2016年03月21日

化粧水の種類って、ご存知ですか?〜正しいエイジングケアのために〜

2016年03月21日
皆さん、こんにちは。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品ナールスの公式ブログに来ていただきまして、ありがとうございます。

3月も半ばを超えましたが、3連休は寒い日が多かったですね。


さて、皆さんは化粧水の種類って、ご存知ですか?

正しいエイジングケアを実践するためには、化粧水の種類とそれぞれの役割を理解することが大切です。それを知らないと誤った化粧水を選んでしまうこともあります。


自分の目的やお肌の状態にあった化粧水を選ぶためには、どんな種類の化粧水があるかを知ることです。

色んなわけ方や呼び名がある化粧水ですが。大体5〜7種類に分かれます。

それは、

1.柔軟化粧水

角質を柔軟にし、お肌を保湿して、キメを整えることが主な目的です。
いわゆる化粧水です。

2.ふき取り化粧水

柔軟化粧水とは逆に、クレンジングや洗顔で取りきれなかった汚れを「取り除く」ことが主な目的です。

3.収れん化粧水

「引き締め化粧水」「トーニングローション」「トーナー」「タイトニングローション」「アストリンゼント(ローション)」などとも呼ばれます。
過剰な皮脂を取り除き、毛穴を引き締めることなどが目的です。

アルコール(エタノール)が配合されています。

4.美白化粧水

ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸、カモミラET、プラセンタ、ハイドロキノンなどの美白成分が配合された化粧水です。

5.ニキビ用化粧水

その名のとおり、ニキビ対策の化粧水です。
サリチル酸やグリチルリチン酸ニカリウムなどの殺菌作用、抗炎症作用のある成分が配合されています。

その他のでは、アルカリ性化粧水、プレ化粧水、植物性化粧水などです。

一般的に化粧水と言えば、柔軟化粧水のことですが、これも保湿化粧水と呼ばれることもあります。

また、最近でで、エイジングケアケア化粧水という呼び方もあります。

機能性の高いエイジングケア化粧品成分が含まれた化粧水は、エイジングケア化粧水と呼ばれます。

ナールスゲン、ネオダーミル、アスタキサンチン、フラーレンなどのエイジングケア化粧品成分が配合されます。

「化粧水は10種類以上も?目的別の効果とランキングに頼らない選び方!」

ナールスピュアの動画



「素肌サプリメント」ナールスピュアを詳しく知りたい方は、こちらをご覧くださいね。

@コスメ化粧水ランキング1位!ナールスピュアで学ぶ化粧水選び


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いつもありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」

プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2016年 03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事