2016年02月23日

エイジングケア化粧品成分ナールスゲンは、HSP47を増やす!

2016年02月23日
こんにちは!

エイジングケア化粧品「ナールスコム」が発刊するナールスマガジンのバックナンバーです。

エイジングケアアカデミーは、かなり詳しく記事を書いていますが、こちらはもう少し軽めの内容で進めたいと思いますので、是非、こちらも読んでいただければうれしいです。

前回は、コラーゲンの相棒「エラスチン」を前回取り上げましたが、
今回は、コラーゲンのサポーター「ヒートショックプロテイン(HSP)47」についてご紹介します。

コラーゲンが、3重のらせん構造であることは、このシリーズでご説明した通りですが、
HSP47は、この3重のらせん構造を正しい形に導いて、お肌のハリや弾力を支えるのを助けています。

そのほかにも、からだのケアにとても役立っているHSPとHSP47。

ここから、もう少し詳しくお話ししていきます。
少しマニアックになりますが、どうぞお付き合いください。


¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
<いま話題の「HSP」って、なに?>

「ためしてガッテン」「世界一受けたい授業」「ビートたけしのTVタックル」といったテレビ番組で
HSPが取り上げられて以降、その認知度と注目度が高まっています。

HSP(ヒートショックプロテイン)は、日本語では「熱ショックたんぱく質」と呼ばれています。

その名のとおり、「たんぱく質」で、体に熱が加わった時に作られます。

最近では、「HSP療法」という治療法の研究も進み、体を温めることでHSPを増やし、
痛みやつらい症状を緩和させたり、傷ついた細胞の修復や再生を促すという試みが、
医療の中で実践されるケースも増えてきました。

また、「42度洗顔」や「野菜の50度洗い」って聞かれたことがあるかと思います。
「42度洗顔」の美肌効果や、「野菜の50度洗い」で野菜がシャキッとすることなども、
実は、HSPが良い影響を与えているからなんです。
HSPは、熱ストレスや、そのほか様々なストレスから細胞を守る働きがあるからですね。


¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
<お肌とHSPの関係は?>

お肌も熱や紫外線にさらされた時、細胞がストレスを感じて傷ついてしまいます。
このとき、お肌の細胞の回復をサポートして、守ってくれるのがHSPです。

一方、回復できないほど傷ついてしまった細胞を選んで、あえて壊しているのも、
HSPのはたらきです。

つまり、HSPは外部のストレスに反応して、お肌の細胞の「品質を維持する」ために活躍する
たんぱく質なんです。


¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
<HSP47って、どんな働きをしている?>

実は、HSPには、たくさんの種類があります。

でも、まだまだわからない点が多いのです。

そんなHSPの中で、ある程度わかっているものには、HSPの後ろに「分子量」が付けられています。
その1つが、HSP47。

HSP47とは、「分子量が47のヒートショックプロテイン」となります。

HSP47は、1986年、歌人でもある京都大学名誉教授・永田和弘 先生によって、偶然、発見されました。
それを機に、たくさんの研究が進められ、その働きがかなり解明されてきたのです。

HSP47は、コラーゲンやエラスチンと同じく、線維芽細胞で作られています。
そして、コラーゲンとだけ結びついて、コラーゲンの3重のらせんを正しい構造になるよう助けています。

HSP47のように、他のたんぱく質を助けるたんぱく質のことを「分子シャペロン」と呼びます。

シャペロンとは、フランス語で、若い未婚女性が社交界にデビューする際に付き添う「介添え役」の
年上女性のことを意味します。

まさにHSPは、「シャペロン」として、美容界の花形「コラーゲン」をサポートしているのです。

美肌といえば「コラーゲン」とすぐ連想してしまうほど、有名なコラーゲンですが、
エラスチンやHSP47の助けがあってこそ、「花形」として輝けているんですね。

───────

ナールスピュアに推奨濃度で配合されているナールスゲンは、線維芽細胞を活性化させて、
HSP47を1.3倍増やすエビデンス(科学データ)があります。

その点では、ナールスゲンはHSP47のシャペロン(?)とも言えそうですね。

質の高い日常生活、乾燥対策、そしてナールスピュアで気合の入ったエイジングケアを!

エイジングケアとHSP47


ナールスゲンは、ナールスピュアをはじめナールスブランドの中心となるエイジングケア化粧品成分です。

HSPをサポートするエイジングケア化粧品「ナールスピュア」



ありがとうございます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品の通販サイト「ナールスコム」を宜しくお願い申し上げます。

ナールスゲン配合エイジングケア化粧品なら「ナールスコム」



プロフィール
管理者:株式会社ディープインパクトナールス事業部
<< 2016年 02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
最新記事