エイジングケアにおすすめ成分3選

世界一優しいドクターを目指して!をモットーに、皆様から信頼される「美容のかかりつけ医」になるべく日々診療に励んでおります。
◆ 免許・資格
日本美容外科学会認定専門医(JSAS)
日本美容外科学会会員(JSAS)
日本美容皮膚科学会会員
日本抗加齢医学会会員
国際抗老化再生医療学会会員
日本再生医療学会会員

◆ メディア実績
「Japan Brand Collection 2020」(メディア・パル)「PREMIUM WELLNESS LIFE」という特集で取材を受けました。

Original Beauty Clinic GINZA 院長佐藤玲史先生にエイジングケア世代の皆様のためにおすすめの3つの美容成分をご紹介していただきます。
その上で、これら3つを配合したナールスのエイジングケア化粧品をご紹介します。

佐藤玲史先生がエイジングケアにおすすめの3成分

【1】ナイアシンアミド
ナイアシンアミドはビタミンB群の一種です。
ナイアシンアミドにはセラミドを増やす効果、メラニンを抑える効果、コラーゲンを増やす効果があります。
このような効果から、肌荒れ改善、美白、シワ改善のための医薬部外品の有効成分として承認を得ています。
また、長年の使用実績において、刺激性がほとんどないこともわかっているので、敏感肌の方が使うことができる点もメリットです。

【2】ヒト型セラミド
ヒト型セラミドとは、人の肌の角質層のセラミドと同じ構造を持つ化粧品成分です。
お肌への親和性が最も高く、保湿力や浸透力に優れていることや、刺激が少ないというメリットがあります。
また、角質細胞間脂質の水分と油分を交互に挟み込んだ「ラメラ構造」の形成をサポートすることで、お肌のバリア機能を高めます。

【3】ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体とは、ビタミンC本来の力を化粧品で発揮させるために、少し加工した成分です。
ビタミンCそのものですと不安定な為、その効能がうまく発揮できないことが多いのです。そこでより安定しているビタミンC誘導体を用います。
化粧品成分としては、〇〇アルコルビン酸やアスコルビン酸〇〇など全成分表示に記載されますが、この「アスコルビン酸」がビタミンCのことです。
コラーゲンを増やす、メラニンを抑える、皮脂分泌を抑える、酸化を防ぐなど、マルチなはたらきがあります。
毛穴ケアやほうれい線予防、シワ予防、ニキビ予防などが期待できることから、とても人気の美容成分です。
しかし、刺激性があるので、肌の弱い方や敏感肌の方は注意が必要です。
最近では、3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸のようなセラミドを増やすビタミンC誘導体も登場しているので、敏感肌の方でも使えるケースもあります。

<関連記事>

おすすめの成分「ナイアシンミド配合」のナールスのエイジングケア化粧品

ナールスのエイジングケア化粧品の中でナイアシンミドを配合しているのは、化粧水のナールスピュアだけです。
ナールスピュアは、2023年12月のリニューアルでナイアシンミドを倍量にアップしています。
ナールスの最初にアイテムであり、一番人気でもあるアイテムです。
ナールスでナイアシンミド配合製品なら、ピュア一択です。

おすすめの成分「ヒト型セラミド化配合」のナールスのエイジングケア化粧品

ナールスのエイジングケア化粧品の中でヒト型セラミドを配合しているのは、4アイテム
ナールスピュアは、2023年12月のリニューアルでナイアシンミドを倍量にアップしています。

ナールスネオ

ナールスネオは、なんと6種のヒト型セラミド配合のエイジングケア美容液です。
ナールスのアイテムの中で最も多種のヒト型セラミドを配合しているアイテムです。
目元や口元のエイジングに対してしっかりと保湿で乾燥を守ります。
ナールスコム店長が一押しアイテムです。

<ナールスネオに配合の6種のヒト型セラミド>

セラミド、セラミドNP、セラミドNS、セラミドEOS、セラミドEOS、セラミドAP

ナールスユニバ

ナールスユニバは、3種のヒト型セラミド配合のエイジングケア保湿クリームです。
テクスチャーは比較的あっさりとしているため、コッテリタイプのクリームが苦手な方にもおすすめです。

<ナールスユニバに配合の3種のヒト型セラミド>

セラミドNP、セラミド2、セラミドAP

ナールスヴェール

ナールスヴェールは、「セラミドNP」というヒト型セラミドが1種配合しているUV化粧下地&日焼け止めです。
ヒト型セラミド以外も保湿成分がしっかり配合されているのが特徴です。
SPF50+&PA++++と紫外線ブロック指標も最高値でありながら、敏感肌の方でも使えるノンケミカル処方の日焼け止めです。

ナールスロゼ

ナールスロゼは、「セラミド2」という1種のヒト型セラミド配合のハンド美容ジェルです。
ハンドクリームではなく、ジェルなのでみずみずしいテクスチャーです。
そのため春や夏のハンドケアにおすすめのアイテムです。
ダマスクローズの香りで癒される効果も実感できます。

おすすめの成分「ビタミンC誘導体」配合のナールスのエイジングケア化粧品

ビタミンC誘導体は、ナールスのエイジングケア化粧品のうち5種に配合しています。
ナールスの各アイテムに配合されているビタミンC誘導体は次のとおりです。

■ナールスピュア
水溶性成ビタミンC誘導体「アスコルビルリン酸Na」、両親媒性ビタミンC誘導体「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)」、両親媒性ビタミンC誘導体「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸(セラミドプロモーター)」

■ナールスネオ
両親媒性ビタミンC誘導体「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)」、水溶性ビタミンC誘導体「3-O-エチルアスコルビン酸(VCエチル)」

■ナールスユニバ
油溶性ビタミンC誘導体「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」

■ネールスヴェール
油溶性ビタミンC誘導体テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

■ナールスロゼ
水溶性成ビタミンC誘導体「アスコルビルリン酸Na」

まだある!エイジングケアにおすすめ成分は?

ナールスゲン

ナールスゲン(*)は、ナールスのエイジングケア化粧品のコアとなるアミノ酸誘導体です。
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを増やすはたらきがあす。
ナールスのエイジングケア化粧品では、ピュア、ネオ、ユニバ、リジェパーフェクトマスク、ヴェール、ロゼに配合しています。
また、医療機関専売フェイスマク「ナールスメディ」にも配合しています。

*ナールスゲンは、株式会社ナールスコーポレーションの登録商標です。

ネオダーミル

ネオダーミルは、バイオテクノロジーで作られた成分です。
コラーゲンやエラスチンを増やすはたらきがあります。
中でも、赤ちゃんの肌に豊富で肌のハリに大切なⅢ型コラーゲンを増やします。
ナールスのエイジングケア化粧品では、ネオに配合しています。

レチノール

レチノールはビタミンA誘導体でターンオーバーの促進やコラーゲンを増やすはたらきがあります。
ナールスのエイジングケア化粧品では、海外専売品「アイクリーム」に配合しています。

ヒト幹細胞培養液

ヒト幹細胞培養液とは、人の幹細胞を培養した液から上澄み液を抽出した成分です。
脂肪細胞や臍帯血由来のものなどがあります。
アミノ酸や成長因子などが豊富で、ターンオーバーの促進や保湿効果などがあります。
ナールスのエイジングケア化粧品では、ピュア、リジェパーフェクトマスク、メディ(医療機関専売品)に配合しています。

プラセンタエキス

プラセンタエキスとは、化粧品では馬や豚などの胎盤(プラセンタ)から抽出したエキスです。
ヒト幹細胞培養液と同じくアミノ酸や成長因子などが豊富で、ターンオーバーの促進や保湿効果などがあります。
ナールスのエイジングケア化粧品では、リジェパーフェクトマスクとメディに配合しています。

薬剤師おすすめのトレハロースとトコフェロール

ナールスコムでは、薬剤師がおすすめする保湿成分「トレハロース」と整肌成分「トコフェロール」も紹介しています。
トレハロースは、水となじみやすく、水分をしっかりとらえて離さない高い保湿力があります。
ナールスのエイジングケア化粧品では、ユニバとロゼに配合しています。

トコフェロールはビタミンEのことで、酸化を防ぐはたらきやターンオーバーを整えるはたらきがあります。
ナールスのエイジングケア化粧品では、ユニバ、リジェパーフェクトマスク、メディに配合しています。

<参考記事>

まとめ

Original Beauty Clinic GINZA 院長佐藤玲史先生にエイジングケア世代の皆様のためにおすすめの3つの美容成分「ナイアシンミド」、「ヒト型セラミド」、「ビタミンC誘導体」を紹介しました。
また、それらが配合されているナールスのエイジングケア化粧品も併せて紹介しました。
さらに、3成分以外でナールスがおすすめする成分を5つ紹介しました。
これらは、エイジングケアにぜひ取り入れていただきたい美容成分です。

  • どんなことでもお気軽にご相談ください!

    元エステティシャンや、医学・薬学に詳しいスタッフがいます。