ナールスゲンのうれしい10の特徴

ナールスゲンのうれしい10の特徴

ナールスのエイジングケア化粧品の
主力成分は、「ナールスゲン」
当社製品は、配合する場合は
すべて「推奨濃度」です。
そんなナールスゲンとはどんな特徴や
メリットがあるのでしょうか?

ナールスゲンは、京都大学で見出され、大阪市立大学との共同開発を経て、2012年に産学連携で創生された、これまでにない画期的なエイジングケア化粧品成分です。
化粧品成分としては、アミノ酸誘導体の1つです。
ナールスゲンの最大の魅力は、お肌のエイジングに対して、本来備わっている力、つまり、自ら潤いハリのある素肌を維持する力をサポートすることです。
※ナールスゲンは株式会社ナールスコーポレーションの登録商標です。

大阪市立大学大学院 生活化学研究科×京都大学 化学研究科所
ナールスゲン 10個のうれしい特徴
1弾力の源「コラーゲン」を2倍以上増やします

ナールスゲンは、

・コラーゲンを2倍以上
・エラスチンを約1.5倍
・HSP47を約1.3倍

に増やすはたらきがあることがわかりました。

ナールスゲンは、真皮の線維芽細胞を活性化し、真皮のコラーゲン、エラスチン、HSP47を増やすことが、基礎実験で証明されています。
コラーゲン、エラスチン、HSP47は、真皮のたんぱく質で、お肌のハリやツヤにとって大切な成分です。

ナールスゲン®は、肌の弾力やハリ、ツヤを保つ「コラーゲン」を2~3倍に増加させます。

ナールスゲン®は、肌の弾力やハリ、ツヤを保つ「コラーゲン」を2~3倍に増加させます。

ナールスゲン®は、弾性線維「エラスチン」を約1.5倍に増加させます。

ナールスゲン®は、弾性線維「エラスチン」を約1.5倍に増加させます。

ナールスゲン®は、コラーゲンの質を高める「HSP47」を約1.3倍に増加させます。

ナールスゲン®は、コラーゲンの質を高める「HSP47」を約1.3倍に増加させます。

FRAGRANCE JOURNAL 2013; 1: 68-71より改変

このようにナールスゲンは、美肌をキープするエイジングケアにとって大切な成分です。

2新事実!ナールスゲンはヒアルロン酸とHSP70を増やす!

ナールスゲンは、お肌の潤いを保つヒアルロン酸と、シミやシワ、ほうれい線を予防するはたらきがあるHSP(ヒートショックプロテイン)70を増やすことがわかりました。
従来のはたらきと子の研究結果で今まで以上に期待が高まります。

ヒアルロン酸
3ビタミンCとの相乗効果で、更にコラーゲンを増やします。

ナールスゲンは、ビタミンCと一緒に使うことで、相加効果があることがわかっています。
ナールスゲン+ビタミンCを一緒に使えば、それぞれを単独で使うより多くのコラーゲンができました。
つまり、1+1=2以上の効果があるのです。

コラーゲン
コラーゲン

原料開発メーカー実験データより改変

4肌の奥深くまで、じっくり浸透 ※角質層まで
分子量

ナールスゲンは、水に馴染みやすい分子量331.26ドルトンというとても小さなアミノ酸誘導体です。
角質層は、500ドルトン以下の美容成分だと通過しやすいことがわかっています。
低分子コラーゲンよりも更に小さな成分なので、角質層の奥深くまでじっくり浸透します。

5お肌の水分量を維持して、しっかり保湿

ナールスゲンは、ヒューメクタントで水分を吸着することで保湿力を発揮します。
また、じっくりと時間をかけてその力を発揮するのです。
ナールスゲンは、細胞自身が本来持っている保湿力を整えることで、お肌にハリやツヤをもたらすことが示されました。 エイジングケアの基本が保湿なので、これも大切なポイントです。
このようにナールスゲンは乾燥肌対策にもおすすめできる美容成分です。
乾燥肌が予防できることで、くすみや毛穴、小じわのケアもできます。

水分量 水分量

日本香粧品学会誌 2012; 36: 93-100より改変

6お肌のハリをキープ

ヒトによるモニター試験で、ナールスゲンを含む化粧水を1~3カ月使用した結果、偽薬(プラセボ)や合成ペプチドに比べ、肌弾力が大幅に向上しました。
特に、2か月目から3か月目にかけての肌弾力の変化は大きいことがわかります。
このように時間が経つほどに美肌効果をもたらすことが、ナールスゲンのユニークな特徴です。

ナールスゲンの肌弾力変化
7紫外線によるダメージである「光老化」を抑えます
光老化

紫外線は、お肌の活性酸素によるダメージを与え、線維芽細胞を死滅させ、コラーゲンやエラスチンを劣化させます。これを「光老化」といいます。
ナールスゲンは、基礎実験で、紫外線のダメージを軽減することがわかりました。
つまり、紫外線ダメージによる肌の老化予防をサポートするのです。
*ナールスゲンは日焼け止め成分ではありません。

原料開発メーカー実験データより改変

8抗酸化作用でさびないスキンケアをサポート
さびない

ナールスゲンは、基礎実験により、表皮細胞のグルタチオンの量を増やすことがわかっています。
グルタチオンは、人の体やお肌に備わっているとても抗酸化作用の高い成分です。
また、美白作用もあります。
肌にとても大切なのでグルタチオンを増やすナールスゲンのはたらきはエイジングケアに大切です。

9一つの成分で
9つの効果

ナールスゲンには、コラーゲン産生、エラスチン産生など9つのエイジングケア効果が期待できます。
また、ナールスブランドのナールスゲン配合製品には必ずビタミンC誘導体を配合しているので、主なエイジングケア効果を網羅することが期待できます。
とてもユニークな美容成分と言えます。

9つの成分

*メラニン抑制、抗炎症、皮脂分泌抑制は、
医薬部外品としての効果に限られます。
*ナールスゲンは、医薬部外品ではありません。

10ナールスゲンは、安全なエイジングケア化粧品成分です。
安全なエイジングケア化粧品成分

ナールスゲンは、刺激性や毒性の無い安全なエイジングケア化粧品成分です。
化粧品の安全性評価に関する指針」(日本化粧品工業連合会)に基づく試験で、毒性、刺激性は認められませんでした。
また、4つの追加試験でもヒトや細胞で毒性は認められませんでした。
つまり、ナールスゲンは敏感肌やインナードライ肌などでも使える成分です。

※ナールスゲンの効果は、成分としてのはたらきを示すものです。
ナールスのエイジング化粧品の効果を保証するものではありません。

ナールスゲンの
作用メカニズム

ナールスゲンは、そのはたらきが解明されている珍しいエイジングケア化粧品成分です。
ナールスゲンは、お肌に軽い「酸化ストレス」を送ります。
といっても、このストレスは人のからだに害のないレベルのものです。
でも、人のお肌の細胞はしっかりと、「危険かもしれない?」とそれを察知するのです。
そして、お肌は酸化ストレスに対する自己防衛システムを作動させることで、細胞がイキイキと活性化し始めるのです。

ナールスブランドの化粧品は、ナールスゲン推奨濃度配合です。
nahls商品一覧ページへ

※クレンジングジェル「ナールスエークレンズ」および、洗顔パウダー「ナールスフォーム」は、
洗い流すと無駄になることを考慮し、ナールスゲンは配合しておりません。

ページトップへ