが悪くなると、静脈の血液を送るポンプのはたらきがにぶくなるのです。

そのため、お顔の内側でも、水分が回収されず、溜まってしまいがちになります。

これが、むくみに原因になってしまうのです。

実は、むくみは、ほうれい線が目立つ原因になる可能性があるのです。

むくみがひどいと、頬の部分に「水袋」ができて、重力で引っ張られてたるんでしまうことも。

そうなると、ほうれい線が目立ってしまうことにもなりかねません。



そうならないためには?

まず、寒い日はお風呂や温活でしっかり、身体を温めること。

もう1つは、静脈の流れを良くすることです。

水分の回収、静脈はリンパ管よりも影響が大きいので、こちらのケアも大切です。


顔の静脈は、大きなものが3つあります。

顔面静脈

内頚静脈

外頚静脈

です。

それを意識した静脈マッサージが有効だと言われています。

顔のむくみが気になるなら、試してみてはいかがでしょうか?


静脈マッサージはこちら


そして、ナールスゲン配合エイジングケアローション「ナールスピュア」もほうれい線ケアに!



「ナールスピュア」の詳しい情報は、こちら。

ほうれい線ケアローション(化粧水タイプ)の「ナールスピュア」

ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2016年 02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
最新記事