2019年04月28日

春の乾燥肌の原因は?

2019年04月28日
こんにちは!


エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆☆
 知って得する!
 納得のエイジングケア講座 第200回
☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━

いよいよ4月ですが、この講座も、
今回で、とうとう200回を迎えました。

最初はどこまで続くかわからないままでしたが、
気づけば200回目!
こうして続けられるのもお客様がいらっしゃるおかげです。

これからも美肌や、エイジングケアに
役立つ内容をお届けしてまいりますので、
引き続きご愛読お願い申し上げます。

ということで、今回から新シリーズ
「春の乾燥肌対策」をスタートします。

第1回目の今日は、
「春の乾燥肌の原因は?」をお届けします。

───────

だんだん暖かくなって、
過ごしやすい気候の春ですが、
気候が変わったり、
生活に変化が訪れる時期であることから、
乾燥肌や肌荒れになってしまうことも少なくありません。

乾燥肌の原因はたくさんありますが、
特に春の乾燥肌の原因になりやすい
“5つの要素”をご紹介します。

-----------------------------------
★花粉や黄砂の影響で乾燥肌や肌荒れに
-----------------------------------

ご存じのとおり、春はスギやヒノキ、
ブナなどの花粉がたくさん飛散し、
花粉症でお悩みの方も多いですね。

また、黄砂やPM2.5の濃度が上昇する傾向や、
春風などによって汚れが顔に付着することも。

こうした「異物」がアレルギーを引きおこして
お肌のバリア機能を低下させることがあります。

その結果、乾燥肌や肌荒れになることが多いのです。


-----------------------------------
★春は環境変化によるストレスが増える
-----------------------------------

春は新生活が始まる時期。

就職、転職、異動や引っ越しなどの環境変化で
知らないうちにストレスが溜まってしまうことも。

ストレスが溜まると、自律神経が乱れて
ホルモンバランスが崩れやすくなります。

その結果、乾燥肌や一時的な敏感肌である
ゆらぎ肌になってしまうこともあるのです。


-----------------------------------
★紫外線ダメージ
-----------------------------------

紫外線のシリーズでもお伝えしましたが、
春は、3月、4月、5月と夏へ向かって
だんだん紫外線量が上昇してくる季節です。

4月でも、6月や9月と同じくらいの紫外線量ですし、
5月は7月や8月とあまり変わりません。

そんな紫外線のダメージを受けることで、
お肌のバリア機能が弱まって、
乾燥肌になってしまうのです。


-----------------------------------
★昼夜や日々の寒暖差
-----------------------------------

今もそうですが、春は日中、
暖かい陽気に恵まれますが、
夜には冷え込むことも少なくありません。

また、3月や4月初旬などは、三寒四温、
つまり、1日のうちでも、
日によって寒暖差が大きい日がありますよね。

気温の差が激しいと、
お肌がついていけなくなり、
油分と水分のバランスが崩れて
乾燥肌になるリスクが高くなるのです。


-----------------------------------
★冬の乾燥ダメージの影響
-----------------------------------

あまり知られていませんが、
冬の乾燥の影響が春になって、
お肌に現れることもあります。

冬の乾燥によってお肌がダメージを受けて弱っていると、
いま挙げた4つの要素などが原因で、
一気にお肌の状態が悪化してしまうことがあるのです。

冬にすごくお肌の乾燥を感じていた方は、要注意なのです。


★次回は、
「春の乾燥肌対策で気をつけたいポイント」をお届けします。


ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」
プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2019年 04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事