季節のスキンケア・エイジングケア(秋)

季節のスキンケア&エイジングケア

日本には、四季があることで様々な文化的なイベントや自然の変化など、人々に大きな楽しみを与えています。
一方、スキンケアやエイジングケアの観点では、季節がお肌に影響を与えてしまいます。なぜなら、季節によって、気温、湿度、紫外線や花粉など刺激になる要素が変化するからです。そのため、季節を意識したスキンケアやエイジングケアが大切となります。

そこで、ナールスコムでは、季節別のスキンケアやエイジングケアの大切なポイントを解説いたします。
それぞれの季節で気をつけたいポイントを知って、しっかりエイジングケアを実践しましょう。

季節で選ぶ

  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

月別で選ぶ

秋のスキンケア&エイジングケア

夏のスキンケア&エイジングケア

秋のお肌に影響を与える大きな要素

秋は、夏が終わって涼しくなり、食欲も高くなる四季の中で最も過ごしやすい季節です。そんな秋にお肌も季節的な影響を受けることになります。お肌に影響を与える大きな要素は、次の3つです。

夏のダメージ
秋は、夏の高温多湿や紫外線によるダメージがお肌に残っていて、くすみやシミが目立ってしまうこともあります。また、お肌の疲労で一時的な敏感肌や肌荒れになってしまうことも。
皮脂分泌の低下
気温、湿度ともに夏に比べれば下がってきます。過ごし易くお肌にも優しい季節ですが、皮脂分泌が低下するので、冬に向かう乾燥を意識した保湿が大切です。
温度差によるお肌のバランスの崩れ
春同様季節の変わり目である秋は、温度差が激しくお肌のバランスが崩れて肌荒れしたり、敏感になることもあります。

秋のスキンケア&エイジングケアのポイント

夏のダメージを取り除くスキンケア&エイジングケア
秋のお肌は、夏のダメージを取り除くため抗酸化力のあるビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体などを、積極的にスキンケアやエイジングケアに活用しましょう。また、ナールスゲンやネオダーミルなどのコラーゲンやエラスチンをサポートするエイジングケア化粧品成分でしっかりエイジングケアを。
やっぱり保湿対策
冬に向かうこの季節は、皮脂分泌が低下します。やはり秋のスキンケアも保湿は大切です。冬の乾燥の季節に備えて、バリア機能やターンオーバーを整えましょう。
秋の夜長にスペシャルケアでお肌回復
秋の夜長にスペシャルケアでお肌回復
秋は良く食べ良く眠ることができればお肌にも良い影響があります。ちょっとゆっくり目にスキンケアのお時間を取って、良いフェイスマスクで秋の夜長にスペシャルケアを楽しんでみることをおすすめします。

秋のスキンケア&エイジングケアにオススメのナールス

ナールスピュア

ナールスピュア

どんな季節でも、お肌が自ら保湿する力をサポートするエイジングケア化粧水。
ナールスゲンとプロテオグリカンで内側からしっかり水分を保持する素肌の力を高めましょう。
ナールスゲンとビタミンC誘導体で、紫外線のアフターケアも!

ナールスネオ

ナールスネオ

ナールスゲン、ネオダーミル、プロテオグリカンで夏の紫外線でダメージを浴びた皮膚の薄い口元や目元を集中してサポートしましょう。もちろん、ビタミンC誘導体やダエダリンAなども紫外線ダメージをサポート。

ナールスパッション

ナールスパッション

ナールスゲン、プラセンタ、キュアパッションなど、タップリの美容成分を配合したバイオセルロース製マスクが、夏のダメージを癒すスキンケアをサポート。

ナールスエークレンズ

ナールスエークレンズ

秋の季節のゆらぎ肌や敏感肌なら優しいクレンジング料を!
敏感肌でも乾燥肌でも使えるエイジングケア世代向けのクレンジングジェル

ページトップへ